へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウのような足取りだったT?レックス症状 病気

ゾウのような足取りだったT?レックスこのページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
Yahoo! JAPAN向けIE8を今すぐダウンロード(一番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        ゾウのような足取りだったT?レックスナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 6月30昼間の時間(水)16時31分配信  あの凶暴なティラノサウルス?レックス(T?レックス)は、実はすばしこく俊敏な“殺人マシーン”ではなかったとする新たな探求が公表された。恐竜界の“暴君”の神経は、それほどしぶといものではなかったらしい。

         あの凶暴なティラノサウルス?レックス(T?レックス)は、実はすばしこく俊敏な“殺人マシーン”ではなかったとする新たな探求が公表された。恐竜界の“暴君”の神経は、それほどしぶといものではなかったらしい。

         T?レックスの体内を巡る神経交差点の“制限速度”を推測した探求によると、普段のT?レックスはゾウのように、のそのそと歩きまわっていたという。

         背骨を有する脊椎動物がつま先をぶつけると、細長い繊維状の細胞の束で構成される神経を通ってつま先から脊髄へと電気交差点が伝達される。T?レックスの神経を真っ直ぐ探ることはできないため、探求チームは現生のコンパケトのトガリネズミから中型のイヌやブタ、大型のアジアゾウまで、全てのサイズの動物の神経の働きを調査した。

         その結果、神経交差点の基本的な制限速度は体のサイズに関係なく秒速55メートル程度であることがわかった。これが、歩行や走行に不可欠不可欠な神経交差点が動物の足から脊髄へと伝達される速度の限度だ。

         神経交差点の最良速度がこの程度ならば、ゾウなどの大型動物はあまり速く走ることができないか、ほぼ感覚のないまま走ることに入る。

         探求を率いた、カナダのパブナビーにあるサイモンフレーザー大学のマックス?ドネラン氏は次のように説明する。例えば、厚皮動物であるゾウが小石を踏んだとする。もしゾウが速い速度で走っていれば、「妨げ物である小石に動作するより早く、ゾウの足はすでに地面を離れかけているだろう」。

         探求の共編者で、ロンドンの王立獣医大学で恐竜の体の動向を専門に探求するジョン?ハッチンソン氏は、T?レックスについても同様だと言う。

         探求によると、神経束の神経細胞の数と神経交差点の伝達速度はトレードオフの関係にあるという。ゾウのような大型動物が、1歩ずつ足の感覚を感じながらトガリネズミのように素早く振動するためには、直径30メートルもの神経が不可欠と入る。これは明らかに無茶苦茶だ。そのためゾウは、体の動向が遅くて神経が敏感か、体の動向が速くて神経が頭が鈍いかのどちらかと入る。

         バス1台分ほどの体長を持ち体重が6.5トン前後もある標準的なT?レックスの時も、足の感覚を得るためにはじっくりと動かざるを得なかったはずだ。

         T?レックスがゾウのように重たい足取りで歩き回っていたという説は、恐竜の体に関する他の探求とも一致する。例えばある論文では、T?レックスが“速度狂”であるためには、全体重を上回る重さの足の筋肉が不可欠だったはずだとしている。

         サイモンフレーザー大学のドネラン氏も、「ティラノサウルスが俊敏に振動するためには、全身が筋肉であり神経でなければ無茶苦茶だ」と賛成する。

         しかし時には、ゾウもヒトに追いつけるほどの速さで突進することがある。大型恐竜の時も然りだと、王立獣医大学のハッチンソン氏は補足する。「ティラノサウルス?レックスは、どっしりと重々しく不器用でのろまな恐竜では絶対になかった。俊足でなかったとしても、強烈で刺激的な姿で、時には驚くべき狩猟の技を披露していたはずだ」。

         この探求は、「Proceedings of the Royal Society B」誌オンライン版で2010年6月30昼間の時間に公開された。

        Mason Inman for National Geographic News


        T?レックスは幼い恐竜を襲っていた
        一番敵の T?レックスは寄生虫に負けた?
        “南の暴君”、T?レックスの祖先類か
        新類のTレックス:恐竜は南米で分岐
        T?レックスの骨組み標本 (写真集:白亜紀)
        最終書き換え:6月30昼間の時間(水)16時31分ナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 

        ゾウのような足取りだったT?レックス[??:内容2]

        ゾウのような足取りだったT?レックス[??:内容3]

        ゾウのような足取りだったT?レックス[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。