へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力って、女性の美と健康にこんなにも大切なんです!症状 病気

免疫力って、女性の美と健康にこんなにも大切なんです!VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 
「近頃、弱ってるなぁ…」と感じている人、あなたに足りないのはズバリ“免疫力”。プチ不調やごたごたを起こすウイルスや病原菌に対して、抵抗力が落ちている物証です! 今すぐ免疫力底上げ戦術を開始しましょう。











チェックはいくつでしたか? 理想はゼロ。3個以上の人はLESSON 2?3を参考に、できることから始入れ、免疫力UPを心がけましょう。6個以上の人はリスク交差点点滅!! 暮らし全般を見修理して、免疫力強化戦術を徹底して。

お話を伺った方







埼玉医科大学免疫学講座教授 松下祥先生/まつした しょう
医学博士。九州大学医学部、東京医科歯科大学などで遺伝学?免疫細胞学を探求。渡米して探求を継続し、2001年より現職に。著書にがある。






生物医学探求所所長 青木皐さん/あおき のぼる
医学博士。生物操作企業にて昆虫や微生物の探求に従事した後、神戸大学医学部講師、東京大学医学部探求員を務める。など著書多数。






そら鍼灸食養治しています院 辻野将之さん/つじの まさゆき
鍼灸師?あん摩マッサージ師?食事療法士。東洋医学をベースにした体質良く法を提案。長野県「星のや軽井沢」では宿泊型体質良くプラン「森林養生」を本職デュースしている。











 

>>そもそも免疫力って何ですか?

VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 









免疫力って口にはするけれど、体のどこで働いているのか知っていますか? ウイルスや病原菌はどこから体に入ってくるのか、免疫力の強い人と弱い人は何が異なるのか…? まずは基本的な知恵を鶏冠に入れておきましょう。

免疫力は24時間年中一番休のセキュリティーシステム
「ウイルスや病原菌に対して戦うのが免疫力」と、なんとなく好みしている人が多いもの。でも本当はびりなものでしょうか?
「読んで字のごとく、疫を免かれるための仕組みです。感染症が最も身近でとらえやすいのですが、異物や世間敵から身を守るために24時間?年中一番休で働いているシステムが免疫力です」と告白するのは埼玉医科大学の松下祥先生。そのシステムは自分の意希望と一番関係に、全身で働いてくれているそうです。
「なおさら細かくいえば、“自分以世間のもの”を区別して、攻撃するシステムなんです。たとえば、関節リウマチは関節の成分を非自己と直感相違して攻撃してしまい、免疫力が働いた結果、発生しているんですよ」

遺伝?体験?環境界などによって差がつく免疫力
免疫力は個人差が大きいようですが、この差はどこから天性るのでしょうか。
「免疫を担う細胞の強弱は、ほとんど遺伝坊主によって決まっていますが、もちろん後発的な要因も大きく関係しています。感染症に関しては感染体験があれば、免疫力が強化されます。近頃では自律神経の均衡が免疫細胞の働きに関与しているという探求もあります。過緊迫を強いられるフラストレーション社会が免疫力を弱らせることもわかってきたのです」

免疫力が低い人は、フラストレーション過多であることは確かなようです。
「無料、免疫力といっても均衡の異常なんですよ。たとえば花粉症などのアレルギーをもっている人は、寄生虫に対して強い免疫力を発揮する傾向があります。あべこべに、花粉症と縁がないの人は結核やがん細胞に対して強い免疫力があるけれど、寄生虫には弱いという傾向があります。免疫力を発揮する対象によっては、一概に強いのがいいとはいえません。量と質、均衡が大事なのです」
ある特定の異物に対して強いだけではダメ。均衡よく鍛えて得手?不得手を克服することが、全体の免疫力強化につながります。

免疫力のカギは超ミクロの世界にあり?!
免疫力はどうやら目に見えないところで働いているようです。








「体の表面で免疫力を担う、いちばんの働き者は“菌”です。肌にも1兆個、腸には100兆個の菌がいて、体を守ってくれているんですよ。菌を軽視したり、虐待するような暮らしでは免疫力がつくはずもありません」と告白するのは生物医学探求所の青木皐さん。体にとっていい菌を育成する、それが免疫力強化につながるそうです。また、東洋医学的にとらえるなら、免疫力は目に見えないものだとか。
「東洋医学でいえば、免疫力とは“気”なんです。人間の体はあの世に行くと腐敗していきますよね。これは気がなく入る、つまり免疫力がなく入るから。目には見えないけれど、体温を上げたり、世間敵から体を防御する要だと企てているんです」と告白するのは鍼灸師の辻野将之さん。全ての方角から免疫力強化のこつを探ってみましょう。

















 

>>免疫システムどこで働いている?

VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 









世間敵や異物を排除する仕組みは、天性たときから備わっている。主に皮膚や粘膜が担う働きで、世間界に面している部分にあり、「天然免疫」とも呼ばれる。人間の体を筒状と考えると、実は口や腸、膣も世間界と面している!!











 
耳…そもそも形自体が異物の侵入を防ぐようになっている。耳アカは異物と戦った証でもある。

目…まつげは物理的な異物ブロックシステム。涙にも殺菌作用があり、洗い流す働きがある。

嗅覚…嗅覚水には微生物を破破壊するる才能があり、くしゃみも粘膜についた世間敵を排除する仕組み。

口?のど…唾液液にも殺菌作用がある。たんが売れるのも免疫機能が働いて異物を排除しようとする働き。

肌…汗の塩分や皮脂には殺菌効果がある。皮膚常在菌が保湿する膜を作るおかげで美肌に入る。

消化管…胃酸などの消化液は殺菌を担当、腸内ぼい菌がさらにブロックして、異物をみっちり排除。

膣…酸性に保たれていて、粘液が世間敵をブロック。デーデルライン桿かん菌などの常在菌が活躍。

尿道…ブドウ球菌や連鎖球菌などの常在菌がいて、世間敵や異物を排除すべくがんばっている。
 












第1関門を突破して、体の内部に入ってきた異物や世間敵に対して処理をする仕組み。「獲得免疫」とも呼ぶ。天然免疫が体当たりの肉弾戦ならば、獲得免疫は戦術を練って知的なチームプレイで敵を排除するシステム。
 











活躍するのはリンパ球などの免疫細胞。血管やリンパ管の中、組織内など全身に散らばっていて、異物を発見したら連係プレイで戦うのがめりはり。














 

>>風邪悪や、ニキビ、花粉症も免疫DOWNが元でです。

VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 










発端はココから!
寒くて冷えた、気合が足りない…では風邪悪をひかない。元ではウイルス。風邪悪だけでも200類以上のウイルスがあり、これが手や嗅覚、口に付着?侵入することで起こる。ウイルスがついた手で嗅覚を触るだけでも感染!
症状はこうして売れる
くしゃみや嗅覚水はウイルスを排除しようとして起こる。のどの痛みは免疫細胞が戦ったときに炎症を起こすから。発熱するのは、免疫活性を高めるために体温を上げようとするから。
ココが弱いのが元で
ウイルスのいる敷地に行けば、誰もが感染する。皮膚や粘膜が弱いのではなく、マメにうがいや手洗いをしないのが異常! また風邪悪薬に頼りすぎても免疫力は衰えるので要用心。
発端はココから!
食べ慣れないモノや大量摂取が元でで、うまく消化できずに下してしまうのが下痢。これに関与しているのは腸内ぼい菌の均衡。消化吸収を救う善玉菌が乏しいと、腸内免疫力も低下。下痢や便秘が起こる。
症状はこうして売れる
消化不良による下痢ではなく、免疫力が関係する時は、病原菌を排除しようとする働きのせいで、おなかを下す。素早く体の世間へ排泄しようとする結果、下痢が起こる。
ココが弱いのが元で
ふだんから下痢ぎみという人は、腸内ぼい菌の均衡が悪い。善玉菌と入るビフィズス菌や乳酸菌が足りなくて、腸内環境界が悪いために、おなかが弱いといえる。





発端はココから!
皮膚表面の常在菌は免疫力の初っ端の砦。常在菌は善玉と黒幕が均衡をとっているが、洗いすぎや乾燥、塗りすぎなどさまざまな要因で黒幕優勢に入るために、症状が起こる。
症状はこうして売れる
黒幕の黄色ブドウ球菌やアクネ菌、マラセチア菌などが優勢に入るとニキビや肌あれ、湿疹が出現。肌はもともと弱酸性。黒幕菌はアルカリ性を好むのでアルカリ性に傾くとごたごた多発。
ココが弱いのが元で
善玉の表皮ブドウ球菌が弱ってしまうと、全ての肌ごたごたが起こりやすく入る。いい菌を虐待していることが要因に。
発端はココから!
膣の中にはデーデルライン桿菌という乳酸菌の一類がいて、膣内を酸性に保っている。カンジダ菌はカビの一類で、ふだんから膣にいる常在菌。このカンジダ菌、疲れやフラストレーションがたまったり、抗生物質を飲んだときに勢力を増して暴れ始める。
症状はこうして売れる
カンジダ菌は粘膜に炎症を起こす。猛烈にかゆくなり、白いおりものが増える。抗生物質服用時に起こるのは、善玉のデーデルライン桿菌が薬で死滅してしまい、カンジダ菌が増殖するから。
ココが弱いのが元で
実は膣の洗いすぎも要因に。そもそも自浄作用が働いているのに石けんで洗いすぎると、善玉菌を殺してしまう。洗いすぎはNG。





