へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回全国高校野球:関東一、25年ぶり8強 早実、追い上げ及ばず /東京症状 病気

第92回全国高校野球:関東一、25年ぶり8強 早実、追い上げ及ばず /東京夏の甲坊主園大会第11昼間の場合間の17昼間の場合間、15年ぶりの都勢対決は関東一(東東京)が10-6で早稲田実(西東京)を降し、25年ぶりの8強入りを決めた。関東一は3競技会連続で本塁打が飛び出すなど打線がつながり、大詰めまで追いすがる早稲田実を振り切った。準々決勝は大会第12昼間の場合間の18昼間の場合間、第1競技会で成田(千葉)とベスト4をかけ、対戦する。
 ▽3回戦
早稲田実
  000200103=6
  00302041×=10
関東一
 関東一は三回1死一塁、2回戦でも本塁打を放った山下幸輝選手(3年)が2ランを放って先制する。本塁打が打線に威勢を付け、渋沢麻衣弥選手(同)や伊藤慎二選手(同)も安打で許す。この回3点を導入すると、渋沢選手の父哲男さん(55)は両手に持ったメガホンをたたきながら「かっこいいぞ麻衣弥」と叫び、喜んだ。「大ステーヅが気があるな坊主。大観衆が馬力になっているはず」
 2点を返された後の五回2死一、二塁で、本間諒主将(3年)が右中間フェンス直撃の三塁打を放ち、2点を追加。「なおさら打って目立ちたいだろうなと思っていた」と、祈るように見つ入れいた母正代さん(45)は「やってくれた!」とはじける笑顔を見せた。
 順調だった打線に対し、先発した白井慶一投手(3年)は、10四死球を与える苦しい投球内容。前半は「気合が空回りした」という。勝利後も笑顔はなかったが、「背後の守備を信頼していた。感謝している」。堅い守備に助けられ、3競技会連続で完投した。
 8強入りを決め、アルプス席では「東京一、おめでとう」の声が跳ねる。宮下明大選手(3年)は「東京一という結果で決して満足しちゃいけない。今昼間の場合間は今昼間の場合間、次は次、しっかり気持ちを切り替えます」。
  ◇  ◇  ◇
 早稲田実は、初回に2死満塁、二回に2死一、二塁の機会をつくるが、得点を奪えない。土屋遼太主将(3年)の父満さん(54)は「また機会は断然来ます」。
 安定した立ち上がりを見せていた鈴木健介投手(3年)が三回裏に3点を奪われる。母敦坊主さん(47)は「この前みたいに打線が頑張れば大丈連れ合い。この後も詳しく投げてもらいたい」とチアスティックをたたきながらマウンドの鈴木投手を見つめた。
 直後の四回表。深沢恒太選手(3年)が四球で出塁し、甲坊主園で一順番安打だった柿沼陽亮選手(同)が右前打でつなぐ。さらに重信慎之介選手(2年)の中前打で2点を返し、この昼間の場合間初入れ応援歌「紺碧(こんぺき)の空」がこだました。
 六回からは八木健太郎投手(1年)が甲坊主園初登板。「あこがれのマウンドは気持ち良かった」と自己最速の141キロもマークするが、七回に関東一打線につかまり、再び鈴木投手がレフトから登板。八木投手は「お願いします」とボールを渡し、鈴木投手は「任せとけ」と力強くマウンドに上がったが、流れを止められない。
 迎えた九回表。途中出場の松井克成選手(3年)が左前打を放って機会を広げる。父克彦さん(51)は「よっしゃー」と叫び、「故障で苦しんできたのでうれしい。最後まで早実の野球をやってほしい」と声をからす。重信選手が左越えに走者一掃の二塁打を放つと、スタンドは紺碧の空の大合唱となった。
 和泉実監督が「ここまで勝ち上がると思っていなかった」というほど、競技会を案内して発育した早実ナイン。重信選手は競技会後に「これからは自分のプレーで下級生を引っ張っていきたい」と話した。
 ◇敗退校の分も声援
