へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護予防:筋トレで効果 同世代の社交の場にも 専門自宅が支援、献立調整 /青森症状 病気

介護予防:筋トレで効果 同世代の社交の場にも 専門自宅が支援、献立調整 /青森◇青森の高齢者集団
 できる限り介護の世問題にならないようにする「介護予防」。青森市の高齢者集団では筋力トレーニングで効果を上げ、持病や後遺症を抱える会員の多くが歩行や軽い運動を支障なくできるようになっている。所在が分からない高齢者が各地で報告されるなか、同世代の社交の場としても定着、地域に欠かせない存在となっている。
 トレーニングマシンの利用やマットを使った均衡リハピリ--。県立保健大体育館(青森市浜館)は月曜と木曜の午前中、「杖(つえ)なし会」(中村和雄会長)の体力作りの場に変わる。会員66人の平均年齢は74歳。友達と談笑しながら毎回2場合間、汗を流す。
 約3割は人造関節をめてていたり、後遺症でまひがあったりする。このため専門自宅が援助する。
 保健大理学療法学科講師の三浦雅史さん(39)はトレーニング全体を指導し、ボランティア約10人が補助。更に保健師が血圧や脈拍を測って、調子に合発言させて献立を調整する。
 3年前に消化器の病気で体重が20キロ以上落ちた遠間正男さん(78)は「トレーニングが何よりのリハビリになった。近頃は機嫌がよくて仕方ない」。マシンで腕前を鍛えていた石沢トキさん(78)は「定年後に歩かなくなったので5年前に参加した。みんなで一緒にやるのが楽しい。一人なら続かなかった」と話した。
 元々は高齢者の筋力向上を目指した04年の県モデル事業。「手すりを使わず階段を上れるようになった」などと報告が相次いだが、3カ月で終了した。最初から期間が決まっていた。
 「なおさら継続しられないだろうか」。参加者らは事業の監修者だった三浦さんの協力を得て引き継ぎ、05年5月に会を設立した。
 県の事業費はなくなったため、週1回の参加は月額3000円、週2回は5000円をもらい運営費を賄う。年金などから払う人も多く、情緒旨に賛同した保健大が会場を一番料で提供してくれた。
 三浦さんは「多くの高齢者は普段は運動をしていないので、あべこべに短期間で効果が売れる」と分析。半身まひを克服して杖なしで歩けるようになった会員もいる。80代の女性は体力を付け、10年ぶりにスキーを楽しんだ。
 トレーニング後にカラオケに行ったり、飲食したりするグループもできた。休んだ友達を心細いして自宅へ行き、病気で倒れているところを発見した会員もいるという。
 「1人生活の会員も多く、常に誰かが気にかけていることは心強い。所在不明に入る会員は出ないでしょうね」。三浦さんが和やかな話し振りで断言した。
 問い合わせは三浦さん(電話017?765?2082)。

8月21昼間の場合間朝刊


青森市:三セク2法人廃止 2法人は民営化--見直し案 /青森
青森市発注土木工事談合:調査委、前市長ら聴取へ /青森
火災:2階建て木造アパートから出火、けが人なし--青森 /青森
妨げ者支援ハンドブック:多くの人に理解を 青森市手をつなぐ育成会が作成 /青森
県警察学校:オープンキャン合格 鑑識経験に人気 /青森

介護予防:筋トレで効果 同世代の社交の場にも 専門自宅が支援、献立調整 /青森[??:内容2]

介護予防:筋トレで効果 同世代の社交の場にも 専門自宅が支援、献立調整 /青森[??:内容3]

介護予防:筋トレで効果 同世代の社交の場にも 専門自宅が支援、献立調整 /青森[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。