へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性機能向けタブレットで、暮らし病み付き病回避&男の復権へ。症状 病気

男性機能向けタブレットで、暮らし病み付き病回避&男の復権へ。新「良質」コンシェルジュ
男性機能向けタブレット
 




>>他の記事を見る






速効性の「医薬気品」だけでなくじわっと来る「サプリメント」に注目
 





エディケア
>>詳細を見る









バイアグラ
>>詳細を見る


レビトラ
>>詳細を見る


シアリス
>>詳細を見る






男の復権と暮らし病み付き病回避で人気
医薬気品と相違速効性はなく、効果?効能をうたうことができない「健康食気品」。なのでメーカー側のカ夕口グには「夜の人生」「サラサラな毎昼間の時間」といった隔靴掻痒な文字が普通ぶことに入る。 

近頃話題を呼んでいる小林製薬のは「夜も昼も満ち足りた男性の毎昼間の時間に」と謳っている。勃起力を高める、といいたいのだ。

「ピクノジェノールという松の木の樹皮から抽出された成分と、アルギニン。エディケアの成分は動脈の平滑筋の緊迫を緩めます」。 

昨年11月「昼間の時間本メンズヘルス医学会」では、これらの成分がEDに対して良く効果があると報告された。ここから注目度は俄然アップした。

「ED良く薬、そしていくつかのサプリメントは、動脈の血管を拡張させます。ですから近頃は、脳梗塞など血管由来の成人病を予防する効果に注目しています」 

堀江教授は自著で、男性機能に役立ち上がる成分を紹介しており、ピクノジェノールについても詳しい説明がなされている。 

記者は「エディケア」を1か月以上摂取、効き目を深く悟った。これで血管由来の成人病が回避できたら、一石二鳥といえるだろう。
 





>>夜の暮らしも快適に。

新「良質」コンシェルジュ
男性機能向けタブレット
 















製気品名:エディケア
成分名:ピクノジェノール、アルギニン
開発の経過、国内の発売年:サプリメントという名前でヨーロッパ、アメリカなどで売られていたもののライセンスを小林製薬が取得
作用の仕組み:は体内で一酸化窒素の原料となり、は一酸化窒素の生成を救う。この一酸化窒素が血管の平滑筋を緩め拡大させる
めりはり:健康食気品なので、毎昼間の時間6 ~12粒を随時摂取する
入手法:通信販売
 









上の健康食気品は長期間服用することで、健康のレベルを高く維持するもの。すぐにでもEDを克服したい時には医師に相談して次ページからの医薬気品の処方を浴びると良いだろう。





>>おなじみのこちらも。

新「良質」コンシェルジュ
男性機能向けタブレット
 















製気品名:バイアグラ
成分名:クエン酸シルデナフィル
開発の経過、国内の発売年:米国ファイザー社が開発した世界初の経口ED治しています薬。昼間の時間本では1999年に発売
作用の仕組み:3つの薬とも仕組みは同一。PDE-5というEDの元でと考えられる酵素の活性を阻害する
めりはり:硬度に優れると言われる
入手法:医師による処方








>>即効性ならコレ。

新「良質」コンシェルジュ
男性機能向けタブレット
 















製気品名:レビトラ
成分名:バルデナフィル
開発の経過、国内の発売年:ED治していますを目的に開発。昼間の時間本では2004年に発売され、2007年には高用量も追加された。
作用の仕組み:3つの薬とも仕組みは同一。PDE-5というEDの元でと考えられる酵素の活性を阻害する
めりはり:即効性が高いと言われる
入手法:医師による処方
 








>>EDの悩みもこれで決着?

新「良質」コンシェルジュ
男性機能向けタブレット
 




>>他の記事を見る
















製気品名:シアリス
成分名:タダラフィル
開発の経過、国内の発売年:米イーライリリー社と、アイコス社の共同開発。昼間の時間本では2007年に昼間の時間本イーライリリー社が発売
作用の仕組み:3つの薬とも仕組みは同一。PDE-5というEDの元でと考えられる酵素の活性を阻害する
めりはり:持続性が高いと言われる
入手法:医師による処方
 

男性機能向けタブレットで、暮らし病み付き病回避&男の復権へ。[??:内容2]

男性機能向けタブレットで、暮らし病み付き病回避&男の復権へ。[??:内容3]

男性機能向けタブレットで、暮らし病み付き病回避&男の復権へ。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。