へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がんに負けない! 昼間の時間本人の20人に一人以上……これ、現実の数字です。症状 病気

乳がんに負けない! 昼間の時間本人の20人に一人以上……これ、現実の数字です。早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 
昼間の時間本人女性の20人に1人以上がかかると言われている乳がん。でも、早期発見で身を守ることができる病気です。ピンクリボンキャンペーンが行われる10月は、検診を浴びるいいチャンス。また、毎月の自己検診や正しい知恵で、乳がんから身を守りましょう。
 












「乳がんはがんの中で、唯一自分で発見できるがんです。だから、一般の方の意識も高くなってきているのですが、20~30代だと“まだ私には関係ないわ”と思い込んで心細くないですしている人が多い傾向があります」


おっぱいの中の乳腺にできる乳がんは、かかる人が年々増加。しかも30代から増え始めるというデータもあります。遺憾ながら予防策はないのですが、早く見つけることが最善の策。早期発見すれば、命が助かるだけでなく、乳房を残せる手手段法もあるのです。

「かかったら是非とも亡くなってしまう病気では絶対になく、闘って治せる病気です。正しい自己検診を行い、ちゃんとした知恵を持てば身を守ることはできるんですよ」

まだ若いから、と一番興味にならず、今昼間の時間から自分で自分のおっぱいを守りましょう。
 















ピンクリボン?フィッティング?キャンペーンって、何?
ワコールでは、10月中に売り場でのブラジャー試着総枚数×10円を昼間の時間本対がん協会に寄付します。また試着した人には、自己検診の手立てなどをまとめたとオリジナルチャームを贈り物!
>>ワコール「ピンクリボン?フィッティング?キャンペーン」

サイトで、役立ち上がる情報を探して!
NPO法人J.POSHのホームページでは、専門医のいる全国の女性世間来のある病院案内やQ&Aなパンチぐに役立ち上がる情報が。地域?期間限定で検診受診費を補助してくれるスマイルアップキャンペーンの紹介も見逃せない!
>>昼間の時間本乳がんピンクリボン運動
 









お話を伺った方
島田菜穂坊主先生

乳がんの診断?検診を行う「ピンクリボンブレストケアクリニック表参道」院長。放射線科専門医であり、マンモグラフィ認定医。自らが中心となって発足させたNPO法人「乳房健康探求会」副理事長であり、などの著書も多数。






取材?文/栗山香澄 イラスト/杉本祐坊主




 

>>今、30代の乳がんが増えています

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 















 
部位別がん罹患率

女性の時、昼間の時間本人に多いとされる胃がんや結腸がんよりも、乳がんのほうがかかる人は多い。1年間で10万人のうち約65人が乳がんと診断されています。女性独特のがんの中でも、乳がんが圧倒的多数です。


















 

乳がん罹患数年次推移

乳がんにかかった人の数は、1975年には約1万人でしたが、2001年には約4万人に。25年間で約4倍に増加! どの年齢層でも増えていて、今後余計に増えることが見当されています。
















年齢別乳がん罹患率

乳がんにかかる人が多い年代は、40代後半。でも、30代から急激に増加することも見逃せません。育児に追われて多忙なsaita世代も用心するべきです。




 

>>セルフチェック、果たして正しくできていますか?

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 









ちまたにあふれる乳がんの情報。でも、意世間と誤解していることも多いかもしれません。現在わかっている情報をキチンと見届けて!
 









乳房には、母乳を出口まで運ぶ管があり、この管にはブドウのように母乳を作り出す房がついています。この管と房を「乳腺組織」といい、この部分にがんができると、乳がんと診断されます。乳腺組織の量は、是非ともしも胸の大小とは関係なく、胸が小さくても多い人もいます。胸の大きさとなりやすさは関係ありません。
 









蟠りが見つかると、すぐ乳がんを考えがちですが、じつは左の表のような良性の蟠りも。時によっては、手手段が不可欠なものもありますが、がんとはまったく異なるもの。蟠りがあっても、乳がんと診断されることは1割程度。蟠りを見つけても恐れずに医療施設でちゃんと検診して、正しい診断を浴びましょう。
 









乳腺炎
授乳中によく見られる病気。母乳のたまりすぎなどが元でで、ぼい菌感染を起こし組織に炎症が起こったもの。乳首に腫れや赤み、痛みが見られ、乳房が熱を有することもある。抗生物質で感染や炎症を抑えたり、ときには切開してたまった膿を出したりします。

