へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイナムコ、PSP症状 病気

バンダイナムコ、PSP株式会社バンダイナムコゲームスは、「テイルズ オブ」シリーズのキャラクターが多数出現することで好評を博している「レディアント マイ独唱ジー」シリーズの最新作、PSP用“君のためのRPG”「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイ独唱ジー3」を2011年に発売する。値段は未定。

 「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイ独唱ジー3」は、世界樹と世界樹が生み出したとされる星晶(ホスチア)というエネルギー鉱物で発展を継続する世界ルミナシアをステーヅに、少女「カノンノ」と彼女の前に突如空から舞い降りてきた主人公(プレーヤー)の冒険の旅行を描いたRPG作気品。本作は、前作「レディアント マイ独唱ジー2」に登場した「テイルズ オブ」シリーズキャラクターは全員が登場し、新たに30人以上のキャラクターを追加。本作に出現する「テイルズ オブ」シリーズキャラクターの総数は、80人を上回るという。

 めりはりの1つである主人公を作成するキャラクターメイキングは、髪型、目、口、ボイスのパターンの増加はもちろん、本作では身長もカスタマイズすることが可能となった。身長のカスタマイズは、ゲージで一順番段階に調節することができる。身長差によるキャラクター性能の相違はないと思われるが、他のキャラクターとの見詰めた目の相違を工ンジョイするユニーク要素の1つとして活用することができる。

 シナリオは、株式会社アルファ?システムのシナリオチームと株式会社ナムコ?テイルズスタジオのシナリオチームの合作。オリジナルの設定を活かした、クオリティの高いシナリオ制作を目指している。また、モデルデータの制作や楽メロディー制作もナムコ?テイルズスタジオが全面協力しており、シリーズ最良作気品としての期待が高まる。「テイルズ オブ」シリーズの魅力でもあるオープニングアニメーションと、バトルのカットインアニメーションは、シリーズおなじみの本職ダクション I.Gが制作。本作のために新たに描き下ろしたオープニングアニメと、大げさな演出が準備されているバトルシーンを工ンジョイすることができる。

 ダンジョンシステムは、「テイルズ オブ」シリーズのダンジョンをモチーフにした見下ろし型を採用。これにより、より「テイルズ オブ」シリーズに近い感覚でプレイすることができるという。ダンジョン内ではモンスター以世間に、様々なギミックが主人公たちの足を運ぶ手を遮断する。

 このほかの新要素として、要望の声が高かったデータインストールに対応する。UMDからメモリースティックDUOに、ゲームデータをインストールすることでロード場合間を短縮し、快適にプレイできる。また、「レディアント マイ独唱ジー」と「レディアント マイ独唱ジー2」のセーブデータを持っていると、なにかいいことが起こるとのこと。セーブデータ特典を入手するためにも、前作をプレイしていないという人は、今のうちに前作をプレイしてみるのもいいだろう。また、8月5昼間の場合間に発売された「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX(クロス)」とのセーブデータ特典も計画されている。

 前作で好評だった連動サイトは本作にも準備されている。前作で80万キャラ以上のマイキャラクター(傭兵)が集まった連動サイトは、マイキャラクターのアッ本職ード?ダウンロード、一順番料の装備アイテムの配信などができるほか、本作では「ユーザー間のコミュニケーション」を主題に、更なる馬力アップを計画しているという。



■ カノンノ?グラスバレー(Kanonno Grassvalley)
『一人で抱え込まないで。みんないるから。私も、みんなもいるから』

年齢:15歳
性別:女性
身長:158cm
体重:44kg
CV:平野 綾

 アドリビトムで羽ばたいている優しく快活な15歳の少女。医者だった両親の間に天性るも、すぐに両親は従軍医師として国に徴兵され、戦場で死亡している。自宅も戦火で失い、両親に仕えていた執事が親代わりとなり各地を放浪としながら育てられた。旅行の末、行き到着した村でアドリビトムの発足に立会い、ギルドメンパブとなっている。

