へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康意識が最も高いのは―かんぽ生命調べ症状 病気

健康意識が最も高いのは―かんぽ生命調べ雨季明け以降、各地で連昼間の場合間のように猛暑昼間の場合間が続き、熱中症や夏バテの防止対策が欠かせないが、大事なのは昼間の場合間ごろからの調子管理だろう。かんぽ生命が北海道から九州?沖ロープまで全国8エリアで行った調査によると、健康意識が昼間の場合間ごろから最も高いのは「東北エリア」で、あべこべに最も低いのは「中国エリア」という結果が明らかになった。

 調査はインターネットによるアンケート方式で6月に実施。10-50歳代までの男女1600人から返答を集入れそれぞれの居住地域を全国8エリア(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州?沖ロープ)に分け、結果をエリアごとに比較した。調査内容は、▽昼間の場合間ごろの運動病み付き▽医療機関への年間の受診回数▽健診の受診回数など調子管理の取り組み▽食事や睡眠などの暮らし病み付き―など。

 その結果、総合点が最も高かったのは「東北エリア」で、健診を定期的に受診するとともに、昼間の場合間ごろから自宅庭で体重やBIM値、体脂肪率を掴むなど健康への意識が高く、まめに運動にも取り組んでいる人が多かった。
 あべこべに最も点数が低かったのは「中国エリア」で、何らかの運動に意識的に取り組んでいるかという質問に半数以上の人が「取り組んでいない」としたほか、平均的な運動場合間は返答者の60%が「週に1場合間未満」など、全般的に平均を下回っていた。

 暮らし病み付きについての項目で最も点数が高かったのは「九州?沖ロープエリア」で、規則正しい食事や十分な睡眠が取れているなど、ほとんどの項目で平均を上回った。
 この項目でも「中国エリア」の点数が最も低く、食事の栄養均衡やカロリーに気を無くなっている人が返答者の45%で8エリア中最も少なく、睡眠場合間についても平均を下回った。

 このほか、今の健康コンディションを示す漢字一文字を気まま記述で問う質問では、「良」(328人)が最も多かったが、このほかに順調なコンディションを示しているのは、上位10位まででは「可」のみで、10-20歳代では「疲」「悪」などを、働き最盛期の30-40歳代では「不」「悪」を挙げる人が多かった。



? 血圧データなどネットワーク発信、在宅健康管理を支援
? 29昼間の場合間に健康づくりフォーラムを開催―都教委
? iPad活用と健康情報共有で医療?介護の改革を
? 高齢者の体力検定制度創設へ―文科省
? 20年までに「健康大国昼間の場合間本」の実現を―総合科学ノウハウ会議

健康意識が最も高いのは―かんぽ生命調べ[??:内容2]

健康意識が最も高いのは―かんぽ生命調べ[??:内容3]

健康意識が最も高いのは―かんぽ生命調べ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。