へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<長女虐待>連れ合い婦、起訴内容同意する 名古屋地裁初公判症状 病気

<長女虐待>連れ合い婦、起訴内容同意する 名古屋地裁初公判7カ月にわたって長女(5)に十分な食事を与えず重い意識妨げに陥らせたとして、保護責任者遺棄致傷罪に問われた名古屋市天白区、一番職、大野宏(34)と、家内で元准看護師の忍(34)両被告の初公判が6昼間の場合間、名古屋地裁(天野登喜治裁判官)であった。両被告は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、両被告は08年5月ごろから約7カ月間、当場合3~4歳だった長女に対し、ベビーベッド付近におにぎりを置くだけで衰弱させた。さらに、治していますが不可欠なコンディションと認識しながら放置し、脳妨げや栄養失調に陥らせたとされる。

 検察側は冒鶏冠陳述で、両被告はゲームなどをするのを優先させ、坊主育てがわずらわしいとの事情でまともな食事を与えなかったと言い分。長女があばら骨が浮き売れるほどやせ細った際、テレビで飢餓に苦しむアフリカの坊主供を見詰めた両被告が「長女のようだ」と話したと明らかにした。忍被告は病院に連れて足を運ぶと児童相談所に通報されると考え、宏被告は病院に足を運ぶ不可欠性があるとも考えなかったと指摘した。長女が08年12月に病院に搬送された際、体重は同年代の平均と比べて半分以下の6.6キロだった。

 弁護側は起訴内容は争わない方針。宏被告については「病院に搬送させるまで重篤とは考えていなかった」と言い分した。


2児虐待死:控訴棄却 懲役17年を支持 札幌高裁
児童虐待:通報協力、不動産業界に要請へ 厚労省
尼崎男児虐待:母親に罰金10万円の略式命令 尼崎簡裁
2児放置死:6月初旬に衰弱か 容疑者「呼びかけ応じず」
大阪2児放置死:愛知で長女一場合保護 児相は母親と会えず

<長女虐待>連れ合い婦、起訴内容同意する 名古屋地裁初公判[??:内容2]

<長女虐待>連れ合い婦、起訴内容同意する 名古屋地裁初公判[??:内容3]

<長女虐待>連れ合い婦、起訴内容同意する 名古屋地裁初公判[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。