へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血糖値、あなたは正常ですか?手緩いもの気がある、運動不足、世間食で食べすぎぎみには要用心!症状 病気

血糖値、あなたは正常ですか?手緩いもの気がある、運動不足、世間食で食べすぎぎみには要用心!食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 
「血糖」は食物から作られる、私たちが生きていく上で不可欠不可欠な“ガソリン”です。でも、食暮らしの乱れなどが元でで高血糖や低血糖と均衡をくずしてしまうことが多いもの。肌あれや肥満などの元では、血糖均衡の乱れかも!?
 








そもそも血糖って何?
血糖とはその名のとおり、血液中にあるブドウ糖のこと。ブドウ糖は食べ物が分解されてできる栄養素のひとつで、体と脳を動かす大切なガソリンです。ところが、食暮らしの乱れなどで血糖値が乱高下していると、風味方であるはずの血糖が、肥満や肌あれといったプチ不調を招く元凶に早変わり。将来的には、体内で血管や臓器を侵す糖尿病の引き金になってしまいます。

だから、血糖値がいつも80~120mg/dlの間に安定している暮らしを送るのが健康の土台。それが常に、肥満とは縁がないのキレイを維持するための極意なのです。
 




厚労省の予測をとても超えて糖尿病&予備軍は鰻上り中。女性も30代から増加の一途。絶対に他人事ではない。

厚生労働省より










世間は肌あれ中は血液ドロドロに
低血糖?高血糖を繰り返却する負のスパイラルが、やがて糖尿病や動脈硬化などの暮らし病み付き病に!






朝食は抜き
→低血糖に
鶏冠がびりよりして、仕事がはかどらない。これは空きっ腹なだけでなく、脳の唯一のガソリンである血糖不足が招いた結果。
会社の目と鼻の先でハンパブガーセット
→血糖値が鰻上り
楽々に空きっ腹を満たせる高カロリー食を一気食い。血糖値は跳ね上がる。しかも、お昼を買いに足を運ぶくらいでは体を動かしたことにはならない。





ポテチとジュースで、ながら間食
→血糖値が再上昇
夕食を食べに足を運ぶゆとりはない。でもポテト心づけスとジュースは血糖値を上げる最たる食気品。とりあえず食べるなら低カロリーのお結びがオススメ。
 
1昼間の時間ほとんど体を動かさず
帰宅後にカップラーメンとお菓坊主
→高血糖に
こんな時間に食べちゃいけないと思いつつ、まともに夕食を食べなかった反動が…。結果、カロリーオーパブで高血糖や肥満へまっしぐら。
 








一般的には食べすぎによる高血糖が多数派ですが、見逃されがちなのが、菓坊主やジュースなどの手緩いものの過食で起こる低血糖。血糖の乱れがどちらのタイプによるか予想がつけば、「なんとなく不調」の元でも見えてくるはず。
 






>>クリックで詳細ページへ
>>クリックで詳細ページへ




>>クリックで詳細ページへ








クリニックハイジーア 院長 矢崎智坊主先生
やざき ともこ/低血糖に着目した栄養療法と東洋医学の統合医療を実践。著書になど。
>>クリニックハイジーア公式ウェブサイト






ふくだ内科クリニック 院長 福田正博先生
ふくだ まさひろ/大阪大学附属病院を経て'96年より糖尿病専門クリニックを開院。著書になど。
>>ふくだ内科クリニック公式ウェブサイト











 

>>昼間の時間本人女性は、明瞭にいって食べすぎです。

食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 












昼間の時間本人の糖尿病率は
欧米人の約5倍!
ビフテキなどのこってり系に昼間の時間本酒やライスも合発言させてガッツリ食べる人が、高血糖になるタイプ。食後、血液中にあふれ出したブドウ糖を処理できず、血糖値が上がってしまうのです。「そもそも和食が基本スタイルだった昼間の時間本人は、血糖の処理才能に限度があります。それが食の欧米化やコンビニの出現で、いつでも高カロリー食が食べられるようになり、糖尿病が急増。欧米人に比べて昼間の時間本人は約5倍の可能性で糖尿病になるといわれています」と、ふくだ内科クリニック院長の福田正博先生。こうした昼間の時間本人DNAに性差はナシ。女性だからと油断していると、いつの間にか高血糖ということも!




健康診察で測る血糖値は食後10時間以上経緯した後に計測する「空きっ腹時血糖値」で100mg/dl未満なら正常。さらに精密に測るにはブドウ糖摂取2時間後に測定する「ブドウ糖負荷テスト」を行う。









今のままの食暮らしでは
やがて糖尿病予備軍に!
実際に女性も30代になると男性同様、糖尿病予備軍が増えてきます。「食後に鰻上りした血糖値を正常域まで下げられないまま次の食事で上げてしまうと、常に血糖値が高いコンディションに移行します。そうなっても目立った自覚症状がないため、じわじわ糖尿病へと進行していきます」。まずは健康診察の「血糖」の欄をよく見て、正常高値との境界目である100mg/dl以上でないか確認することが大事。早い時期に食事や運動などのライフスタイルを正せば、実年齢より若くいられる割合大なのです。




1昼間の時間の基礎代謝量は下がっていくのに、摂取量は50歳代までうなぎ登り。若いうちは影響がなくても、そのしわ寄せは30代後半から確実に!