乳腺症
乳腺の病気の中で最も多い。女性ホルモンの影響によって起こり、乳腺が硬くなって蟠りのように感じることがある。30~40代の女性によく見られ、生理が訪れると症状がやわらぐのがめりはり。無料し、触診だけでは、乳がんと区別がつかないので、用心が不可欠。

乳腺線維腺腫
10代後半~30代に多い良性の腫瘍で、さわると硬くてクリクリとよく振動する。がん化することはないが、画像診断や組織診を行う不可欠がある。痛みなどの症状がある時は、手手段が不可欠なことも。

乳腺葉状腫瘍
でき始めは乳腺線維腺腫とよく似ているが、蟠りが見る間に大きく入るというめりはりがある。わずか数か月で10cm以上に入ることも。まれに悪性化して肉腫に入ることもあり、その時は手手段で切除する不可欠がある。乳がんとの区別は困難で、組織診の不可欠あり。
 









イソフラボンという成分は乳がんの細胞に対して効果があり、がん細胞が育たないようにしてくれるという説があります。そのため、イソフラボンが含まれる大豆や豆腐などが予防食に入ると言われていますが、科学的には根拠がありません。遺憾ながら、乳がん予防に効果的な食べ物は今のところ発見されていません。




 

>>何よりも早期発見が大事です

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 












乳がんは肥満の人に多いというデータがあります。脂肪組織から乳がんを促進する女性ホルモンに似た物質が作られると言われているからですが、過度の飲酒は肥満のもと。また、喫煙と乳がんに真っ直ぐの関係はないのですが、タバコは病気の元でである活性酸素を増やすため、がんの一因とも言われています。飲酒も喫煙も、ほどほどに。















母や祖母、姉妹など、2親等以内に乳がんや卵巣がんになったことのある人がいる時は、用心が不可欠です。と言っても、「自宅族に乳がんの人はいないから大丈連れ合い」というわけではありません。乳がんに入る方の75~80%は、自宅族に乳がん病人がいない人。“うちはがん自宅系じゃないから平気”ではなく、危険がなくても気をつけようと考えて。
 









乳がん発症の元でのひとつに、女性ホルモンの「エストロゲン」の刺激を浴びるということが考えられています。しかし、妊娠?出産すると、エストロゲンの刺激を浴びることが減るので、乳がん危険が減ると考えられています。あべこべに、出産が遅いとその分長期間エストロゲンの刺激を浴びるので、危険が増殖します。しかし、これはあくまで規準。検診はちゃんと行いましょう。
 









乳房にできたがん細胞を取る手手段をすれば、治しています終了! ではありません。ほとんどの時は、再発や転移を防ぐために、抗がん剤治していますやホルモン治していますを長年にわたって行わなければなりません。でも、小さながんが早期発見できれば、手手段の不可欠さえないこともあります。




 

>>蟠りが見つかったら、乳腺科へ

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 









毎昼間の時間、胸をさわったり見晴らしたりするだけで、びりな名医が触診してもわからない変化に気づくことがあります。自己検診と言うとお手数に聞こえますが、体を洗う“ついでに”胸もさわってみる、その程度でいいのです。そして月に1度は、生理終了後にイラストのようにしっかりチェックしましょう。
 











チェック手立て
入浴上がりのついでなどに。鏡の前で両腕前を上げて、両胸をよく見る。乳首をちょっぴりつまんで分泌物がないかもチェック。

ここに用心
左右で形の相違がないか、皮膚にくぼみやひきつれがないかなどを確認。乳首に無料れなどがないかもチェックして。
 














チェック手立て
親指以世間の4本の指を揃えて、指の腹と肋骨で乳房をはさむようにして、10円玉大の“の”の字を書くように動かします。

ここに用心
石けんやオイルなどをつけると、なめらかに動向ます。蟠りの硬さは人によって異なるので、昼間の時間々の変化に用心を。
 














チェック手立て
乳首から世間側へ乳房全体に、“の”の字を控えてチェック。わきの下のくぼみの部分まで手が着くように、片腕前を上げて。

ここに用心
乳房をつかまないように、指の腹で押さえる好みで。わきの下、鎖骨の下も見逃さず、蟠りや痛みを探して。
 














チェック手立て
片側の背中の下にクッションや枕などを入れ、胸を中央に寄せて。乳房の世間側から中央へ向けて、揃えた指を滑らせます。

ここに用心
夜寝る前のストレッチなどのときに。乳房の下のほうから鎖骨の下まで、まんべんなく力を均一にしてチェックを。
 












蟠りが見つかったときに、意世間とわからないのが「何科を受診すればいいの?」ということ。もし、目と鼻の先に乳腺科があるなら、そこを訪問してくかっこ悪い。「目と鼻の先には乳腺科がない!」というときは世間科へ。あらかじめ電話で、乳腺の専門医がいるかどうか問い合発言させて行きましょう。定期的に検診を浴びている施設があるときは、まずそこに相談を。なお、乳腺専門医は昼間の時間本乳癌学会のホームページから探すこともできます。
>>昼間の時間本乳癌学会へ




