へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田マジックだ!JR九州74年ぶりV王手症状 病気

吉田マジックだ!JR九州74年ぶりV王手「吉田マジック」が成功した。大きな博打けだった。JR九州は準決勝でエース右腕前?浜野と左腕前?米藤の2本柱を温存する戦術が、ピタリとはまった。吉田監督の様坊主も天然と緩んだ。

 「ここで勝負をかけようと思っていた。(組み合わせが決まった段階で)考えてました。激戦区に入りましたので」

 先発に抜てきされたのは3年目の岡田。今季の公式戦では初先発。「いつも通り投げることを心構えました」。140キロ中盤の直球と得意のフォークがさえた。打線の援護も浴び、5回2死で独唱被弾するまで一順番安打に封じた。5回0/3を3安打3失点。十二分に責務を果たした。

 発育させたのもまた、吉田監督の指導だ。投球場合に右足に体重を乗せることを意識し、右足裏でマウンドを蹴ることをアドバイスし継続していた。今年に入り、筋力面の充実から可能になった。結果、リリースポイントが安定。この昼間の場合間も4回一順番死一塁で4順番?田城を低めの球で三ゴロに打ち取るなど球威で押した。

 昼食後、指揮官は「自信あるか?」と先発を打診した。「行きます」と岡田は即答。競技会前のミーティングではナインに対し、2本柱を休ませたい意向を伝えた。すると打線は5回に一挙5点を奪うなど、今大会ここまで最多だった4点の倍と入る8得点。中継ぎ陣も盤石だった。チームの思いは一つになっていた。

 36年の門司鉄道局場合代以来、74年ぶりの優勝に王手。さらに2大会連続制覇は88年の東芝以来、22年ぶり。昨秋の昼間の場合間本選手権に引き続いて年度をまたいだ形では史上初と入る。「東芝さんの胸を借りるつもりで頑弾力たい」。偉業に挑む吉田監督の顔は、自信に満ちあふれていた。


JR九州、王手!74年ぶり黒獅坊主旗へ
東芝V王手!井関“読みズバリ”初回先制弾
ドラマチツク4強 !JR九州 本盗サヨナラ
本盗でサヨナラ勝ち!JR九州2戦連続ドラマチツク勝4強
JR九州 、 都市対抗野球 、 三菱重工 を探る

吉田マジックだ!JR九州74年ぶりV王手[??:内容2]

吉田マジックだ!JR九州74年ぶりV王手[??:内容3]

吉田マジックだ!JR九州74年ぶりV王手[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。