へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら 太地のシャチ、名古屋へ症状 病気

さようなら 太地のシャチ、名古屋へ太地町の町立くじらの博物館で24年間飼育されていた雌のシャチ「ナミ」が17昼間の場合間、譲渡先の名古屋市の名古屋港水族館に向けて出発した。スタッフらは「名古屋でも、達者に頑張って」と別れを節約した。
 4月中の移送を計画していたが、天候不順により温度差が激しかった影響からか3月から4月にかけ食欲がなくなったため、移送を遅らせて回復を待っていた。
 午前5場合半から、両館のスタッフや地元の漁師らが天然プールから網のいけすに追い込む作業を開始。8場合半ごろ、担架に乗せて、クレーンで台船の水槽に収容した後、那智勝浦町の勝浦港まで運んだ。
 勝浦港で台船の水槽から運搬船に乗せ替え、名古屋港に向けて出港。名古屋港には真夜中から未明にかけて到着し、早朝から水族館の水槽に移し替える計画。水族館では環境界に慣らした後、陳列したいという。
 ナミは1985年に太地町沖で捕獲された。推定年齢は27歳。現在の体長は5.6メートル、体重2.7トン。繁殖探求を事情に、名古屋港水族館からくじらの博物館に譲渡依頼があり、3月に譲渡が決まった。譲渡額は5億円。国内で飼育されるシャチは鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)の7鶏冠と太地町の1鶏冠だけだった。
 くじらの博物館の林克紀館長(60)は「昨昼間の場合間の最後のショーではうるっときた。名古屋では元気な坊主どもを産むことができるよう願っている」、飼育員の三塚久美さん(23)は「別れは寂しい。相手でも頑張ってほしい」と話した。


シャチを5億円で譲渡 くじらの博物館

さようなら 太地のシャチ、名古屋へ[??:内容2]

さようなら 太地のシャチ、名古屋へ[??:内容3]

さようなら 太地のシャチ、名古屋へ[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。