 誰も見詰めたことのないような奇妙な景色を写生ブックに描き、またその景色がどこにあるのかと探し求入れいる。



■ チェルシー?トーン(Chersea Tone)初登場
『チェルシー?トーン、緊褌一順番(きんこんいちばん)頑弾力ます!』

 ウッドロウを追って、旅行をしていた。アドリビトムにいるウッドロウに再会し、そのままバンエルティア号に居つく事になる。

■ ノーマ?ビアッティ(Norma Biatty)初登場
『握手一回、500ガルド! 500ガルドぽっきりだよ~!』

 星晶を巡っての戦争敗北国出身。トレジャーハンター専門のギルドに属していたが、戦争によって解体。アドリビトムに移籍を脉する。

■ ジュディス(Judith)初登場
『ふふ、こういう所はワクワクするわ。じゃ、先に進みましょ』

 ガルバンゾ国のギルドに所属していた。所属を同じくしていたユーリがギルドを出所した後、ギルドにガサ入れが入り、ユーリが起こしたとある事件を手助けしたとしてお尋ね者に。ユーリを追ってアドリビトムへ姿をくらます。

■ コハク?ハーツ(Kohak Hearts)初登場
『喧嘩はダメって……いつも言ってるよね?』

 郷里が貧しく、アドリビトムに助けられているうちに、自分達も協力したいとアドリビトムに参加する。ミソが目がない。

■ アスベル?ラント(Asbel Lhant)初登場
『俺は……大事なものをこの手で守るとばっちりで、騎士の道を選んだ』

 ガルバンゾ国の騎士団に所属。指令によりガルバンゾ国王女であるエステルを捜索し、バンエルティア号に来船。エステルに説得され、そのままアドリビトムに参加する。



■ ユーリ?ローウェル(Yuri Lowell)
『一つの選択は小さいかも知れねえが、その選択が世界を正しい方角に変えていくだろうよ』

 ガルバンゾ国のギルドに所属していた。エステルの旅行の護衛を依頼されて国を出所したが、なぜか王女誘拐の罪状でお尋ねものにされてしまう。

■ クレス?アルベイン(Cless Alvein)
『僕は将来、自分の郷里にギルドを作りたくてね。勉強のとばっちりで、ここに居るんだ』

 剣の修練を欠かさない勤勉な青年。郷里でギルドを立ち上げたいと思い、勉強のとばっちりでミントと共にアドリビトムに参加している。

■ ミント?アドネード(Mint Adnade)
『世界樹が光を発した昼間の場合間に空から降りてきた、なんて……。まるで、ディセンダーの様ですね』

 法手段の力で人々を癒す法手段師。アドリビトムのギルドマスターとは、教会を便秘気味て交流があった。ギルド発足の呼びかけを浴び、クレスと共にアドリビトムへ参加。

■ チェスター?パブクライト(Chester Barklight)
『なあ……お前には、背中を預けられる親友っているか?』

 クレスの幼馴染であり、良きライバル。クレス?ミントの呼びかけでアドリビトムへの参加を脉する。

■ アーチェ?クライン(Arche Klaine)
『全然とっくに、どうしてあたしの料理で失神する奴がでてくるわけ?』

 魔手段使いの女の坊主。ミントの頼みで「ソーサラーリング」を持って、バンエルティア号へ来船。そのままアドリビトムへ参加する。

■ 藤林すず(Fujibayashi Suzu)
『忍者は非情でなくては務まらないのに……私は、まだまだ、未熟者です……』

 世間界との交流を断ち、独自な文化を有する「ミブナの里」に住む忍び。ある事情からアドリビトムへの参加を脉する。

■ ダオス(Dhaos)
『お前の存在は、偽りの脉だ。まやかしのマナの姿よ、散るがいい!』

 過去にその強大な力のとばっちりで、クレスの郷里に封印されていた、魔王と称される男。封印から出てきた際、クレスの郷里を襲っている。

■ スタン?エルロン(Stan Aileron)
『え、英雄……? 俺が?』

 フィリアがギルドになることを聞き、共感してルーティと共にアドリビトムへ。放っておくと、いつでもどこでもいつまでも寝てしまう悠々自適に屋。

■ ルーティ?カトレット(Rutee Kartret)
『さあ、行きましょ。もしかしたら、お宝に巡りあうかもしれないし?』

 遺形跡発掘専門のトレジャーハンター。スタンと共に孤児院を作る目標をもつ。お金を稼ぐとばっちりでアドリビトムへやって来ている。