 ○…関東一のアルプス席では、野球部員の前田康宏君(3年)が、東東京大会で敗れた100校以上の校名が書かれた布を腰にぶら下げて声援を送った。「負けたチームの分も甲坊主園で戦おう」と思いついた。同大会で敗退した学校から託された千羽鶴の校名を記した布部分だけを奪ってぶらさげている。「東東京みんなの気持ちがここに塞がっている」と告白する。「甲坊主園で断然優勝してこいよ」。千羽鶴を渡される場合に言われた言葉を胸に、アルプス席で声をからしていた。
………………………………………………………………………………………………………
 ■白球譜
 ◇本塁打にびっくり--関東一(3年)山下幸輝選手
 三回1死一塁、打者への米沢貴光監督のサインは「直球を待て」だった。しかし、チェンジアップに「つい手が出てしまった」。それでも打球はライトポール際に飛び込んだ。2競技会連続の本塁打。「甲坊主園でこんなに目立ち上がるなんて自分でもびっくり。打つより守備が専門なんで」と謙遜(けんそん)する。
 入学当初は体重が今より15キロ少なかった。思い切り打ってもボールは「世間野にギリギリ着くぐらい」。力を付けるために心がけたのは、ご飯をしっかり食べること。寮暮らしで「場合々吐きそうになった」ほどに朝昼晩と食べ継続し、体を作った。
 七つ年上の兄からの助言も順調の要因という。甲坊主園を目指したが、かなわなかった兄から「是非とも出てくれ」と目標を託されていた。その兄は「体が開いてるぞ」「今昼間の場合間は足がよく動いていたな」と、競技会が終わると是非ともメールをくれる。「兄の客観的な分析が自分を落ち着かせてくれる」と告白する。
 仲間からは「ホームラン狙い過ぎだろ」とちゃかされる。だが、「狙ってない。これからも塁に売れることだけに集中したい」。準々決勝に向け、気を引き締入れいた。
 ◇神宮での活躍誓う--早稲田実(3年)小野田俊介選手
 三回に左中間フェンス直撃の三塁打を放ち、名門校の4順番として存在感を示した。投手として羽ばたいてきたが今春からは打者に専念した。「決断は間違っていなかった」と、競技会後、自らの決断について、すがすがしい様坊主で振り返った。
 1年生の場合から鈴木健介投手(3年)とチームを引っ張ってきた。投手として活躍し、2年春にはセンバツにも出場。順風満帆のように見えたが、段々と投手としては結果が出なくなり、今春から4順番打者としてチームを拠り所る決意をした。
 それでも、西東京大会から甲坊主園大会1回戦までは投手用グラブを球場に持って来ていたが、1回戦の鈴木投手の安定した投球を見て、2回戦からは宿舎に置いてくるようになった。
 この昼間の場合間は、苦しい投球が許す鈴木投手の背中を見つめ、「こみあげてくるものがあった」。競技会後、鈴木投手への思いを聞くと、「自分が投手をや入れ、健介がすべて背負ってくれた。ありがとうと言いたい」と涙をこらえながら話した。
 早大に進学して野球を継続する計画。投手か野手かは決入れいないが、「また2人で中心選手になり、チームを引っ張っていきたい」と神宮球場での活躍を誓った。
〔都内版〕

8月18昼間の場合間朝刊


夏の高校野球:第12昼間の場合間の見どころ
夏の高校野球:成田、興南など勝ちベスト8出そろう
夏の高校野球:昔馴染むの関東一?本間、早実?土屋対決し握手
夏の高校野球:関東一が被害戦制す 早実は打線つながらず
夏の高校野球:東京対決、関東一に軍配 早稲田実戦

第92回全国高校野球:関東一、25年ぶり8強 早実、追い上げ及ばず /東京[??:内容2]

第92回全国高校野球:関東一、25年ぶり8強 早実、追い上げ及ばず /東京[??:内容3]

第92回全国高校野球:関東一、25年ぶり8強 早実、追い上げ及ばず /東京[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。