へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年ドラフトの目玉? 注目の大学生攻撃ラインマン症状 病気

2011年ドラフトの目玉? 注目の大学生攻撃ラインマン攻撃ラインマンの大型化、速度化は年々進み、今年のスカウティングコンバインに参加した51人の中に、身長188感傷的、体重136キロを下回る選手はいなかった。近年は攻撃ラインの重要性に対する認知度も高まっており、2008年には7人がドラフト1巡指名。その全員が1年目から先発出場のチャンスをつかみ、ジェイク?ロング(マイアミ?ドルフィンズ)は本職ボウルにも選出された。ここではNFL.comのギル?ブラント氏が2011年ドラフトで注目する大学生ラインマンを紹介する。

1.OTアンソニー?カストンゾ(ボストン?カレッジ)

 1年次からライトタックル(RT)として先発の座をつかみ、ここ2年はレフトタックル(LT)でプレイ。2009シーズンはオールACCに選出された。クイックネスと長い腕前、インテリジェンスを兼ね備えており、ドラフトでは10位以内の指名が確実だ。

2.OTネイサン?ソルダー(コロラド大)

 2007年にはタイトエンド(TE)としてプレイした体験もある変り類。大学入学以降で27キロも増量し、なおかつ40ヤードを4秒9で走れる。とっくにちょっぴり馬力が欲しいが、自慢のフットワークでタックルに有利なポジションを確保できるのが強み。本職でも長く活躍できるだろう。

3.Gステファン?ウィスニウスキ(ペン州立大)

 2008年にはガード(G)として12競技会に先発出場し、2009年はセンター(C)でプレイして高い評価を得た。フットボール一自宅の生まれで、父レオはボルティモア(現クリーブランド)?コルツから2巡指名、おじスティーブはオークランド?レイダースなどで13年間プレイした。

4.OTデレク?シェロッド(ミシシッピ州立大)

 運動才能とサイズを兼ね備え、高校場合代から注目されていた選手。NFLでも十分通用するだろう。

5.OTクリント?ボリング(ジョージア大)

 1年次から先発としてプレイし、着実に出場チャンスを増加。昨季はG、RT、LTで併用されたが、今季はLTに固定される視界。高校場合代にはTEでもワンポイント抜擢されたように、機動力にも優れている。

<NFL>

[NFL JAPAN 2010年07月19昼間の場合間]

2011年ドラフトの目玉? 注目の大学生攻撃ラインマン[??:内容2]

2011年ドラフトの目玉? 注目の大学生攻撃ラインマン[??:内容3]

2011年ドラフトの目玉? 注目の大学生攻撃ラインマン[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。