へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代になったら、「お誕生昼間の時間検診」が別嬪のルール?症状 病気

30代になったら、「お誕生昼間の時間検診」が別嬪のルール?自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 
がんなんて自分には関係ない、と思っていませんか? でも誰にでも入る割合がある限り、定期的な検診は自分の体への責任です。たとえば誕生昼間の時間、あるいは思い出昼間の時間に……自分自身を慈しみ愛するためにも、怖がらずおっくうがらず、なおさら検診に足を運びましょう!






>>詳細を見る
>>詳細を見る





>>詳細を見る
>>詳細を見る




>>詳細を見る









ピンクリボンブレストケア
クリニック表参道院長
島田菜穂坊主先生
放射線科専門医?マンモグラフィ認定医?昼間の時間本乳癌学会認定医など。昼間の時間本で“ピンクリボン”運動を始動。診療の傍らこれらの運動など、乳がん撲滅、早期発見のための活動に尽力する。


医学博士
小田瑞恵先生
こころとからだの元気プラザ診療部長?女性のための一生医療センター所長などを務める細胞診察のスペシャ書き出した。著書に


あんどうレディス
クリニック院長
安藤郁枝先生
産婦人科医師?昼間の時間本産科婦人科学会専門医。東京女坊主医科大学病院勤務などを経て、現クリニックを開業。婦人科の悩みから更年期の悩みまで、女性の体をハートフルな視点でサポート。












 

>>自分の体と命を守る第一歩は検診です!

自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 









「坊主宮頸がんは20~30代、乳がんは全年代で増えています。これまで坊主宮頸がんは40代、50代の病気とされていましたが、近頃は妊娠?出産を脉する若い年代に多くなっています。また乳がんにより死亡する人も増加していて、30~50代の女性では死亡元での第一面になっているほど。

坊主宮頸がんも乳がんも、早期に発見して適切な治していますを浴びれば、死に至るような怖い病気ではありません。なのに死亡率が高くなっているのは、検診受診率があまりに低いからです。

昼間の時間本の検診受診率は先進国では最低のレベルで、定期的に浴びている人はごくわずか。一度も浴びたことのない人も余計にいるのが現状です。お手数、時間がない、経費がかかる、心もとない、不可欠がない、など事情はさまざまですが、たとえば坊主宮頸がんがびりな病気かを知っている人は比較的定期的に検診を浴びる傾向があります。

昼間の時間本は女性が自分の体のことを正しく知る機会が少なく、母親も含入れ病気に関する教育を丹念に浴びていないんです。情報不足の結果といえるでしょう」 

乳がんにおいても昼間の時間本の検診受診率の低さは重大な状況のよう。

「たとえばアメリカを例にとると、'80年代に乳がんで亡く入る女性がはるかに増えてきたとき、これは国や自治体が動かないといけないという運動が広まったんです。マンモグラフィを浴びやすいサポート体制が強化され、検診を浴びる人が増え、むしろ検診を浴びることがステイタスにまでなりました。

その結果、'90年代になって乳がんになっても死なない、つまり乳がんによる死亡率がぐんと減ったんです。昼間の時間本はまだその手前の段階。まだ他人事のようで、誰もがなりうる病気だという実感がないように思います。

変だなと感じながらも何もしない人と、すぐに検査をする人との差がいかに大事なもので、早く検査することの有益をみんなが知るようになれば、検査に足を運ぶこと自体が怖くなく入るのではないでしょうか」
 










マンモグラフィの検診受診率は
昼間の時間本が先進国で最低!






乳がんにかかる人の人数は
30代から40代にかけて急増!







各国のマンモグラフィ検診受診率のデータがこちら。昼間の時間本の受診率がこんなに低いのは、なぜなのでしょうか?

乳がんにかかる年齢のピークは40代後半ですが、まだ若いからと油断は禁物! 30代から急増しています。











 

>>MISS世代で気をつけるべきは乳がんと坊主宮頚がん

自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 





 


デー夕提供:NPO法人 乳房健康探求会

坊主宮がんには「坊主宮体がん」と「坊主宮頸がん」の2類類があり、坊主宮頸がんのほうが発症率が高く、若い年代で発症するのがめりはり。

「坊主宮体がんは生理が良好で不正出血のない若い女性ならば、あまり心細いありません。MISS世代なら頸がんに気をつけるべきでしょう。坊主宮頸がんはほぼヒトパピローマウイルスが元でで、SEXにより感染します。

SEXの体験が一度でもある人は感染の割合があるわけですが、ウイルスに感染したからといってみんなががんに入るわけでなく、8~9割の人はウイルスが天然に消えてしまいます。

だからちょっと変化があっても、また正常に引き返したりするんです。しかし遺憾ながらそのウイルスが5~10年くらいずっと持続すると、がんが発症してしまうのです」 

一方、乳がんはさらに増加する傾向にあるそう。

「乳がんに入る人は10年前に比べてほぼ2倍になっています。乳がんのピークは40~50代序盤ですが、35歳を上回ると40代とほぼ同率くらいで発症しています。昼間の時間本では20人に1人の割合で発症するといわれていますが、これは過小評価の数字だと思ってくかっこ悪い。

というのも、昼間の時間本では“私はがんになりました”という発病の時点で登録する制度がなく、発病の登録制度がある特定の地域のデータを参考に全国の人数を推測しているにすぎないのです。

東京や神奈川、大阪などの大都市圏では、なおさら発症率が高いのではといわれています。いずれにしても、もはや珍しい病気ではないことは確か。自分は大丈連れ合いだろうという、雲を掴むとした気持ちでいるのはリスクだということです」











 

>>早期発見なら怖くはないんです!

