へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手洗い監禁母公判 打撃の次男が沈痛なな心理症状 病気

お手洗い監禁母公判 打撃の次男が沈痛なな心理「果たして反省しているなら、最低でも3年間ぐらいは刑務所に入っていてほしいです」。東京都練馬区の家で2月、当場合中学3年だった次男(15)をお手洗いに計約10昼間の場合間間閉じ込めたとして、監禁罪に問われた母親で一番職、中島まゆみ(47)と、交際向こうの音楽教室経営、川崎輝久(34)両被告の初公判。母への思いを次男は陳述書にこうつづらなければならないほど、浴びた虐待行為は残酷だった。

 幅約1?26メートル、奥行き約0?95メートル、高さ約2?24メートルのお手洗い。寒さの厳格2月、唯一、温(ぬく)もりを感じさせてくれるはずの暖房便座も取り世の中されていた。

 狭く冷えるスぺースに、Tシャツと下着にパジャマを羽織っ無料けの次男は計約10昼間の場合間間、閉じこめられた。扉は横約6感傷的、縦約3感傷的の木片で世の中から固くねじ止めされた。飢えをしのぐための食料は、与えられた食パン6斤と500ミリリットルのペットボトルの水1本だった。

 「冷える。いつになったらここから出られるんだろう。亡くなってしまうんじゃないかと睨んだ」

 次男は調書の中で、監禁の恐怖をこう振り返った。

 虐待の動機は、母の中島まゆみ被告が、川崎輝久被告にしつけを依頼したことだった。回り道や居眠り、肴食いを事情に、暴行はエスカレートしていった。次男は電気コードやハンガー、金属の模擬刀、車のアンテナと、全てのもので全身を殴られた。

 「体でわからせなきゃ、わからない」という川崎被告に呼応するように、中島被告も角材で約80回殴るなど、暴行に加担。昨秋からは食事も食パンしか与えなかったが、2人はそばで鍋をつつき、酒を飲んでいたという。監禁も、空きっ腹に耐えかねた次男がスーパーで試食気品を食べ、帰宅が遅れたことなどが事情だった。

 「次男は場合間やリべート感覚にルーズで、就職する前に直したかった」「学校にも再三呼び出され、(世の中から)背後指をさされたくなかった」。中島被告は被告人質問で、暴行のバックに次男の養育への悩みがあったことを明かし、「なおさら抱きし入れあげればよかった。後悔ばかりしています。ずっと愛しています」という、次男にあてた便りも涙ながらに読み上げた。

 しかし、暴行と監禁の結果、次男は救出されたとき、身長約165感傷的に対し、体重は40キロに満たないほど衰弱。自分で立てないほどだった。暴力へのおびえから、「またお手洗いに入れてほしい」と助け出した長男に懇願したという。

 「たたいているとき、お手洗いに閉じこ入れいるとき、びりな気持ちだったのですか」。次男が陳述書に込めた叫びは、2人にどう響いたのだろう。


? お手洗いに次男10昼間の場合間間監禁、母ら同意する 手に油で着火も 初公判
? お手洗い監禁の次男「試食で腹満たす」 母は目の前で飲兵衛鍋料理
? お手洗い監禁の次男 「機会逃せば亡くなってしまう」
? 次男を11昼間の場合間間お手洗い監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際向こうを逮捕 
? スーパーのお手洗いに小5男児監禁、容疑の土木作業員逮捕 「暮らし苦しく…怖がらせてやろうと」
? 医療費削減の“特効薬” ジェネリック医薬気品

お手洗い監禁母公判 打撃の次男が沈痛なな心理[??:内容2]

お手洗い監禁母公判 打撃の次男が沈痛なな心理[??:内容3]

お手洗い監禁母公判 打撃の次男が沈痛なな心理[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。