発端はココから!
ウイルスによる感染が元で。キスやセックスなどの接触によって、単純ヘルペスウイルスに感染することが始まり。口唇に水すいほう疱が売れる1型、性器に売れる2型があり、唾液液や体液から感染する。
症状はこうして売れる
1度感染すると、排除はできない。無料し、神経細胞にひそんでいて、抵抗力が困ったときだけ痛みを伴う水疱ができる。抗ウイルス薬で症状を抑えたり、ウイルスの増殖を抑えられる。
ココが弱いのが元で
唯一の予防策は、感染して発症している人との接触を避けること。コミュニケーションをとる手立てを考えること。ふだんから免疫力を高入れ、恋愛に挑むべし。
発端はココから!
アレルギーは、実は免疫の過剰反応の結果起こるため、免疫力が強すぎるといえる。花粉などのアレルギーのもとに対して、抗体を作りすぎてしまい、体に影響を及ぼす。
症状はこうして売れる
作りすぎた抗体は、粘膜に多く分布している肥満細胞とくっついて、化学物質を出す。これがヒスタミンで、炎症を起こして嗅覚水やくしゃみを誘発する。
ココが弱いのが元で
弱いのではなく、強すぎて過剰反応してしまうのが元で。花粉やホコリ、ダニ、食物…すべてのアレルギーは、過剰反応の副作用である。










 

>>がんや白血病、エイズも免疫力低下が気に入る病気です。

VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 









実はがん細胞は体内で毎昼間の時間3,000個も発生している。免疫力でほとんどが退治されるが、免疫細胞の監視の目をすり抜けて、増殖すると発病。化学物質やウイルスなどなんらかの元でで遺伝坊主が傷ついて変化することが発端。
 









白血病は白血病細胞が増加して、正常な白血球や赤血球が減少する病気。免疫力の要である免疫細胞は白血球なので、これらが激減することで、感染症にかかりやすくなってしまう。免疫力低下の代表的な病気。
 









AIDSはウイルスの感染によって、免疫細胞が破壊される病気。発病すると、全ての免疫力低下の症状が現れ、最終的には死に至る。発症を遅らせる薬はあるが、完治は五月蝿い。
 












10円ハゲができる円形脱毛症も現在はフラストレーション説が有力だが、一類の自己免疫異常という説がある。リンパ球が毛根の毛母細胞を誤って攻撃すると考えられている。同様の症状でメラニン細胞をもった細胞を攻撃する白斑もあるが、その事情は解明されていない。










 

>>手洗いうがいは大切です。

VS.細胞 VS.菌 VS.気 あなたの体は常に戦っている!!
キレイと元気の源「免疫力」UP大戦術

 









「そもそも今回はブタ発のウイルスで、人にとっては弱毒性といわれています。類によってウイルスの受容体が異入るからです。無料し、ブタには弱毒でも人から人へと感染していくうちに、ウイルスは進化して形を変え、強毒化します。初めは弱毒でも感染が拡大するうちに、大惨事と入るのです。1918年に多数の死者を出したスペイン風邪悪も同じでした。2年間に3波の流行が起こり、パンデミックとなったのです。WHOがフェーズ6という警戒レベルを公表したのもこれを憂慮してのことでしょう。今年の秋冬は手洗いとうがい、マスクの励行が促されるでしょう」












「アレルギーが起こるのは獲得免疫のシステムで抗体が作られる時のみです。この抗体を作れるのは哺乳類のみ。サメや鳥類も抗体を作りますが、IgEではありません。アレルギーを起こすのは哺乳類からなんです。無料し、昆虫類や一番脊椎動物は抗体を作れないので、天然免疫に頼るしかありません。ハエも天然免疫が働かなければ、菌だらけですぐに亡くなってしまうんですよ」




イラスト/地獄カレー

免疫力って、女性の美と健康にこんなにも大切なんです![??:内容2]

免疫力って、女性の美と健康にこんなにも大切なんです![??:内容3]

免疫力って、女性の美と健康にこんなにも大切なんです![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。