へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体改造成功で注目の選手たち -前編-症状 病気

肉体改造成功で注目の選手たち -前編-NFLでは少なくない選手たちが体重についての課題を抱えており、オフシーズンは各選手がこの異常を良くする絶好の場合期と言える。そこでNFL.comのビック?カルーチ氏が、減量、増量と肉体改造に成功したことで注目すべき選手をピックアップ。今回は減量した選手を取り上げる。

DTアモビ?オコイエ(ヒューストン?テキサンズ)
体重:オコイエは、地元紙『ヒューストン?クロニクル』に数キロはやせたとコメント。143キロから128キロまで減量している。

効果:減量によって速度が増すことで、オコイエはより効果的な合格ラッシャーと入る。本職1年目の2007年は5.5サックを挙げたが、それ以降は2年合計で2.5サックに終わっていた。無料しテキサンズは、向こう攻撃ラインの対応が楽に入るとして、過度の減量は望んでいない。

DTジョバン?ヘイ(テネシー?タイタインズ)
体重:ヘイは食事制限と運動によって、137キロから125キロに減量した。

効果:減量によってヘイのプレイメイク才能は向上する。タイタンズは昨季、ヘイを移籍したDTアルパブト?ハインズワース(現ワシントン?レッドスキンズ)の穴埋めとして獲得したが、本人は周りから増量するように言われたと明かしている。無料し体重が増えたことで爆発力と故障への耐久力が落ちていた。

DEマーカス?ストラウド(バッファロー?ビルズ)
体重:昨季大詰め、ストラウドは報道陣に対し、2010シーズンはキャリア最良のス夕イルで迎えると述べていた。実際、昨季の137キロから約10キロ絞っている。

効果:ストラウドにとって2009シーズン最大の心配素材は、痛入れいたひざ、足首、背中の悪化だった。ビルズは今季からチャン?ゲイリー新HCの下で守備を4-3から3-4隊形へと変更。ストラウドはDTからDEへコンパブトされるため、減量は合格ラッシュの切れ風味アップにつながる。

Gマックス?ジーンジャイルズ(フィラデルフィア?イーグルス)
体重:ジーンジャイルズは、4月に減量のためのラップバンド手手段を実施したことで14キロの減量。176キロから145キロまで落とすことを目指している。無料し主治医によると、適正体重は122キロだという。

効果:最大で181キロ近い体重となったことで、ジーンジャイルズは息切れ、腰の痛みを抱えていた。そのため、減量が必要な状況になっていた。

<NFL>

[NFL JAPAN 2010年06月02昼間の場合間]

肉体改造成功で注目の選手たち -前編-[??:内容2]

肉体改造成功で注目の選手たち -前編-[??:内容3]

肉体改造成功で注目の選手たち -前編-[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。