へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グスタボ?サンタオラージャ、タンゴの名匠達を語る症状 病気

グスタボ?サンタオラージャ、タンゴの名匠達を語る4月末昼間の時間、『バベル』『ブローク背景?マウンテン』で、二度にわたるアカデミー賞作メロディー賞を受賞している音楽自宅グスタボ?サンタオラージャが、現在根拠地としているLAから、自身が本職デュースした映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』について、電話インタビューに応えてくれた。

◆グスタボ?サンタオラージャ画像&映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』予告編

映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』は、タンゴの名匠達が1枚のアルバム製作を通し、一夜限りのステージを開催するまでの模様を追ったドキュメンタリーだ。

──『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』を製作した本職セスで印象に残っている零れ話は何ですか?

グスタボ?サンタオラージャ:今まで体験したことのないような、数々の素晴らしい瞬間に立ち会うことができました。現在は、クリックトラッカーを使用してレコーディングすることが当然になってしまっているのですが、タンゴの時は、特に伝統的なタンゴの時は、テンポが上がったり、下がったり振動するので、クリックトラッカーは使えません。なかでもビルヒニア?ルーケさんが、「ブエノスアイレスの歌」の歌を収録したときのことははるかに印象に残っています。まず、ガイド?ボーカルの収録を行ないました。実はあのメロディーには、気ままな間がいくつもあって、オーケストラがボーカルのタイミングに沿って演奏しなくてはなりません。オーケストラのなるタイミングや売れるタイミングは、彼女がどれだけ休止をとるかにによって変わってくるのです。まずガイド?ボーカルを録って、そのボーカルに沿った形でオーケストラの演奏を収録しましたが、その時私は彼女はどうやって歌を再度収録すればいいのだろうかと考えました。オーケストラが彼女に沿って演奏しているのに、その演奏に今度はボーカルを合わせるなんてことがやっぱり可能なのだろうかと。

──なるほど。

サンタオラージャ:翌昼間の時間、スタジオにやってきた彼女に私は言いました。「はるかに五月蝿いことに、昨昼間の時間のあなたの歌に沿って演奏したオーケストラを背景にまた歌ってもらわないといけない」と。すると彼女は、まるで怒ったように私をみて、「私はワンテイクでやるつもりよ」と言ったのです。そして、まさしくそのテイクがアルバムに収録されているテイクなのです。彼女は宣言通り、1発で的中させました。なぜそんなことが出来たのか分かりません、私も今までこんな体験はしたことがありませんから。彼女の歌と歌の間とオーケストラの演奏が不思議と丁度とはまりました。かつてないほどの体験でした。

──この映画の母国アルゼンチンでの動作はいかがでしたか?

サンタオラージャ:アルゼンチンではタンゴドキュメンタリー映画としては史上最大のヒットとなりました。タンゴのドキュメンタリーは2週間ぐらいしか上映されないことが多いのですが、この映画は何ケ月も上映され継続しました。何万人もの観客に観てもらえて、大成功でした。ブラジルやギリシャでも、大ヒットしたそうです。ベルリン国際映画祭でプレミア上映されたとき、15分以上もスタンディングオベーションが起こり大盛況でした。

──あなたよりはるか年上のマエストロたちとの仕事はどうでしたか?96歳のマエストロが奏でるバンドネオンの音色を聴く時などはどのような気持ちでしたか。

サンタオラージャ:遺憾ながらガブリエル?クラウシさんは2010年に亡くなられましたが、彼は、昔ながらのバンドネオンの奏法を継承していた最後のバンドネオン奏者でした。映画に出現する他の奏者も含入れ今昼間の時間のバンドネオン奏者は、後に発明された演奏のテクニックを使用しています。自らの体重を利用して、楽器の音を出す手立てが発明されたのです。ですから、彼らは是非とも片足に楽器を乗せて体重を利用しながら演奏します。一方、クラウシさんの昔ながらの奏法は、小さいスツールに腰掛けて、両足は閉じたまま、楽器を双方の足の上にのせて弾くというものでした。体重を利用せずに彼自身の力で楽器を開閉させて音を出すので、改善知られている一般的なバンドネオンの音色とは一風異なり、ハルモニウムのような特有の音になるのです。しかしながら、彼の死をもって、この昔ながらの奏法は失われてしまいました。ひとつの時代が終わったと言えるでしょう。ですから、私は彼の演奏シーンを最後に挿入することがはるかに重要だと思いました。

──そうですね。

サンタオラージャ:この映画でフィーチャーしたかったことのひとつは、素晴らしい素質とタンゴという音楽の多様性です。とっくに一方で、高齢者の尊さというものも伝えたいと思いました。我々の住む社会はびりびり、若さを追求する傾向にあり、遺憾ながら高齢者は蔑まされているようにも思えます。世界的な文化として、高齢者は社会の大切な役割を担ってきました。はるかに利口存在として尊敬され、部族の人々などは高齢者にアドバイスを求めたものです。我々の社会はそのことを忘れてしまいがちなような気がします。老齢の音楽自宅たちのバイタリティーや馬力、ほとばしるエネルギーといったものを伝言することが、この映画の大切な点になりました。また、私にとってとっくにひとつ重要だったことは、映画を観終わった人に、タンゴやタンゴの音楽自宅たちについてなおさら知りたいという興風味を抱いてもらうことでした。歳を重ねることが、アーティストにもたらすものを観客に把握してもらえたら、この映画の責務が果たせたと言ってもいいでしょう。

