へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要用心! インフルエンザウィルスは、乾燥するこれからの季節、活発化してきます!症状 病気

要用心! インフルエンザウィルスは、乾燥するこれからの季節、活発化してきます!流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 
春の大流行も記憶に新しい新型インフルエンザ。昼間の時間々進化し継続するウイルスの脅威に、心もとないを感じている読者も多いはず……。ということで、正しいインフルエンザの基礎知恵をとっくに一度おさらいしましょう。正確な知恵を持って行動すれば、恐れることはありません!
>>前回の特集ページへ
 






>>クリックで詳細ページへ
>>クリックで詳細ページへ





 
※掲載されている情報は、2009年10月取材時のものです。
 





齋藤玲坊主先生
新潟大学大学院医歯学総合探求科国際感染医学講座?公衆衛生領域講師。昼間の時間本や海世間のインフルエンザの疫学や遺伝坊主解析、薬剤耐性インフルエンザの頻度や臨床的効果鑑定、インフルエンザ?ワクチンの効果についての探求などを行っている。




取材?文/オフィスhana イラスト/SMO




 

>>まずは、情報収集&正しい知恵から!

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 









インフルエンザから身を守るには、まず敵をよく知ること。正しい知恵を身につけておけば、びりなインフルエンザ?ウイルスがやってきても、万全の対策がとれます。間違った固定観念こそ予防の大敵。つねに最新情報の収集を怠らず、しっかり理解しておきましょう!









A 飛沫感染と接触感染の、2つの感染経路があります
せきやくしゃみとともに放出されたウイルスを吸い込んで起こるのが飛沫感染。また、接触感染とは、ウイルスが付着したものに接触した後、その手で目や口に触れることで、粘膜などを便秘気味て感染することを話します。
 









A 大混乱はないと思われますが、ウイルスは秋~冬にかけて活発化するので、細心の用心が不可欠です。
春の新型インフルエンザが夏に収束したのは、ウイルスが高温多湿に弱いからです。冬の乾燥した気象条件は、ウイルスに好工面。一方、私たちは乾燥で粘膜が荒れやすくなり、ウイルスが侵入しやすいコンディションに入るので対策は怠らないように!
 









A 免疫を持っていないために多くの人がかかりやすいのが、「新型」のめりはりです。
毎年流行る「季節性」に対し、「新型」は過去に1度も流行していないものを話します。多くの人がウイルスへの免疫を持たないので、大流行の割合も。無料し、「新型」と「季節性」の双方に、同時に感染するということはありません。
 









A ワクチンは重症化を防ぐもの。“打てばかからない”は間相違!
インフルエンザ?ワクチンを打っても、感染する時があります。あべこべに、ワクチンが浴びられないからといって、パニックに入る不可欠はありません。大事なのは、マスク着用、手洗いなどの基本行動。しっかり実行しましょう。
 









A 遺伝坊主的に大きく変異していませんが、油断は禁物です。
ウイルス自体は変化していないと考えられています。この冬、強毒化する割合は低いでしょう。とは言え、今回の「新型」では、若い人が重症化するケースも。徹底して予防することが大切です。




 

>>世間出先でできることから始めよう

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 









インフルエンザ対策は予防に尽きます。流行時は自宅待機が基本ですが、そうも言っていられないのも事実……。そこで、ここで紹介する世間出先、帰宅時、毎昼間の時間自宅でできる予防法をチェック。徹底して実行して、身を守りましょう!











 
鮨詰めの電車やバス、ショッピングモール、カラオケボックスなど、人との距離がグッと接近する敷地は、インフルエンザ感染の割合大! 流行時は用件のない限り世間出を避け、出かけるときは予防対策を徹底して!












公共の乗り物など、不特定多数の人が1~2m以内で密集し、換気が不十分な敷地では、せきやくしゃみからの感染を防ぐためにマスクを是非ともして! 特に人と対面に入る時は要用心。通勤で公共の乗り物を利用するパパには、毎昼間の時間新しいマスクを持たせてあげましょう。
 









1.マスクは1昼間の時間1枚を絶対に守ら!
マスクは毎昼間の時間新しいものを使うのが基本。もちろん、医療用に使われるサージカルマスクが、ウイルス対策に最も効果的ですが、値段は高め。一般的なもので十分です。
 








2.正しくつけてこそのウイルス対策です!
●マスクをはずすとき
耳にかけたヒモを持って、顔からじっくりはずし、表面をさわらないようにします。
●マスクをつけるとき
布部分を嗅覚からアゴまでを沿わせるようにして覆い、ヒモを耳にかけて固定。















マスクは坊主供用を使い、ママが正しくつけはずしてあげて。マスクがない時は、人と対面に入るときに、ウイルスを含んだつばを吸い込まないよう、ママの胸側に坊主供の口を向けてあげましょう。
 









