へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

の好みから脱却しよう――代謝機能の評価症状 病気

の好みから脱却しよう――代謝機能の評価代謝とは、ある物質が作られたり分解されたりしながら、ある一定のコンディションを維持する機能を意風味する言葉です。具体的には糖が合成されてグリコーゲンという貯蔵物質になったり、糖が分解されてエネルギーが産生されたりする化学的な動作のことです。

 エネルギー代謝といった時には、食事や飲み物として入ってきたエネルギーが一部は体内での貯蔵と臓器?器官の修復維持に使われ、残りは活動エネルギーとして消費され、入ってくるエネルギーと出てゆくエネルギーがいつも均衡の取れたコンディションにあります。

 そのほかにも脂肪代謝や蛋白質代謝という具合に、身体の至るところでさまざまな化学動作が営まれています。

 時には体内に有害物質?毒物が侵入する時があります。これに対して身体は図のような仕組みで毒物をぼらばらにして一番毒化したり(解毒)、体世間へ排泄する機能があります。このような仕組みは毒物代謝や体内浄化などと呼露見しています。体内浄化のコツとしては1. 十分な水気摂取(心臓や腎臓に妨げがなければ1.5~2リットル/昼間の時間)、2. できるだけ有機減農薬の食材を摂取する(インスタント?レトルト食気品?添加物を避ける)、3.汗をかく(サウナもいいけど運動して発汗する方が良い)、4.便秘をしない、5.食物繊維を摂取する(腸管内の善玉菌をふやします)などです。

 人間の代謝システムは心もとない定なコンディションにもある程度対応できるようにできています。数千年もの間、厳格天然と闘って生き抜いてきたプロセスで食糧不足や飢餓に対して用意は整っています。しかし現代のように飽食の時代と入ると話は別です。食べ過ぎによる過剰のエネルギーをどのように排除するのか、近年ではそれが大きな異常になっているのです。

 口から摂取された脂肪分は消化管内で消化され、脂肪酸という物質に分解され小腸から吸収され、門脈という血流にのって肝臓に運ばれます。脂肪酸の一部は血管の周囲の組織である大網の脂肪細胞に蓄えられます。これが内臓脂肪です。脂肪酸の量が過剰に入ると、いろいろな細胞に分化する才能を有する幹細胞を刺激して、びりびり新たな内臓脂肪細胞が作られるようになります。それぞれの脂肪細胞は脂肪を溜め込んで、肥大化します。

 その結果、下腹部がぽこっと出所した中年太りになってしまうのです。かつて「でっぷりお腹はエグゼクティブの証」と言われた時代もありましたが、今は離れています。でっぷりお腹はメタボリックシンドロームの象徴であり、エグゼクティブとして暮らし病み付きに対する自己管理才能が疑われます。エグゼクティブ=(イコール)メタボの好みから脱却すべきです。

 内臓脂肪細胞はさまざまな働きを有する物質を分泌することが近頃理解してきました(表)。脂肪細胞があまり脂肪を溜め込んでないコンディション(肥大化してない)ではこれらの物質が均衡改善分泌されています。特にアディポネクチンは動脈硬化を予防する大切な働きがあります。しかし栄養過剰ででっぷりお腹となり脂肪細胞が肥大化すると、均衡が狂ってしまい、アディポネクチン分泌は減り、それ以世間の成分は増えてしまうのです。その結果、インスリン抵抗性が増悪、それが引き金になって糖尿病?高脂血症?脂肪肝が発症したり、動脈硬化が進展する(血管年齢の老化)ことになります。

 インスリン抵抗性が高まると、体内の血糖(グルコース)値が上昇します。グルコースと蛋白質が動作すると糖化動作物が生成され、この物質は身体のあちこちで悪さをします。血管の老化、神経の老化、皮膚の老化、目の老化など老化リスク因坊主となります。

 例えば皮膚のコラーゲン蛋白が糖化動作を起こすと、コラーゲンが変性して、皮膚の張り性が失われます。身体の糖化を防ぐコツは1.食事はよく噛み、じっくり食べて、急激に血糖を上げないこと、2.体重?体脂肪を管理してメタボリックシンドロームを是正することです。近頃では抗糖化サプリメント、抗糖化化粧気品が開発されていますが、基本は暮らし療法です。わたしたちの調査では、以前から知られているドクダミ、カモミール、カミツレなどのハーブ種に抗糖化成分が豊富に含まれることが理解してきました。

 そのほか、甲状腺ホルモン?発育ホルモン?IGF-I?蛋白同化ホルモンなどのホルモンが代謝機能に影響します。40歳を過ぎてこれらのホルモンが低下すると、さらに代謝機能が落ち、栄養過剰に対応しにくくなります。

 代謝機能は100点満点のスコアとして評価されますが、いくつになっても80点以上を保ちたいものです。BMIが25以上の人、ウエストが88cm以上の人、体脂肪が多い人(男30%以上、女35%以上)、運動を全然しない人、飲酒量が多い人(1昼間の時間2合以上、毎昼間の時間)はスコアが70点以下に落ちている割合があり要用心。ちなみにBMIは体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))の式で計算できます。すでに検診で糖尿病?高血圧?高脂血症?脂肪肝が指摘されている人はスコアが60%以下なので、至見る間に管理?治していますを行ってくかっこ悪い。

(ITmedia エグゼクティブ)

の好みから脱却しよう――代謝機能の評価[??:内容2]

の好みから脱却しよう――代謝機能の評価[??:内容3]

の好みから脱却しよう――代謝機能の評価[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。