──街で出会った人々が「マエストロ!」と親愛の様子で駈け寄るシーンが印象的でした。

サンタオラージャ:確かにマエストロたちは皆はるかにフレンドリーです。「マエストロ」とは、「マスター」という意風味です。芸手段や何かを極めた人という意風味です。また、「先生」という意風味もありますね。はるかに気さくな先生たちです。

──音楽界において、華々しいキャリアをもつサンタオラージャさんですが、こと映画音楽について、アカデミー賞の作メロディー賞を受賞したときの心境界を教えてくかっこ悪い。

サンタオラージャ:とってもとっても嬉しかったです。自分の作気品がこうして認められて、自分ははるかに幸いだと自負しています。余計にの賞を受賞してきました。グラミーで15回、ゴールデングローブでも1回受賞しましたが、オスカーは何と言っても格別ですね。まったく別の生き物のような感じです。言葉で説明するのが五月蝿いのですが。

──映画音楽において、影響を浴びた作メロディー自宅や作気品はありますか。

サンタオラージャ:私は様々なものに影響を浴びています。全てのアートと文化にはるかに興風味があるのです。本から影響を浴びる時もありますし、絵画や料理などから影響を浴びることもあります。人間そのものからも影響を浴びます。誰かの人生や、人生におけるある出来事など。全ての領域のものから影響を浴びるのです。いま上海から帰ってきたしたばかりですが、上海でも様々な第六感が得られました。建物から、小さな茶室に至るまで。余計にのものから刺激を浴びて、それが天然と音楽に反映されていくのです。気があるな作メロディー自宅も余計にいます。ニーノ?ロータやヘンリー?マンシーニ、パブナード?ハーマンなど。なおさら近頃の作メロディー自宅では、トーマス?ニューマンなどが気があるです。

──あなたの母国アルゼンチンは、昼間の時間本から当然遠い国ですが、アルゼンチンという国の魅力はびりなところにありますか。

サンタオラージャ:多様な景観を有する、美しく国だと思います。また、はるかに愉快な人口構成を有する国です。多くの住民は、イタリアやスペインといったラテン系の背景グラウンドを繁盛が、他にも様々な文化を有する移民が余計に在住しています。現在は、アジアからの移民もはるかに多いですし、大きな韓国のコミュニティーや中国のコミュニティーが存在します。また、たいそう若い国でもあります。2010年は独立200周年ですが、私の母親が90歳になることを考えると、いかにまだ若い国かということに驚かされます。母親とさほど年齢が変わらないのですから。はるかに若い国で、多くの若者と同じように矛盾も抱えています。時に人々は世界一の国だと睨んだり、時に世界で最も劣悪な国だと睨んだりします。多くの人が幼い時から、必然的に政治に従事することになるので、はるかに政治に敏感な国でもあります。まだ、若いけれども素晴らしい国で、今でもまだ発育を継続している国だと思います。

──この映画を観る昼間の時間本の観客にメッセージをお願いします。

サンタオラージャ:昼間の時間本にはすでにこの映画を楽しみにしてくれているお客さんが大威勢ると思います。なぜなら、多くの昼間の時間本人はタンゴへの愛があり、タンゴの音楽の素晴らしさを知っているからです。タンゴというジャンルやタンゴの音楽自宅たちについて、はるかに詳しいお客さんも余計にいると思います。それとは逆に、タンゴにあまりなじみがなく、タンゴについて知らない人にもぜひご覧い無料きたいと自負しています。また、若者にもぜひ観てもらいたいです。この映画にとって音楽はもちろん大切な要素ですが、私は世代の違う人の表現が、いかに刺激的で、今昼間の時間においても現代的(モダン)かということを表現したかったのです。

映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』
2006年、ブエノスアイレスの最も古いレコーディングスタジオで、1940年代から50年代に活躍し、アルゼンチンタンゴの脂が乗っていた時を築いたスター達が感動的な再会を果たした。彼らはアルバム『CAFE DE LOS MAESTROS』に収録する名メロディーを歌うためにこの敷地にやって来たのだった。60~70年もの演奏歴をもち、いまなお現役で輝き継続する、まさに国宝級とも言えるマエストロたち。時を重ね人生の深みを増した歌声が響くなか、彼らは激動の歴史とともにアルゼンチンに脈々と生き継続してきた、タンゴの魅力と自らの記念を語り始める。なけなしの金で父が買ってくれたバンドネオン、街角のカフェから成功の階段をともに上った仲間たち、亡き師への変わらぬ熱い思い。彼らの人生のすべてがタンゴという3分間のドラマに刻まれていく。
6月26昼間の時間Bunkamuraル?シネマほか全国順次ロードショー
(C) 2008 Lita Stantic Producciones S.A. / Parmil S.A. / Videofilmes Producciones Artisticas Ltda.



◆映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』オフィシャルサイト
Gustavo Santaolallaのアーティスト情報

グスタボ?サンタオラージャ、タンゴの名匠達を語る[??:内容2]

グスタボ?サンタオラージャ、タンゴの名匠達を語る[??:内容3]

グスタボ?サンタオラージャ、タンゴの名匠達を語る[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。