へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康や運動に対する意識が高いのは、どこに住んでいる人?症状 病気

健康や運動に対する意識が高いのは、どこに住んでいる人?東北地方の人は他のエリアに住んでいる人に比べ、健康や運動に対する意識が高いことが、かんぽ生命保険の調査で明らかになった。



 この調査は、運動や健康に関する質問から指数を算出したもの。東北地方の人に次いで意識が高かったのは近畿地方、あべこべに最も低かったのは中国地方という結果に。

 実際にどのくらいの運動を行っているのだろうか。運動病み付きの指数を算出したところ、近畿地方が第一面。近畿地方の人は1週間の平均運動場合間は乏しいものの、通勤通学などの昼間の場合間常の移動術が「徒歩」(18.0%)や「自転車」(19.0%)と答えた人が多く、運動不足を感じている人も他のエリアに比べ乏しい(80.5%)ことが分かった。一方、意識的に運動に取り組んでいない人は中国地方の人(51.0%)が多く、1週間の平均運動場合間も乏しいことが明らかに。

 また健康意識に対する指数を算出したところ、最も高かったのは東北地方だった。東北地方の人は体重だけでなく、体脂肪率?BMI値も半数以上の人が把握。「定期的に健康診察を浴びるなど、自身の体への興味が高いことがうかがえた」(かんぽ生命保険)。あべこべに、指数が低かったのが北海道の人で、定期的に健康診察を浴びていない人が49.0%にも達した。

●今の健康コンディションを表す漢字一文字

 今の健康コンディションを漢字一文字で表してもらったところ、「良」(328人)と答えた人が最も多かった。1位はポジティブ好みの漢字となったが、3~10位までは「疲」「不」「悪」などマイナス好みの漢字が普通んだ。昼間の場合間常の疲れ、体の不調を感じている人が多いのかもしれない。年代別で見てみると「疲」と答えた人は20代で最も多く、比較的若い世代の人が疲れていることが明らかに。一方、40~50代の人は「良」と答えた人が多く、マイナス好みの漢字が乏しい傾向がうかがえた。

 インターネットによる調査で、10~50代の男女1600人が返答した。調査期間は6月8昼間の場合間から6月10昼間の場合間まで。


? 引きこもりに男性が多い事情
? 心の病気に入る30代が多いのはなぜ?
? 何が元でで、うつ病から回復しないのか

健康や運動に対する意識が高いのは、どこに住んでいる人?[??:内容2]

健康や運動に対する意識が高いのは、どこに住んでいる人?[??:内容3]

健康や運動に対する意識が高いのは、どこに住んでいる人?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。