インフルエンザ流行時は、病院も用心が不可欠な敷地になります。基礎疾患がある方で、定期的に通院をしている人は、その病状に変化がなければ、薬は健康な自宅族が代わりにもらいに行ってあげましょう。厚労省も特別に了解しています。




 

>>水気補給、基本です

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 









冬は大気の層の乾燥とともに、口の中も乾燥し、粘膜が荒れて殺菌効果のある唾液液が出にくくなります。そうすると、ウイルスがのどの粘膜から侵入しやすいコンディションに! それを防ぐには、のどにうるおいを与えてあげることが大切です。特に坊主供や高齢者は乾きがちなので用心して。




 

>>アルコール消毒、まめに

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 









予防の基本は手洗いですが、世間出中は消毒用アルコールも有効。定期的に坊主供の手をきれいにしたり、乳幼児の世話をする前に自分の手を消毒したり……。無料、人の手にはもともとウイルス分解作用があるので、嗅覚水や唾液液がべったりついていなければ、神経質にならなくて大丈連れ合い。




 

>>のどの奥にウィルスあり。世間から帰ったら、うがいが大切!

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと











 
世間出先では不特定多数の人と接触するので、気づかないうちにインフルエンザ?ウイルスに触れている割合も! ウイルスを自宅に持ち込まないためにも、ここでは帰宅時に自宅族みんなでこてこてのいことをご紹介します。












口の中を何回かすすいだ後、のどの奥を洗うように、水を含んで口を開けます。そして上を向いて15秒ガラガラと音を立てて行ってくかっこ悪い。市販のうがい薬がなくても、水道水で十分です。




 

>>15秒から20秒で

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 









ウイルスを体内にめてないために、最も有効的なのが手洗い。その際、殺菌性のある石けんを使うことが大切です。また、ずっと自宅にいる人も手洗いは欠かさないで! 食事の前、お手洗いの後、調理の前などに手を洗うのを病み付き化しましょう。
 












はずしたマスクは放置しない
世間出時に使用したマスクは部屋の中に放置せず、ちゃんとゴミ箱へ捨てましょう。他のゴミと一緒に、ビニール袋にめててから捨てれば、より心細くないですです。










 

>>自宅で毎昼間の時間できることは?

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと











 
新型インフルエンザ?ウイルスに負けないためにも、暮らし病み付きの管理は欠かせません。調子をくずしやすい時期だからこそ、的確な食事、睡眠をとり、万全な調子でのインフルエンザ対策を心がけましょう。












免疫力が高ければ、ウイルスに感染しても症状が出ない時もありますし、重症化を防ぐこともできます。そのためには昼間の時間頃から、均衡のよい食事と、十分な睡眠をとることが不可欠です。食事では、上質のタンパク質を含む食気品やきのこ種、発酵食気品などをてくさんとって!
 









感染とは、ウイルスが体の中に入り、増殖しているコンディション。一方、発症は、ウイルスが増えたことで、のどの痛み、せき、発熱などの症状が出ているコンディション。免疫力が高いと、感染しても発症しないこともあります。




 

>>備えあれば、憂いなし。要チェック書き出した

流行の時期到来! 自宅族の身を守るために……
新型インフルエンザ予防で
今こそちゃんと知っておくべきこと

 











1昼間の時間1枚を基本として、ガーゼタイプではなく、使い捨ての不織布製を準備。坊主供用にはミニサイズを。


自宅室内の消毒や世間出先での消毒用に、持ち運びできるものが便利。


自宅族が感染?発症した時、病人の使用物などを扱うときに着用。












手洗い用に十分な量を準備して。液体、固体どちらでもOK。


自宅族が発症した時、自宅療養のとき、熱を下げるために使用。


流行時は、自宅族の多くが自宅で過ごす時間が多く入るため、十分な量をストック。












感染すると、嗅覚水などの処理のために使用量も増えるので、多めに確保しておく。


世間出時、手洗いができないときに備えて持ち運びする。除菌効果のあるものがおすすめ。


暮らしゴミ用の他、病人が使用したものを密封するため小さなビニール袋も準備しておく。














昼間の時間々、書き換えされる新型インフルエンザ情報はココでチェックしましょう!
感染者が増えるにつれ、その症状やウイルスの変化の状況なども判明してきます。それにより新型インフルエンザ?ウイルスへの対策も変わってくるので、最新情報はマメにチェックして。

厚生労働省 新型インフルエンザ 関連対策情報
>>サイトへ

国立感染症探求所 感染症情報センター
>>サイトへ

都道府県による新型インフルエンザ相談窓口一覧
>>サイトへ

要用心! インフルエンザウィルスは、乾燥するこれからの季節、活発化してきます![??:内容2]

要用心! インフルエンザウィルスは、乾燥するこれからの季節、活発化してきます![??:内容3]

要用心! インフルエンザウィルスは、乾燥するこれからの季節、活発化してきます![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。