へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田、58年ぶり8強入り症状 病気

成田、58年ぶり8強入り第92回全国高校野球選手権第11昼間の時間(成田6-5北大津、17昼間の時間、甲坊主園)同点で迎えた九回、成田の2年生5順番?高橋が力強い流し打ち。打球は北大津の左翼?北林の鶏冠上を越えた。二死一、三塁から飛び出した勝ち越しの二塁打だ。

 「直接です。中川さんにどうにか恩返しがしたかった」

 熱投を継続する成田のエース右腕前?中川(3年)へのアシスト打を放った高橋が、満足げに告白する。

 大会開幕直前、両足のスタンスを2足分広げた上で、両足を地につけたままノーステップで打つ稽古を繰り返した。

 手にしていたのは、競技会用の920グラムのバットよりも重いノックバット。ヘッド速度がなければ使いこなせない。その「スイング速度を上げるため」(高橋)のひたむきな稽古が、最後の最後で実を結んだ。

 高橋のほか、「6順番?遊撃」の木村と「7順番?右翼」の勝田も2年生。「2年生で先輩たちを最盛期上げたかった」。

 後輩の力も得た中川は7安打5失点で3競技会連続完投。「点数は29点。赤点です」と苦笑いしたが、九回にこの昼間の時間最速の143キロをマーク。意気込みの投球で1点差を守りきり、1952年以来の8強入りに貢献した。

 「毎昼間の時間が優勝戦のような感じ。甲坊主園で体重が計3キロも減りました」。晴れのステーヅの疲労度は想像を超えていたが、それでもマウンドを死守。まずは18昼間の時間の準々決勝でも関東一(東東京)を倒し、58年前の大先輩たちと肩を普通べることを目指す。


? 成田のエース中川、内容に不満「赤点です」
? 興南?島袋、こん身の直接で勝負!
? 「野球弱小県」のあべこべ襲!新潟、福島が8強
? 報徳学園、手のつけられない猛打で快勝!
? 関東一?白井、根気強く176球で完投

成田、58年ぶり8強入り[??:内容2]

成田、58年ぶり8強入り[??:内容3]

成田、58年ぶり8強入り[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。