自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 









「たとえ乳がんになっても、蟠りの大きさが2cm以内でリンパ節への転移がない早期のうちに見つかれば、90%以上は治ります。

何の病気でも早いほうがいいといわれますが、乳がんの時の早期発見の有益は、治る可能性が高く入るのはもちろん、命を落とさなくてもいいがん、非浸潤がんを発見できるということ。これは体のほかの部位にがん細胞が転移しないタイプです。

がん細胞があっても乳腺の中だけでとどまっていれば、命を奪われることはないのです。乳腺から他の大切な臓器にがん細胞が転移してしまうと、たとえば抗がん剤治していますなどつらい治していますを浴びなければなりません。治しています中は通常の暮らしが制限されるし、精神的にも安上がりにもつらい……。

しかし非浸潤がんならがんに冒された部分さえ奪ってしまえば、他の治していますをしなくてすむのですから。また乳がんに入ると乳房を根こそぎ摘出しなければいけないと思っている人が多いのですが、早期に小さいうちに発見できれば症状によっては全摘せずに、温存できるケースも増えています」 

坊主宮頸がんも“いかに早く見つけるか”が鍵。

「検査をしてたとえがんではなくグレーゾーンで見つかったとしても、がんに進むまでには時間があります。また問題が発見されても、超初期の0期の時ならほぼ100%完治します。初期であれば坊主宮を摘出しなくてすむので、丹念に坊主供だって産めるんです。結婚?出産を控えるMISS世代の人ほど、早期発見のためにも定期的な検診を浴びてほしいですね」











 

>>未然に防ぐorチェックの手立てを!

自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 










まず鏡の前に立ち腕前を高く上げて、引きつれ、くぼみ、乳輪の変化がないか、乳首のへこみ、湿疹がないかを確認します。
お風呂時は、石鹸がついた手で触れるのがベター。4本の指を揃え、指の腹と肋骨で乳房を挟むようにし、指を十円玉大の“の”の字を書くように動かします。蟠りや硬いこぶがないか、乳房の一部が硬くないか、脇の下から乳首までをチェック。さらに乳房や乳首を絞るようにして、乳首から分泌物が出ないかを調べます。




「乳がんは体の表面に近い部分に発症するため、自分で接触したり観察することによって見つけることができます。セルフチェックをするタイミングは、生理が始まって5~7昼間の時間目の、乳房の弾力や痛みがなくなりしなやかコンディションのときに行うといいでしょう」

「坊主宮頸がんはウイルス感染が元でなので、防ぐにはコンドーム着用がマストです。SEXパートナーの数が少なくても大丈連れ合いというわけではなく、誰にでも感染の割合があるのですから、SEXのときは是非ともコンドームをつけるように、パートナーに丹念に伝えましょう」











 

>>年一回の検診からはじめよう!

自分の体に感謝して、なおさら自分を愛するために
30代になったら「お誕生昼間の時間検診」のススメ

 





 




「乳がんの初期症状は、蟠りが2cm以下までですが、蟠りができてからその大きさに入るまでにだいたい10年くらいかかります。

30代半ば~40代で2cmのがん細胞を有する蟠りがあるということは、20代半ば~30代からすでにがん細胞があったということ。

と入ると、30歳になったら一度は検診を浴びないと、乳がんの船出を発見する機会を失ってしまうかもしれません。

2~3mmの小さな蟠りがマンモグラフィなどの画像で発見できることもあります。自覚症状がなく、心細いないと思っている人こそ画像の検査を浴びて、見届けておくことが大事。

自覚症状がないうちに定期的に浴びるのが検診の大切なポイント。30代になったら少なくとも年に1回は浴びることが不可欠です」

「坊主宮頸がんは、がんに入る前から発見できるので、予防できるがんといわれています。症状として不正出血などがありますが、初期の段階は一番症状なので、何も症状がないうちに検診を浴びる不可欠があるのです。誰にでも発症する割合があるので、SEXデビューしたら検診はマスト。20歳以上は年1回は必須です!」






Photo: Kanako Hamada
Illustration:Kiyomi Suzuki
Text:Keiko Aoyama
Editor:Miki Kawada,Yoko Horie(MISS)

30代になったら、「お誕生昼間の時間検診」が別嬪のルール?[??:内容2]

30代になったら、「お誕生昼間の時間検診」が別嬪のルール?[??:内容3]

30代になったら、「お誕生昼間の時間検診」が別嬪のルール?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。