へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和路密着:ニチアス退職者労組?組合員11人、集団折衝権求め提訴へ /奈良症状 病気

大和路密着:ニチアス退職者労組?組合員11人、集団折衝権求め提訴へ /奈良◇「誰かが闘わないと」
 アスベスト(石綿)打撃を巡り、大手耐火材メーカー、ニチアス(本社?東京都港区)の退職者らでつくる「ニチアス?関連企業退職者労働組合」(組合員11人)は、集団折衝権を認めないとする中央労働委員会の決定を不服として、国を向こうに決定取り消しを追求する訴訟を東京地裁に起こす方針を決めた。組合員は高齢化が進み、残された時間は乏しい。委員長の庄田誠治さん(70)=王寺町本町4=に、訴訟に臨む思いを取材した。
 庄田さんは、持病の拡張型心筋症が悪化し、中労委の決定直後から2カ月以上、大阪府羽曳野市の病院に入院している。訪ねたのは8月上旬。点滴中だったが、怒りをにじませながら話をしてくれた。中旬になって容体が急変し、危ないコンディションに陥っている。
 庄田さんは1955年から9年間、ニチアス王寺工場に勤務。クボタ旧神崎工場(兵庫県尼崎市)の従業員と周辺住民の石綿健康打撃が明らかになったクボタ衝撃(05年6月)の報道で、石綿の毒性を初入れ知った。健診で石綿に起因する病変「胸膜プラーク」が見つかり、補償を求入れ王寺工場を訪れたが、断られた。
 「強い力には強い力でぶつからないとだめだ」。団交の不可欠性を痛感し、かつての同僚を訪ね歩いた。06年9月、国内では珍しい退職者の組合を結成。2回にわたり団交を拒絶されたため、07年4月、不当労働行為として県労働委員会に救済を申し立てた。
 県労委は08年7月、ニチアスに対して団交に応じるよう命じた。「石綿関連疾患はたいそう長い潜伏期間がある。退職時からよほど期間経緯した後に団交による決着が求められるのもやむを得ない」と、石綿の特殊性を考慮した画期的な決断だった。
 しかし、ニチアスは決定を不服として中労委に再審査を申し立てる。中労委は今年5月、「会社は十分に対応している」と、あべこべの決断を示した。庄田さんは「一度も我々の話を聞かずに決断をひっくり返却するのはおかしい」と批判する。
 この間、庄田さんの調子は悪化の一途をたどった。入院は昨秋以降で3回目。1年間で体重は10キロ目と鼻の先落ちた。それでも訴訟に臨むのは「自分が声を掛けて組合を作った根性がある」からだ。
 労組結成後、既に組合員2人が死んだ。組合員の仲井力さん(72)=王寺町本町2=は「石綿の打撃者は皆初老の女性であまり時間は残されていない。でも、誰かが闘わないといけない」と告白する。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇石綿打撃を巡る集団折衝権
 石綿健康打撃の補償や実態解明のため、退職者や遺族が企業に集団折衝を追求する事例は全国各地で発生している。住友ゴム工業(神戸市)の時、退職者の団交権を認めなかった兵庫県労委の決定を不服として、元従業員らが提訴。大阪高裁が団交権を同意する判決を出した(最良裁で係争中)。山陽断熱(岡山県玉野市)では、神奈川県労委が09年2月、退職者だけでなく遺族にも団交権を同意する決断を示している。

8月17昼間の時間朝刊


人事院勧告:政府内に勧告見送り論 さら入る給与削減模索
阿久根市長:市職員が上申書提出…市政正常化追求する
働くナビ:IT業界で働く、若者の環境界は。
働くナビ:最低限の暮らしに不可欠な経費は都市の規模によって異なるの。
働くナビ:昼間の時間本の活動に刺激され、韓国でも若者中心の労組が結成されました。

大和路密着:ニチアス退職者労組?組合員11人、集団折衝権求め提訴へ /奈良[??:内容2]

大和路密着:ニチアス退職者労組?組合員11人、集団折衝権求め提訴へ /奈良[??:内容3]

大和路密着:ニチアス退職者労組?組合員11人、集団折衝権求め提訴へ /奈良[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。