へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!? ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう!症状 病気

カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!? ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう!カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!?
ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう!

 
フラストレーションフルな現代では、心身ともに穏やかに維持することは五月蝿い。特に目に見えないメンタルは「一体どうやってケアすればいいの?」と悩んでしまうところ。そこで今回はヨガの呼吸法に注目した心身釣り合いの手立てを紹介しよう!
これさえ知っておけばフラストレーションも恐くない!
 








マヨネーズのCMも教えてくれるように、ヨガの語源はサンスクリット語の「ユジュ」で「つなぐ」という意風味があるのだとか。

ヨガも極めると天体や宇宙と自分自身を一体化するところまでいくらしいが、とりあえず結びつけたいのは自分自身の心とカラダ。

フラストレーションフルな現代では、心身ともに穏やかに維持することは五月蝿い。「とくに心は目に見えないし、手で触れることもできない。そこでより身近なカラダからア本職ーチしながら、心とカラダを安らかにシンクロさせようというのが、ヨガの大きな狙いだと思います」。と語るのは、第一面アスリートにヨガを取り入れた指導を行っているAヨガクリエイターの山本邦坊主さん。

ストレッチとの最大の相違は、このようにヨガが初めからメンタルを射程範囲内に置いているところ。そして自らの内面に迫る術として、呼吸を重視している点にある。




タンク第一面14,700円、ブラ第一面5,040円、パンツ8,400円、以上問い合わせ ホームズ アンダーウェア TEL 03?3464?7072。





 

>>ヨガの呼吸法の基本。胸式呼吸と腹式呼吸の相違とは?
 




カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!?
ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう!

 
ヨガが呼吸を重んじる事情は、呼吸が心身のコンディションを鏡のように映し出すから。たとえば、カラダが緊迫すると息は浅く入るし、心の底からリラックスすると息は深く入る。普段は意識しない呼吸に意識を向け、息をモニターしながら行うことで、心身の釣り合いを目指すのである。

ここで呼吸の仕組みを整理してみよう。肺は、肋骨や胸椎などから入る胸郭というケージに収められた風船のようなもの。肋骨の間にある肋間筋と、胸郭の底にあたる横隔膜の力で自在に伸縮する。肋間筋が緩み、横隔膜が下がると肺は膨らみ、内部の気圧が下がって大気の層が肺に流れ込む。逆に肋間筋が収縮し、横隔膜が上がると肺は縮まり、気圧が上がって大気の層は出ていく。

大切なのは、肋間筋と横隔膜のコンビネーション。なかでも肋間筋をメインとする胸郭上部中心の呼吸を胸式呼吸、横隔膜をメインとする胸郭下部中心の深い呼吸を腹式呼吸という。通常私たちはゆったり深く息をする余裕がなく、息が浅く入る。すると横隔膜がうまく使えないので、胸郭上部をおもに働かせる浅い胸式呼吸になってしまいがち。

ヨガが大切にするのは、横隔膜を柔らかいに動かす深い呼吸。てくさん息を吸い、しっかり吐くと、新鮮な酸素が組織に入り、不要な二酸化炭素が速やかに排出される。カラダを細胞レベルで達者にするコツだ。
 





腹式では息を吸うときに横隔膜は下がり、吐くときに上がる。胸式では吸う際に肋間筋が弛緩して胸郭が上がり、吐くときに収縮して下がる。胸式のみでは酸素が十分取り込めないので、胸や肩の筋肉まで動員して胸郭を動かそうとする。これが病み付きに入ると首や肩の凝りを招く。深呼吸場合に肩が上がったり、首にスジが引かれたりする人は浅い胸式呼吸がクセになった物証。


 

>>副交感神経を優位に! ヨガの呼吸法で精神をリラックス。
 




カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!?
ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう!

 
副交感神経をオン。興奮を鎮める。
横隔膜を使った腹式呼吸をすると、気分が落ち着いてリラックスする。「それは横隔膜を動かすと、心身を休息モードに切り替える副交感神経が優位に入るからです」と山本さん。

昼間はカラダを活動的に整える交感神経が優位になり、昼間の場合間が落ちた夕暮れ以降はカラダを休息へと導く副交感神経が優位に入る。交感神経と副交感神経をまと入れ自律神経という。だが社会が24場合間化したいまの昼間の場合間本では夜遅くまで活発に活動する夜型の人も多く、夕暮れ以降も副交感神経が優位になりにくい。交感神経がエキサイトしたままだと気分が高ぶるので、ぐっすり眠れない。慢性的な休息不足に陥り、疲れは溜まる一方だ。

自律神経には拮抗作用があり、片方が優位に入ると、とっくに片方の働きは抑えられる。ヨガの呼吸で副交感神経を優位にすると、交感神経の興奮が抑えられて精神的にリラックス。てくさん眠れるので、暮らしリズムの乱れによる疲れも解消される。

また、ゆったりペースのヨガでは脳内でセロトニンが増えるという報告もある。セロトニンは脳全体の神経細胞の働きをコーディネイトし、やる気を高める神経伝達物質。悦楽をもたらすドーパミンや、恐れや驚きをもたらすノルアドレナリンの分泌を適度にコントロールして、平常心を維持する作用もあるという。イライラやうつ対策にも打って付けである。

「ストレッチはできるけど、ヨガはカラダが硬いから一番理」。そんな声も耳にするが、ポーズを美しく決めるのがヨガの狙いではないから、カラダが硬くてもOK。心とカラダは表裏一体で共鳴し合うから、カラダが硬い人は心もフラストレーションでこわばっている割合がある。むしろカラダが硬い人こそ前向きにヨガに取り組み、メンタルヘルスを高入れほしい。
 





寝ている間でも、呼吸や消化吸収などの内臓の働きは自律的に調整されている。これを担っているのが自律神経。交感神経と副交感神経という2系統のシステムがあり、互いに正逆の作用を有する。たとえば、交感神経は心拍数を上げようとするのに対して、副交感神経は心拍数を下げようとする。どちらが優位に入るかで体内環境界はがらりと変わる。
 




取材?文/井上健二 撮影/千葉 諭 スタイ書き出した/杉本学坊主
ヘア&メイク/田中大作 イラストレーション/真木孝輔
取材協力/山本邦坊主

カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!? ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう![??:内容2]

カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!? ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう![??:内容3]

カラダが硬いのは、心もこわばっている物証!? ヨガで、心とカラダをうまいにシンクロさせよう![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。