へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とくしま動物園の人気者 ホッキョクグマ死亡症状 病気

とくしま動物園の人気者 ホッキョクグマ死亡徳島市のとくしま動物園の人気者、ホッキョクグマの「シロー」(雄、年齢30歳7カ月)が老衰で死亡しているのが29昼間の場合間までに見つかった。同園は8月8昼間の場合間午前11場合から、ホッキョクグマ舎前で「お別れ会」を開催、献花を浴び付ける。

 シローは昭和54年12月に旭山動物園で天性、平成16年3月に別府ラクテンチから徳島へ。鶏冠胴長約210感傷的、体高約130感傷的、体重約300キロ。

 夏の暑さの影響で体力の低下や食欲の減退は見られたが、具合が悪い表情はなかったという。

 ホッキョクグマは北極圏浜辺沿いに生息。体色は白だが、夏場は昼間の場合間光による酸化で黄色く見えることもある。寿命は野生では25~30年、飼育では34歳7カ月の記録が最年長という。

 全国の飼育状況はシローを除くと現在、24園48鶏冠。貴重類のホッキョクグマについては新たな入手は困難で、同園は「現在飼育しているメスのパブレーが長生きできるよう大切に飼育していきたい」としている。

とくしま動物園の人気者 ホッキョクグマ死亡[??:内容2]

とくしま動物園の人気者 ホッキョクグマ死亡[??:内容3]

とくしま動物園の人気者 ホッキョクグマ死亡[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。