■ フィリア?フィリス(Philia Philis)
『これから、出来る事をやればいいんです』

 元々は、教会で神官を勤入れいた。アドリビトムのギルドマスターと従来から交流があり、自分も参加したいとやって来ている。

■ ウッドロウ?ケルヴィン(Woodrow Kelvin)
『言ったはずだ。私はまだ国へ帰るつもりはないと』

 とある国の王坊主。王を継承するべく見聞の旅行をしていたが、より民の実情を読むため、身分を隠してアドリビトムへ参加することとなる。

■ リオン?マグナス(Lion Magnus)
『使えない駒に興風味はない。 だから実力を試させてもらった。それだけだ』

 ウッドロウの国に属する名うての剣士。ウッドロウがその働きを期待し、アドリビトムへの加入を呼びかける。

■ マイティ?コングマン(Mighty Kongman)
『チャンピオンは常にナンパブワンでなくちゃなんねえ……』

 闘技場にて チャンピオンの座を守り継続している、鋼の肉体を有する男。主人公が勝負に勝つと、 アドリビトムに来船する。

■ リリス?エルロン(Lilith Aileron)
『えへ。来ちゃいました☆ しばらくこちらでお世話になろうと思って』

 おたまとマンボウを駆使して闘うスタンの妹。闘技場にて、実自宅を放っぽり出してきた兄を探している。

■ リッド?ハーシェル(Rid Hershel)
『ファラ。オレ達は今、三人で戦ってるんだぞ? お前一人が背負い込むことねえんだ』

 郷里で猟師を生業にしていたが、大国からの無理強い単一農作物栽培で森を切り開かれ、猟場を失う。アドリビトムの発足に立会い、ギルドマスターについていった。

■ ファラ?エルステッド(Farah Oersted)
『よぉし。わたし達も頑張ろ! イケるイケる!』

 リッドやキールの幼馴染で、 アドリビトム発足当場合からのメンパブ。アドリビトムを立ち上げたギルドマスターについていく。

■ キール?ツァイベル(Keel Zeibel)
『やれやれ ここはいつ来ても平和そうだな』

 アドリビトム発足当初からのメンパブ。アドリビトムの「ある目標」の実現に向け、一場合ギルドを離れ探求のために大学へ通っていた。しかし、開戦が近づき大学は休校になり、アドリビトムへ戻る。

■ チャット(Chat)
『な、なんなんですか この地獄絵図は……』

 バンエルティア号の持ち主。胸中では海賊のつもりだが、貧しいヒトのとばっちりで働く望みは皆と同じで、船をアドリビトムに提供している。毛がふさふさな生き物が疎ましい。

■ セルシウス(Celsius)
『わたしは、氷の精霊セルシウス。あなた達が知りたい事に答えるわ』

 霊峰アブソールの地に住む、氷の精霊。契約者と共に星晶を守っていた。主人公達に力を貸すためにアドリビトムへやってくる。

■ カイル?デュナ手落ち(Kyle Dunamis)
『ごめん。オレ、みんなの事を考えて一順番かった……』

 ハロルドの実験の手相違から、やって来る異世界の住人。カイルの世界でのスタンはバルバトスに命を狙われているため、それを未然に防ごうと旅行に出ていた。この流れの中、バルバトスと戦っている最中に、ルミナシアに飛ばされる。

■ リアラ(Reala)
『わたしの思う……幸せの、形?』

 ハロルドの実験の手相違から、やって来る異世界の住人。元の世界に戻る手立てが見つかるまで、アドリビトムで働くことになった。

■ ナナリー?フレッチ(Nanary Fletch)
『働かざる者、食うべからずさ』

 アドリビトムに助けられた村の住人。アドリビトムへ収入を払う代わりに、ハロルドと共に、アドリビトムで働くことになる。

■ ハロルド?ベルセリオス(Halold Belserius)
『はいは~い? 脳ミソ見て欲しいのはどちらかしら?』

 ハロルドと共に、アドリビトムで働くことを脉してやってくる。自称秀才科学者で、実験の手相違からカイル達を異世界から招いてしまう。

■ バルバトス?ゲーティア(Barbatos Goetia)
『俺は、俺の渇きを満たす者を待っていた……待ち継続していた!』

 カイル達と同じ異世界からやってきた。カイルの世界の4英雄を打倒することを目的にしているが、まだ誰一人打倒することは叶っていない。主人公と勝負を交え、主人公を狙うようになる。

