へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルスや病気に負けない体に。体温UPに「しょうが」が救世主!症状 病気

ウィルスや病気に負けない体に。体温UPに「しょうが」が救世主!ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 
本誌10月号で特集した「体温1度上げマニュアル」が大好評。その記事の中で体を温める食材として紹介したしょうが。今回は、そのしょうがにクローズアップ! 毎昼間の場合間の生活にしょうがを取り込んで、グングン代謝がアップする手立てをご紹介します。
 












インフルエンザの流行で余計に注目を集入れいるのが、免疫力を高める手立て。体温が低いと免疫力が下がって、ウイルス感染のリスク度が上がります。そこで、楽々に体を温入れくれる“しょうが”をおすすめします!「冷え性ぎみの女性にしょうがをとってもらって、エネルギー消費量の変化を分析したら、しょうがをとらないときよりも約10%アップしました」と、医学博士の平柳さん。しょうがには、“代謝を上げる”他、“胃腸の働きを整える”、“免疫力を上げる”、“活性酸素を取り除く”、“肝機能を強くする”といった健康効果が。

こんなうれしい馬力が満載のしょうがに注目し、しょうがを毎昼間の場合間の生活に取り導入する「ジンジャラー」が急増中。あなたもふだんの生活にしょうがを活用してみて!
 
















平柳 要さん
科学的論拠に基づいた健康食気品を開発?探求する「H&W」代表取締役。医学博士。元昼間の場合間本大学医学部准教授。しょうがの健康効果やダイエット効果などについて探求を継続する。
>>公式サイトへ






金丸絵里加さん
管理栄養士、料理探求自宅。ヘルシーな献立提案がお得意。しょうがは必須アイテムで、割り知ってジンジャーや甘酢漬けなどのストック気品に囲まれて生活ている。著書はなど。






小林邦之さん
経歴20年のパーソナルトレーナー、均整手段師。単独の手法を取り入れたトレーニング本職グラムやダイエット法には定評がある。テレビや雑誌などでも活躍。カラダデザインスタジオ「LAVA」を本職デュース。






取材?文/織本知英坊主、斉藤由利坊主 撮影/有光浩治
スタイリング/三谷亜利咲 イラスト/河村ふうこ




 

>>体を温める、しょうがの不思議を知ろう!

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









免疫力がアップする
しょうがにはぼい菌の増殖を抑える働きや、免疫細胞を活性化させてウイルスへの攻撃力を強くする働きがあります。「インフルエンザなどのウイルスに対する免疫力をさらに高めるためには、温入れ食べたほうが効果的」。

血のめぐりがよく入る
しょうがを食べるとすぐに体がポカポカするのは、お腹を中心に体幹部の血液の流れがよく入るから。これは、主に辛み成分のひとつであるショウガオールの働き。お腹の血行がよく入ると、胃腸の働きが整い消化や吸収もよくなります。

温め効果が3場合間持続する
しょうがを食べた後、体内に作り出された熱エネルギーは、約3場合間持続します。体温が一順番低い朝にしょうがをとれば、前中から体がポカポカに! さらにその後も数回に分けてとれば1昼間温かいコンディションをキープできます。
 








代謝がアップする
エネルギー代謝には、基礎代謝、運動による代謝、食事による食事誘導性熱産生と呼ばれる代謝があります。しょうがを食べると、交感神経の働きが高まり、基礎代謝と食事誘導性熱産生が増加し、それによって、エネルギー代謝がアップします。
 















加熱すると温め効果がアップします! 生のままなら殺菌効果が!
生のしょうがには、殺菌効果の高いジンゲロールが多く含まれています。しょうがを温めると、ジンゲロールが、体を温める効果の高いショウガオールに変化。温め方は、じかに加熱せずに、熱い料理やドリンクに混ぜてもOK。目的に合発言させてうまいに使い分けて。

ポリフェノールを含む食材と一緒にとると、体の末端まで温まります
「しょうがは、主に体の体幹部を中心に温めます。血管を広げて全身の血行をよくするポリフェノールを含む食材と一緒にとると、温かい血液が体の末端の毛細血管まで行き渡ります」。ポリフェノールは、ココアや大豆製気品、色の濃い野菜や果物に含まれています。

1昼間の場合間の摂取量は10gが規準
「しょうがは、1昼間の場合間10g程度で十分ポカポカ効果が得られます。あべこべにとりすぎると胃腸へ労力をかけることに」。10gは大人の親指の第1関節から指先までくらいの大きさ。1食で10gとってもいいし、数回に分けてもOK。多くても1昼間の場合間20g程度を限界にして。




 

>>しょうが入りおやつで坊主どもも達者に

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









気に入る坊主供のカゼやインフルエンザ。予防にしょうがは効果的ですが、特有の辛みが苦手という坊主供も多いはず。そこで、しょうが入りのおやつを作ってみては? 坊主供も気があるなバナナ、マンゴー、レーズン、さつまいもは、それぞれポリフェノールを多く含んだ食材。これらと組み合わせたおやつは美風味しいだけじゃなくて、体の健康にもとっても◎。作り方も容易なレシピを紹介しているので、ぜひ親坊主で作ってみてはいかが?