厚生労働省より












 

>>糖尿病の進行は10年から20年で劣悪の時は……

食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 












糖尿病の真の怖さは
深刻な3大合併症
ところが、高血糖と指摘されても、症状がないのでなかなか暮らし良くする気になれません。「糖尿病は10~20年という長い歳月をかけて進行し、劣悪は壊疽で脚を切断、糖尿病網膜症で失明、腎臓透析が不可欠になる腎不全など重篤なコンディションに至ります。この合併症の発症こそ、糖尿病の最も怖いところです」。また、高血糖?高脂肪による動脈硬化を招き、ひいては脳梗塞や心筋梗塞など突然死に至る病気まで引き起こすのです。
 












水虫が治りにくい、目がかすむ、脚がむくむなどの症状が現れたら合併症のサイン。高血糖で毛細血管の血流が左前になるため、まず体の末端に発症。
誰でも食事をすると血糖値は上がるが、その波が小さいのが正常。大きく変動するほど高血糖へ移行する。










 

>>食事の量は減らせるけれど、手緩いものは減らせない?

食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 












手緩いものや主食に偏った
食事が血糖値を心もとない定に
食事の量は減らせても、手緩いものはやめられないという女性は多いもの。「同じ食べすぎでも、お菓坊主やジュース、パンといった精製された糖質のとりすぎは、低血糖症を引き起こすことがあります」と告白するのは、過食や生理前症候群で悩む女性と低血糖の関係を見継続してきたクリニックハイジーア院長の矢崎智坊主先生。

肌あれ、過食、PMSの
ベースに低血糖症が…
クリニックで5時間ブドウ糖負荷テストを行うと、直後に血糖値が鰻上りし、その後急降下する人がいることがわかったのです。「精製された糖質は体内でブドウ糖になるのが早く、血糖値を一気に上昇させます。すると、インスリンがどっと分泌されるため、今度は血糖値が正常域以下に下がることも。このシーソーコンディションが低血糖症の元でになります」
 




上記のような症状に当てはまる人は低血糖症の割合があります。






 



 

>>低血糖の誘導につながる食事とは?

食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 












食事内容を変えれば
1週間で効果を実感!
低血糖症が異常なのは、血糖値の乱高下が自律神経やホルモン均衡などに影響を与え、しだいにイライラややる気が起きないなどの不調となって現れてくること。「肌あれはもちろん、PMSやうつ、過食といった異常を抱えている人たちの根っこに、低血糖症がたいそう多く見られます。とくに、低血糖になると脳は血糖値を上げることを求め、本能的に糖分をとるよう指令を出すため、手緩いものの過食がやめられずに悩む人が余計にいます」

血糖コントロールが乱れるという低血糖症も、糖尿病という大きな病気の中の1タイプで、最終的には本格的な糖尿病につながっていきます。だから、予防?良くには食事療法が最優先。「精製された糖質を出来るだけ控え、血糖値を急激に上げすぎない食事を心がければ、1週間で不調が良くされることも珍しくはありません」
 












食後血糖値が下がり切らず、4時間後、突然低血糖コンディションに。血糖値が安定するよう行った食事指導で、PMSのイライラ症状が緩和。
厳格ダイエットの反動で過食に陥り、血糖値の乱高下が元でで、また過食に走る…。手緩いものではなく、たんぱく質や野菜から食べることで良く。






尿糖チェックを素早く容易に!
テスト紙に尿を約1秒間かけ、30秒おいた後、テスト紙の色を色調表と比較するだけで容易に鑑定できる。使用後、テスト紙はお手洗いに流せるので手間いらず。新ウリエースGa 30枚入り 945円



自分でできる尿糖検査キット
食後血糖値が170~180mg/dl以上になると、尿に糖が排泄され、手緩いニオイがすることも。薬局で検査キットを購入すれば、尿糖のコンディションを自分で探ることができます。














 

>>不健康まっしぐらの、負のスパイラルを断ち切る!

食べすぎ、手緩いもの気がある、運動不足、etc.…に要用心!
「血糖値」の罠にはまらない!!

 












血糖が増えるとブドウ糖を燃やす
インスリンが出動!
食事でとった糖質はブドウ糖に分解され、血中に入って全身に行き渡ります。すると、すい臓からブドウ糖を燃やすためにインスリンが分泌され、血中のブドウ糖が細胞になるのを助けます。それによって血糖値は120mg/dl以下に保たれ、血糖は各臓器でエネルギーとして消費されます。ところが血糖が多いコンディションが許すと、すい臓がその処理に疲れてインスリンの分泌量が減り、あふれた血糖を消費できず、血糖値が戻らなくなります。これが高血糖コンディションです。私たちの体内には、低血糖での死亡を防ぐために血糖値を上げるホルモンは余計にありますが、下げるホルモンはインスリン1類類しかありません。
 




長い間、飢餓による低血糖がリスクだった人類には血糖値を下げるホルモンはインスリンのみ。






内臓脂肪が増えると
インスリンの効きが左前になる
食べすぎによって血糖が増えすぎると、細胞内に取り込まれてもすっかり消費されず、余ったものは蓄積されて脂肪になります。これが肥満です。なかでも内臓についた脂肪はたちが悪く、ホルモン物質の1類を放出して、インスリンの働きを妨害します。つまり、高血糖によって内臓脂肪型肥満になるとインスリンの効きが左前になる上、さらに血糖値が上がる、という悪循環に陥ってしまうわけです。そうした負のスパイラルを断ち切るには、食事良くや運動による血糖コントロールが不可欠不可欠なのです。






 

血糖値、あなたは正常ですか?手緩いもの気がある、運動不足、世間食で食べすぎぎみには要用心![??:内容2]

血糖値、あなたは正常ですか?手緩いもの気がある、運動不足、世間食で食べすぎぎみには要用心![??:内容3]

血糖値、あなたは正常ですか?手緩いもの気がある、運動不足、世間食で食べすぎぎみには要用心![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。