■ ロイド?アーヴィング(Lloyd Irving)
『剣手段だけ磨いてもダメなんだ。そんな剣じゃ……誰も、何も救えない』

 ミブナの里に近い、忍びと交流のある小さな村の出身。世間の世界を知るためにアドリビトムで働くことになった。

■ コレット?ブルーネル(Collet Brunel)
『そう、今からでも……。あらゆる類族は手を取り合っていける』

 ロイドと同じ郷里の出身。ロイドと共に来船した。「天使」という類族であり、そのとばっちりで同類族の者から襲われた過去がある。

■ クラトス?アウリオン(Kratos Aurion)
『過ちは正せばいい。過ちを犯さぬ人間など この世に存在しないのだからな』

 ロイドと同じ郷里の出身。あまり多くを語らない男。アドリビトム発足初期から傭兵として雇われている。天使という類族についても詳しいらしい。

■ ジーニアス?セイジ(Genius Sage)
『その坊主が、たまに見せてくれる笑顔が……その、だ、目がないなんだ』

 アドリビトムへ教師として参加する姉?リフィルに付いてやって来る。ロイドやコレットとは友人で、プレセアとも仲が良い。

■ リフィル?セイジ(Refill Sage)
『お黙り。全て聞こえていてよ?』

 ロイドと同じ郷里の出身。アドリビトムの若年層メンパブに教育が不可欠だと、バンエルティア号へ呼ばれる。遺形跡マニアで遺形跡を目にするとそれ以世間のことが目に入らなくなってしまう。

■ ゼロス?ワイルダー(Zelos Wilder)
『ま、せいぜい後悔のない選択をすりゃいいさ』

 ロイドと同じ郷里の出身。ロイドの後を追って、アドリビトムを探して旅行をしている。

■ プレセア?コンバティール(Presea Combatir)
『私の力……皆さんに 気風味悪く……思われないでしょうか』

 ジーニアスの誘いでアドリビトムに参加することになる少女。木こりをしつつ、木彫りのお守りを作って街で売ったりもしている。

■ ヴェイグ?リュングベル(Veigue Lungberg)
『オレは、オレに出来る事をやるだけだ』

 ヘーゼル村出身。星晶採掘を強いる帝国騎士を一度打ち負かしたため、その騎士よりの恨みを買っている。ユージーンより村の世間に逃がされ、アドリビトムへ。そこで物資を集入れは、ヘーゼル村へ密かに供給している。