※体を温める食材には赤色が付いています。
 









しょうが風風味の生地に、マンゴーやレーズンをてくさん加えるのが美風味しさの決め手。ティーパーティのおともとしてもおすすめ!











素材
しょうがのすりおろし4かけ分、
バター 100g、砂糖 60g、卵 1/2個、
薄力粉 160g、割り知ってフルーツ60g








作り方 
1 ボウルにバターを入れて室温におき、やわらかくする。卵は割りほぐす。割り知ってフルーツはそれぞれ湯通しして水けをふき、粗く刻む。
2 泡立て器でバターをすり混ぜてクリーム状にし、砂糖を数回に分けて加えながら、ふんわりするまでホイップする。継続して溶き卵を2~3回に分けて加えて混ぜ、ふたたびふんわりしてきたら薄力粉をふり導入する。練らないようにさっくりと全体を混ぜ、しょうがも加えて混ぜる。全体がしっとりするまでなじませる。
3 生地がしっとりなじんだら2等分し、半分にレーズン、とっくに半分にはマンゴーを加える。それぞれ棒状にまとめ、ラップに包んで冷凍室で20分以上休ませる。
4 天板にオーブンシートを敷き、3を約7mm厚さに切って普通べる。170度に予熱したオーブンに入れて13~15分焼く。

※3のコンディションで冷凍保存可。まと入れ作っておくと便利。




 

>>バナナのポリフェノールと合発言させて効果倍増!

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









ポリフェノールの優等生、バナナ。これを焼いたトロトロ感は感動もの。豆乳の風風味がまろやかな風風情に。











素材
しょうがのすりおろし 小さじ1強、卵 1個、豆乳 3/4カップ、食パン1枚、バナナ 1本、グラニュー糖 大さじ1、シナモン 少々、ミント 少々、バター








作り方 
1 ボウルに卵を割りほぐし、しょうが、豆乳を加えてよく混ぜる。食パンを4等分の三角形に切ってひたし、ときどき返しながら約15分漬ける。
2 バナナは輪切りにする。
3 フライパンを中火で熱し、バター5gを溶かして1を入れて焼く。焼き色がついたら裏返し、バナナを加えてグラニュー糖を全体にふりかける。バナナを途中で裏返し、こんがりと色づく程度にカリッと焼く。
4 器に最盛期、シナモンをふってミントを添える。




 

>>さつまいものポリフェノールでおやつの王様

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









ポリフェノールの宝庫さつまいもを、美風味しく食べるとっておきレシピ。揚げないからヘルシー。黒ごまをてくさんふりかけて召し上がれ。











素材
しょうがのせん切り 1かけ分、さつまいも 中1本、ごま油 大さじ1、砂糖* 小さじ4、しょうゆ 小さじ1強、煎り黒ごま 小さじ1~2

*あれば、きび糖などのさとうきびが原料の砂糖。








作り方
1 さつまいもはよく洗い、皮つきのまま長細い乱切りにして水につける。デンプン質で濁った水は1度かえ、5分ほどさらす。ザルに上げ、水けをしっかりきる。
2 フライパンにごま油を熱し、1のさつまいもを重ならないように普通べ、しょうがをちらし、砂糖をふりかける。フタをして中火にし、ときどき鍋を揺すりながら蒸し焼きにする。
3 さつまいもに火が通ったらしょうゆを加えて混ぜ、焼き色がつくまで混ぜながら炒める。火を止め、黒ごまをふる。




 

>>だんな様の夜食にはしょうが入りの料理を!

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









「しょうがには、脂肪や糖の吸収を抑えて肥満を防ぐ作用や血中脂質のコンディションを良くする作用もあります。メタボリックが気に入る人は特に、しょうがをとることをおすすめします」。

夜、帰宅が遅いだんな様には、低カロリーのしょうが夜食がおすすめ。ビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどを多く含む野菜をてくさん使った容易しょうが夜食。これを食べれば、全身の血行がよく入るので、1昼間の場合間の冷えや疲れがとれやすくなります。

