へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病関係たんぱく質、神経伝達物質で脂肪調節症状 病気

糖尿病関係たんぱく質、神経伝達物質で脂肪調節糖尿病などに関係するたんぱく質「PPARγ(ガンマ)」に、神経伝達物質セロトニンが結合すると脂肪蓄積の調節などが進むことを、大阪大などの探求グループが解明した。

 幅広い糖尿病治しています薬の開発が期待され、論文が欧州の科学誌に掲載された。

 PPARγは、脂肪酸と結合すると活性化し、糖の分解を行い、体重のコントロールや血中の糖の量を調節する動機と入る働きをする。現在の糖尿病治していますでは、この後、インスリンの機能をコントロールする薬を投与する。

 探求グループは、たんぱく質などの結晶にX線をあて、セロトニンも脂肪酸と同じようにPPARγにくっついていることを発見。脂肪酸が結合した場合と同じ働きをしていることを突き止めた。

糖尿病関係たんぱく質、神経伝達物質で脂肪調節[??:内容2]

糖尿病関係たんぱく質、神経伝達物質で脂肪調節[??:内容3]

糖尿病関係たんぱく質、神経伝達物質で脂肪調節[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。