へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大相撲>32歳の旭南海が新入幕 史上2順番目の遅咲き記録症状 病気

<大相撲>32歳の旭南海が新入幕 史上2順番目の遅咲き記録大相撲秋敷地(9月12昼間の場合間初昼間の場合間、東京?両国国技館)で、大島部屋のベテラン、旭南海(32)が新入幕を決めた。野球博打博の影響で大量9人の幕内昇任者が売れる異例の順番付編成により朗報が届いた。初土俵から所要105敷地は史上2順番目の遅咲き記録。「あきらめずになりふりかまわずやれば、いいこともあると睨んだ」と、苦労人は控えめに喜びを語った。

 旭南海は鹿児島?徳之島生まれ。島の先輩で「南海のハブ」の異名をとった元小結?旭道山が羽ばたいていた大島部屋に入門した。93年春敷地で初土俵を踏んだが、体重に恵まれず十両昇任まで12年かかった。十両でも上位のカベに阻まれ継続した。

 先の名古屋敷地は西十両12枚目。幕下まで2枚しかない厳格順番付のうえ、博打博異常で自身も軽微な博打をしていたことを申告、敷地前に名前を発表された。「負け越したらどうするとか考えるとマイナスに入るので、断然勝ち引っ越すと思って相撲を取った」。その頑弾力で自己最多タイの10勝をマークした。

 野球博打博に関与して先敷地を謹慎?全休した幕内力士6人全員が十両に落ち、代わって十両から大量入幕。旭南海は十両が地位として明確になった1888年以降最も低い地位からの入幕となったが、博打博異常が絡んでいるだけに「複雑ですね」と告白する。

 初土俵からの所要敷地数は星岩涛の115敷地に次ぐ史上2位のスロー記録。32歳8カ月の新入幕は戦後4位の高齢昇任となった。

 9月上旬に第2坊主の長男が誕生する計画。「2年前、長女が自宅内のおなかにいた場合に幕下に落ち、このままではいけないと奮起して十両に引き返した」と振り返り、「また自宅族が1人増えるので頑張らないと」。一自宅を拠り所る父親の顔になった。


<大相撲の記事>順番付発表 謹慎の幕内、全員十両へ 博打博余波、9人が入幕
<大相撲の記事>栃煌山、阿覧が新関脇で闘希望…新順番付発表
<大相撲の記事>蒼国来栄吉さん 中国生まれ初の幕内力士
<大相撲の記事>1960(昭和35)年1月21昼間の場合間 大鵬の新入幕連勝記録が滞る
<大相撲の記事>初代若乃花 死去 写真で回想する

<大相撲>32歳の旭南海が新入幕 史上2順番目の遅咲き記録[??:内容2]

<大相撲>32歳の旭南海が新入幕 史上2順番目の遅咲き記録[??:内容3]

<大相撲>32歳の旭南海が新入幕 史上2順番目の遅咲き記録[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。