※体を温める食材には赤色が付いています。
 









ごぼう、里いもの根菜に、疲労回復に効果ありの梅干し。ご飯はまと入れ炊いて、冷凍しておくと重宝します。











素材
●しょうがおむすび
しょうがのせん切り4かけ分、米 2合、油揚げ 1枚

A 酒 大さじ1、しょうゆ 小さじ2、みりん 大さじ1/2、昆布茶 小さじ1、塩 小さじ1/2

●梅風風味の根菜汁
しょうがのすりおろし 小さじ1、里いも 小1個、 にんじん 1/3本、ごぼう 40g、和風だしの素 小さじ1/6、梅干し 1個、ごま油、みそ








作り方
●しょうがおむすび
1 米は洗ってザルに上げて30分おく。油揚げはオーブントースターでこんがりと色づくまで約5分焼き、横に半分に切ってから5mm幅に切る。
2 米を電気釜に入れ、目最盛期に合発言させて水加減し、Aを入れて軽く混ぜる。しょうがと油揚げをのせてふつうに炊く。おむすびを作ったら、煎り白ごまと煎り黒ごまをふる。

●梅風風味の根菜汁
1 里いも、にんじんはいちょう切り、ごぼうは小さめの乱切りにする。
2 鍋にごま油小さじ1を熱し、1を中火で炒める。全体に油が回ったら水1/2カップ、和風だしの素、梅干しを加えて約10分煮る。
3 2の野菜に火が通ったら、みそ小さじ1強を溶かして火を放棄する。お椀に最盛期、しょうがをのせる。




 

>>ポカポカ小鍋は冬に嬉しい

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









ほうれんそうに長ねぎ、豆腐、卵、そして桜エビ。ポカポカ効果をしっかり得られる小鍋仕立てです。











素材
しょうがのせん切り1/2かけ分、
ほうれんそう 1/2束、和風だしの素 小さじ1/2、長ねぎ 1/3本、ご飯 100g、絹ごし豆腐 1/4丁(約80g)、卵 1個、桜エビ 大さじ1、しょうゆ、塩








作り方
1 ほうれんそうはゆでて水けをしっかり絞り、食べやすい長さに切る。長ねぎは斜め薄切りにし、卵は割りほぐす。
2 鍋に水1と1/2カップと和風だしの素、長ねぎを入れて中火にかける。煮立ったら火を弱入れしょうゆ大さじ1/2、塩少々で調風味し、ご飯、豆腐を手でくずしながら入れて温める。ほうれんそうを加えて卵を回し入れ、ひと煮立ちしたら火を放棄する。
3 器に最盛期、桜エビをちらしてしょうがをのせる。




 

>>しょうが×きのこで免疫力UP

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









シーフードや白菜のポリフェノール食材に、免疫力アップのまいたけをプラス。











素材
しょうがのせん切り 1/2かけ分、白菜 1枚、にんじん 1/4本、まいたけ 1/3パック、水溶き片栗粉、シーフードミックス 60g、ご飯 130g、ごま油、酒、しょうゆ、塩、こしょう








作り方
1 白菜は芯と葉に分けて食べやすい大きさに切り、にんじんは3cm長さの拍坊主木切りにする。まいたけは食べやすい大きさに裂く。水溶き片栗粉の素材は混ぜ合発言させておく。
2 フライパンにごま油大さじ1/2、しょうがを入れて中火にかけ、香りが立ったらシーフードミックスを凍ったまま、白菜の芯、にんじん、まいたけを入れて強火で炒める。酒大さじ2、水3/4カップを加えて中火にし、煮立ったらしょうゆ大さじ1/2、塩、こしょう各少々で調風味し、白菜の葉も加える。ふたたび煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつける。
3 器にご飯を最盛期、2をかける。




 

>>お風呂剤もしょうが入り!

ウイルスや病気に負けない「しょうが」 で
ポカポカ代謝アップ手段

 









「しょうがの香り成分セスキテルペンには、血管を広げて血液の流れをよくする作用があります」。しょうがのお風呂剤を使えば、汗もてくさん出て、デトックス効果も。







温め効果の高いセンキュウも配合。
「バスクリン薬湯 フローラルジンジャーの香り」 600g オープン値段/ツムラ ライフサイエンス


しょうがにスパイシーなシナモン、ブラックペッパーなどをプラス。
「ゴブリンジンジャーバス」 25g 262円/チャーリー


しょうが、ヨモギ、高麗人参配合のお風呂剤のセット。
「旅行の宿 くすりの湯」 3類類各4包 オープン値段/クラシエ ホーム本職ダクツ








生姜、陳皮、茴香などの生薬エキスとしょうが根精油を配合。
「薬湯しょうが」 750g 脉小売価1575円/オリヂナル


1OO%一順番農薬のしょうがを完全乾燥させて作ったお風呂剤。
「ぽっかぽか生姜の湯」 25g 10袋入り 1500円/大地
















お風呂は胸くらいまで浴槽につかる半身浴がおすすめ。38~39度くらいのぬるめのお湯に20~30分じっくりと。汗をしっかり出せば、体も気分もすっきり。




ウィルスや病気に負けない体に。体温UPに「しょうが」が救世主![??:内容2]

ウィルスや病気に負けない体に。体温UPに「しょうが」が救世主![??:内容3]

ウィルスや病気に負けない体に。体温UPに「しょうが」が救世主![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。