へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガにまつわる「Q&A」 あなたはいくつ知っていましたか?症状 病気

ヨガにまつわる「Q&A」 あなたはいくつ知っていましたか?あなたは知っていましたか?
ヨガにまつわる「Q&A」。

 
完全に私たちの暮らしに浸透したヨガ。でも「ヨガってそもそも何?」「チャクラって?」「なぜアスリートはヨガをやるの?」。これらの疑わしいに即答できる人はそんなにいないはず。そこで、知っていて損はないであろうヨガにまつわるQ&Aをピックアップ。これであなたも今昼間の時間から「ヨガ通」!?










>>クリックで詳細ページへ
>>クリックで詳細ページへ





>>クリックで詳細ページへ
>>クリックで詳細ページへ



 

>>まずは第1問! 「ヨガのルーツと歴史を教えて。」
 




あなたは知っていましたか?
ヨガにまつわる「Q&A」。

 










ヨガがいつどのように始まったのか。現場に居合わせた人はいないので、正確なことはわからない。最古の記録は、インダス文明の都市遺形跡モヘンジョ?ダロの出土気品。印章に坐って瞑想している人の姿が刻まれており、この頃から何らかの形でヨガが成立していたと考えられる。約4500年前のお話だ。

その後、バラモン教を信仰するアーリア人がインドにやってきてヨガと出会い、バラモン教の哲学と融合してヨガは進化する。揺籃期のヨガは瞑想を中心に発展し、最古の教典に結実。はインド哲学の一類サーンキャ哲学に基づき、心とカラダをコントロールして悟りの境界地へ誘う。おなじみのアーユルヴェーダも同じサーンキャ哲学に基づく。「インドでは両者は姉妹のようなものだと考えられています」。

そしてポーズを取るヨガの源流と入るハタヨガが誕生するのは8世紀頃。「ハ」とは太陽=陽、「タ」とは月=陰のことで、陰陽の均衡を整えるのが狙い。カラダを動かすフィットネス系ヨガはハタヨガの影響を少なからず被っている。
 








 

>>知っている人いますか? 第2問「チャクラって何?」
 




あなたは知っていましたか?
ヨガにまつわる「Q&A」。

 










古代インドでも古代中国でも、カラダには目に見えない生体エネルギーが流れていると企てている。インドではプラーナ、中国では“気”と呼露見しており、その最も大切な通り道を各々スシュムナー、督脈という。スシュムナーは、尾底骨から背骨に沿って鶏冠頂部までカラダの中心を貫くように走っている。その上に点在するエネルギーの中核がチャクラ。チャクラとは、サンスクリット語で“車輪”という意風味がある。

「チャクラとは、心とカラダの結びつきが実感しやすいポイントだと思えばいいでしょう。プラーナが“気”だとしたら、チャクラはツボのようなものだと私は捉えています」と綿本さん。

スシュムナーにあるいちばん大事なチャクラは根こそぎで7つ。下から、ムラーダーラ、スヴァディシュターナ、マニプーラ、アナハタ、ヴィシュッダ、アジニャー、サハスラーラである。この第一面7に働きかけて活性化して、心身のコンディションをチューニングする大事な術のひとつが、ヨガのポーズである。

チャクラが活性化されて開くと、生体エネルギーの流れが順調に整い、心身の釣り合いが取れた理想のコンディションに近づく。チャクラを意識して行えばヨガも一層効果的。





7つのチャクラは会陰、膀胱、腹部、胸部、喉、眉間、鶏冠頂にあるという。7つではなく、6つもしくは8つあるという異説も。


 

>>引き続いて第3問!「なぜ第一面アスリートはヨガをやるの?」
 




あなたは知っていましたか?
ヨガにまつわる「Q&A」。

 










ジェリー?ロペス、故ジャック?マイヨール、ヒクソン?グレーシー。いずれ劣らぬ斯界の大物だが、彼らには共通点がある。みんなヨガの名人でもあるのだ。

サーフィンの神様ジェリー?ロペスは、大学の頃からヨガを始めた。初っ端はカラダが硬くて辛かったそうだが、ヨガをやりだして鶏冠で描いた通りのライディングが可能に。そして綿本さんはなんとヒクソンに真っ直ぐ柔術を習った体験の所有者。「なぜやっているのですか?」と尋ねたら、「自分自身を見つけるためだ」という連絡が返ってきたという。

スポーツでは心技体が大切だが、ヨガでは心身の均衡が取れる。またヨガでリラックスすると副交感神経が優位になり、心拍数が上がりにくくムダなエネルギー消費が抑えられ、長くラクに運動できる。アスリートがヨガに目標中に入る所以だ。




 

>>代替医療になりうる? 最後の質問、「医学としてのヨガの割合は?」
 




あなたは知っていましたか?
ヨガにまつわる「Q&A」。

 










医療費をどう抑制するかは昼間の時間本のみならず先進国共通の悩み。そこで注目されるのが代替医療。とくにアメリカではその奥の手としてヨガが脚光を被っている。その治しています効果を調べる〈国際ヨガセラピスト協会〉には全米の医師ら1600人が参加。臨床で成果を挙げている。

代替医療系ヨガの有望株が「書き出したラティブヨガ」。書き出したラティブとは“ココロとカラダを再生する”という意風味だ。「病気で苦しむ人に、五月蝿いポーズをムリに奪ってもらうわけにはいきません。ボルスターなどにカラダの重みを預けてもらい、快適な姿勢で心身をリラックスさせるポーズが中心です」と語るのは、同協会に所属し、昼間の時間本で書き出したラティブヨガ普及に努める伊藤朋坊主さん。狙いは病気の元と入る疲労やフラストレーションの解消。癒されたい人は一度試してみて。






ポストにカラダを預けて脱力するだけ。これなら病気を抱えた人でも労力なく行えそう。
ヨガ?セラピーの第一人者ティモシー?マッコール博士の著書にも書き出したラティブヨガが紹介されている。





取材?文/井上健二 撮影/石原敦希望 イラストレーション/鈴木海太、野口路加
監修/新田 收、
綿本 彰、
伊藤朋坊主




ヨガにまつわる「Q&A」 あなたはいくつ知っていましたか?[??:内容2]

ヨガにまつわる「Q&A」 あなたはいくつ知っていましたか?[??:内容3]

ヨガにまつわる「Q&A」 あなたはいくつ知っていましたか?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。