 

>>乳がんをのりこえた人から学ぶこと

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 









乳がんになって初入れわかる苦しみ、大事な人やものがあります。あなたも早期発見の大切さを感じて。
 












Data
本居知花さん
発症年齢 29歳
現在年齢 31歳
自宅族構成 連れ合い、せがれ、連れ合いの両親
手手段手立て 左乳房全摘出手手段















2007年10月 蟠りを発見、超音波検診
2007年12月 出産
2007年12月 マンモグラフィ検診
2008年1月 乳がん発見
2008年2月 左乳房全摘出手手段
2008年3月 抗がん剤治しています第1回目
2008年8月 ホルモン治しています開始




 

>>拠り所てくれる人たちがいたからこそ……

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 
妊娠8か月。出産を控えた幸せなときに、胸に蟠りを発見しました。超音波検診を受験しましたが、妊娠中は乳腺のコンディションが通常と異なるため、この検診では診断がつかないとのこと。まずは出産を終え、それからマンモグラフィ検診を行うことになりました。「たぶん大丈連れ合いなはず」。そのときは楽観的な気持ちだったのです。

ところが、思いもよらぬことが起こりました。出産計画昼間の時間に母が事故死。その悲しみにくれる間もなく出産。そして、計画どおり乳がんの検診が行われ、そこで乳がんと診断されてしまったのです。

実自宅には父と姉がいましたが、母の急死のこともあって、頼れるコンディションではありませんでした。そのため、生後1か月に満たないわが坊主とともに、連れ合いの実自宅にお世話に入ることに。無料でさえ、母のことでつらい思いをしているのに、追い打ちをかけるように乳がんの告知……。なんでこんなつらいことばかり許すのかと、完全に悲観的になってしまって。産後1か月の趣心もとない定なときだったので「坊主供のために生きなくちゃ」という気持ちにもなれず、今後の闘病暮らしや高い治しています費に、心もとないが募る一方。「これから人に迷惑をかけて生きていくのか」と毎昼間の時間号泣していました。
 








そんな私を勇気づけてくれたのは、乳がんになった方々のブログでした。目の前にいないのに、同じ病気の経験を伝えてくれて、力づけられて……。ブログを理解するうちに、「私も乳がんと向き合おう。闘おう」と納得し、いろいろなことを浴び入れられるようになったのです。こうして私の闘病暮らしは始まりました。










 

>>怖がらずに検診を!

早期発見で、身を守ることのできる病気です
乳がんに負けない!~今こそちゃんと知恵を~

 
それでもとてもだったのは抗がん剤治していますです。そんなときでも、坊主供は容赦なく調子をくずしますから、小児科に連れていかなければなりません。脱毛しているから帽坊主をかぶり、体力が困った私に病気が移るととてもなので、マスクをして……とフル装備。無料、何と言っても一番理を重ねることも多くて……。抗がん剤治していますの合間には、ちょっぴりラクに入るのですが、体を休入れいると「坊主育てをなまけていると思われるかな」と気を弾力すぎて…つらいときがありました。今思うとがんばりすぎてたんですね。「とっくにいやだ、つらい」、「私なんか亡くなったほうがいいんだ!」と言って泣き叫んだこともありました。

そんなとき、連れ合いが「今は誰が自宅族から欠けてもダメなんだ。つらいときは自分優先でいいんだから」と言ってくれたんです。おかげで、坊主育ては私だけでするもんじゃない、と考えられるように……。それからは、連れ合いだけでなく義父母にも感謝をしながら甘えられるようになったんです。自分なりのペースで坊主育てができるようになりました。

今はまだホルモン治しています中で坊主供を作れませんが、治していますが終わったらせがれに兄弟を作ってあげたい。そして、将来は、乳房再建手手段をして坊主供たちとプールや海に出たいと考えています。




乳がんに負けない! 昼間の時間本人の20人に一人以上……これ、現実の数字です。[??:内容2]

乳がんに負けない! 昼間の時間本人の20人に一人以上……これ、現実の数字です。[??:内容3]

乳がんに負けない! 昼間の時間本人の20人に一人以上……これ、現実の数字です。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。