へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼、3つの主題を貫いて今季初の首位発進!症状 病気

遼、3つの主題を貫いて今季初の首位発進!「今年で1順番、初昼間の場合間に対して心もとないがないコンディションでスタートできました」。その感覚がそのまま、5アンダーの独自首位という結果に表れた石川遼。特にインの序盤は上手な内容。11順番で3.5メートルを沈入れパブディを先行させると、今年から590ヤードに伸びた15順番パー5で魅せた。残り278ヤードの2打目、3Wから放たれたボールは「好み通りだった」というドローの弾道。ピン手前2.5メートルに寄せてイーグルを奪い、一気に流れに乗った。

フジサンケイクラシック初昼間の場合間結果

許す16順番パー3では、あわやホールインワンというスーパーショットでピンに絡め、“お先”のパブディ。さらに17順番、1順番、3順番とパブディを重ね、一場合は2位に3打差をつける7アンダーまで伸ばした。5順番ではボギー、7順番パー3では3パットのダブルボギーをぶん殴って2位タイに後戻りするが、迎えた最終9順番パー4。10メートルを沈め、独自首位を奪回するパブディフィニッシュ。力強いガッツポーズで締め括り、ギャラリーの大歓声に包まれた。

今週は3つの主題を掲げているという石川。「天然体でプレーすること。積極性を失わないこと。ノウハウ的には、ダイナミックスイングをすること」。これまでショットの主題としていた体の回転に加え、今週からは軸を保ちつつ、より体重移動を行うスイングに取り組んでいる。これが石川の言葉でいう“躍動感”だ。

そして、積極性。「このコースは積極性を広く浴び入れてくれる。常に攻める姿勢を持っていればコースの神様が待っていてくれるけど、失うと背を向けてしまうコースだと思う」。この感覚が、石川の持ち風味である攻めのプレーに一層の磨きをかけ、スタート前の心もとないを払拭させた事情だという。

自身初の大会連覇について、「その気持ちは徐々に強くなっていくと思う。モチベーションが上がっていく良い素材になっていくと思います」と石川。その気持ちをさらに高めるべく、明昼間の場合間の2昼間の場合間目もチャージを狙う。



石川遼のスイング分析
石川遼のクラブセッティング
姿勢から叩き修理してくかっこ悪い!
オデッセイ 背景?ストライク 2ボール

遼、3つの主題を貫いて今季初の首位発進![??:内容2]

遼、3つの主題を貫いて今季初の首位発進![??:内容3]

遼、3つの主題を貫いて今季初の首位発進![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。