へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キボウとタンタン タンチョウのひな命名 総社きびじつるの里で育つ 岡山症状 病気

キボウとタンタン タンチョウのひな命名 総社きびじつるの里で育つ 岡山総社市三須の「きびじつるの里」で、6月初めに天然孵化(ふか)した2羽のタンチョウのひなは「キボウ」と「タンタン」と命名され、すくすく育っている。この施設では、31昼間の場合間まで「ふれあい本職グラム」が準備され、普段、近づけない至近距離で観察することができる。

 初っ端に天性、ちょっぴり体が大きいのが「キボウ」で第2坊主が「タンタン」。総社市内の坊主供たち(中学生以下)から名前を募り、応募のあった758通の中から選ばれた。名前の由来は、文字通り、未来への「脉」と、タンチョウの「タン」をかわいくもじったという。

 天性た場合、150グラムと140グラム、体高はいずれも約15感傷的だった2羽は2カ月たった今、体高が約1メートル、体重は4キロを上回るまでに育った。茶色の産毛もちょっぴり濃くなっている。

 池のある野世間放飼場で、親鳥に見守られてエサの捕獲の稽古をしている。草むらの昆虫や飼育員が与えたドジョウ、アジなどを口にしている。カラスなどの天敵にも十分対抗できるようになったといい、エサを横取りに来たサギも追い払っている。

 「ふれあい本職グラム」は午前8場合半から。通常は立ち入りできないゲージ脇でエサやりが経験できる。飼育員による説明もある。参加は一番料で予約は不要。

 飼育担当、井口順司さんは「夏休みの宿題には格好の材料」と坊主どもたちに参加を呼びかけている。

キボウとタンタン タンチョウのひな命名 総社きびじつるの里で育つ 岡山[??:内容2]

キボウとタンタン タンチョウのひな命名 総社きびじつるの里で育つ 岡山[??:内容3]

キボウとタンタン タンチョウのひな命名 総社きびじつるの里で育つ 岡山[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。