■ クレア?ベネット(Claire Bennett)
『今は国も、類族も奪い合うのを止入れ世界を守るとばっちりで心を一つにすべき場合です』

 ヘーゼル村出身。帝国の騎士に身の回りの世話をするよう無理強いされていたところをヴェイグに救われ、そのまま退散してアドリビトムへと落ち着いている。

■ マオ(Mao)
『ぷー、ぷー プーリーン? プーリーンーの気持ち?』

 ヘーゼル村出身。記憶喪失の少年。何故記憶が一順番いのかは不明だが、ユージーンにより保護されていた。自作の歌を歌うのが気がある。

■ ユージーン?ガラルド(Eugene Gallardo)
『そう謙遜する事は一順番い。自分の力を知る事は、強くなるとばっちりで不可欠な事だ』

 ヘーゼル村出身。ヴェイグが物資を持ってきてくれる場合のパイプ役となっている。後に、アドリビトムに所属して活動したほうが物資を集めやすいとギルドに加わる。

■ アニー?パブス(Annie Barrs)
『はい、みなさん大丈連れ合いですよ。幸運、軽い傷で済みましたから』

 ヘーゼル村出身。ヴェイグと共にバンエルティア号へ来船している。医者の勉強をしており、船の医務室を任されている。

■ セネル?クーリッジ(Senel Coolidge)
『一気に畳み込む。 足を運ぶぞ!』

 星晶を巡っての戦争敗北国出身。郷里の民を能率よく救うためにアドリビトムへ来た。郷里ではマリントルーパーとして働きつつ、保安官の手伝いもしていた。

■ クロエ?ヴァレンス(Chloe Valens)
『困惑している人を救うのは騎士として当たり前の務めなのだからな』

 星晶を巡っての戦争敗北国出身。騎士として、戦争の前線に赴いていた。が、やがて敗戦。戦地から郷里へ戻る所、アドリビトムと合流。

■ ルーク?フォン?ファブレ(Luke fone Fabre)
『それとも何か? お前にとって大事なのは自分の肩書きだけなのかよ』

 ライマ国王位第一継承者。アッシュやガイ達と王位を継承するための修行に出ている。双坊主の弟であるアッシュと仲が悪い。

■ ティア?グランツ(Tear Grants)
『素直じゃないのね、あなたも』

 ライマ国の軍に属する。ジェイドの部下。民衆のクーデターから王族を守るために国世間へ避難し、アドリビトムへ保護を求めた。

■ ジェイド?カーティス(Jade Curtiss)
『仮にディセンダーが存在したとして、この世界を見詰めたらどう思うんでしょうねえ……』

 ライマ国軍大佐。王族の自宅庭教師を務めるほどの切れ者。民衆のクーデターから王族を守るために国世間へ避難し、アドリビトムへ保護を求めた。

■ アニス?タトリン(Anise Tatlin)
『でもさっきの、半分目が真剣でしたよぅ?』

 ライマ国の軍に属する、ジェイドの部下。民衆のクーデター後、ジェイドの後を追って国を出所したが、 行方不明に。主人公の捜索でバンエルティア号へ辿り届く。

■ ガイ?セシル(Guy Cecil)
『異なるぞ、ルーク。俺は、女性は目がないだ。無料、その…… ちょっぴり、嫌なだけで』

 ルークの世話をするために、修行の旅行に同行していたが、一場合、ルークと離れることになる。

■ アッシュ(Asch)
『所詮、俺はルークの影だ。王にはなれない』

 ルークと双坊主であり、ほんの数分の天性の相違で、ライマ国王位第二継承者となる。ルーク、ガイと王位を継承するための修行に出ている。

■ カイウス?クオールズ(Caius Qualls)
『もし次に悩んだら、みんなに……ルビアにきちんと告白するよ。一人で抱えたりしない』

 獣人化する類族、リカンツの青年。ギルド結成場合、ルビアと共にアドリビトムへ参加。

■ ルビア?ナトウィック(Rubia Natwick)
『嫌味よね。国を越えたピンチが訪れない限り、人は紛争を止められないのかしら?』

 カイウスの幼馴染の少女。教会でアドリビトムの発足に立ち会い、そのままアドリビトムへ参加。

■ ルカ?ミルダ(Ruca Milda)
『……そうだよね……どうせ、僕なんて……ううっ、グス……』

 イリアの父が村長を務める村に住んでいた。周囲が貧しい中、自宅は裕福な商自宅で、ルカは余りそれを快く思っていない。加えて、親が医者になりたい自分の脉を認めなかったため、自宅出同然でアドリビトムへ。

■ イリア?アニーミ(Iria Animi)
『ル~~カ~~~ちゃ~~ま? ちょおっと、コッチに来てくれませんこと?』

 ルカと共にアドリビトムへ参加している。村長である親が大国の言う通りに単一栽培を浴び入れたことを苦々しく思っており、 貧しく教育が一順番い郷里の村に、学校を作ることを目標としている。

■ スパーダ?べルフォルマ(Spada Belforma)
『ダチってのはなァ、こういう場合に助け合うモンなんだよ』

 ルカと郷里は同じ。名自宅のお坊ちゃまだが、自宅出して放浪の旅行をしている。後にアドリビトムからの誘いを浴び、ギルドに参加。

■ エステリーゼ?シデス?ヒュラッセイン(Estellise Sidos Heurassein)
『城の中に居るだけでは、大衆や、世界のとばっちりで成すべき事も出来ませんでしたから』

 ガルバンゾ国の王女。星晶採掘地形跡で起こる奇妙な現象を耳にし、何も対策をとらない国にしびれを切らして、ユーリを雇い自ら調査の旅行に出所した。

※画面は開発中のものです。
(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)NBGI



バンダイナムコゲームス、「テイルズ オブ」シリーズ2010年度ラインナップ公表会を開催

バンダイナムコ、PSP[??:内容2]

バンダイナムコ、PSP[??:内容3]

バンダイナムコ、PSP[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。