へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋トレでカラダは変わる! その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。症状 病気

筋トレでカラダは変わる! その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。筋トレでカラダは変わる!
その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。

 
つらい面もある筋トレだが、真摯に取り組めばカラダは是非とも変わる。つまりきちんとしたトレーニングのやり方を覚え、それをコツコツ実践していけば自分が望んでいるカラダになれるのだ。しかも、継続しているとス夕イルだけでなく、代謝や昼間の時間常暮らしもガラリと変わる。筋肉が能率よく大きく入る事情を覚えたら、理想のカラダをデザインしよう!
 












筋肉がトレーニングで大きく入るのには事情がある。実は、筋力トレーニングという行為は、筋肉を破破壊するることにほかならない。といっても、大きなダメージを与えるのではなく、ごくごく小さなキズをつけるのだ。この小さなキズがついたときには、もちろん一時的に筋力は墜落する。しかし、再びタンパク質を素材にして修復されるのである。そして、このときに従来より強い力が発揮できるように作り変えられるのだ。つまり筋断面積が大きく入るというワケ。で、これを筋肉の超回復と呼ぶ。

まるで河川の氾濫によって木の橋が流されたときに、しっかりとしたコンクリートの橋に架け替えるようなモノ。超回復は、同じ行為をしたときに同じ轍を踏まないため、ヒトが天然界で生き残るためには不可欠不可欠だったのである。つまり、筋力トレーニングというのは、言ってみれば筋肉のスクラップ&ビルドを繰り返却することなのだ。
 











筋肉は超回復によって、従来より強く入るのだ。





トレーニングで筋肉に微小なキズができるとタンパク質を素材にして修復される。このとき従来より強い力を発揮できるように作り変えられる。トレーニング後は、一時的に筋力はダウンし、その後、超回復が起きる。


 

>>トレーニングはどれくらいのペースがベスト?
 




筋トレでカラダは変わる!
その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。

 












ではトレーニングはどれぐらいのペースでやるのがいいのか。毎昼間の時間やってはいけない。筋肉に超回復が起きて、強く入るには時間がかかるのだ。その間、24~48時間。休みなくトレーニングを継続すると、この超回復の時間がなくなり、スクラップ&スクラップになってしまう。ある探求者の実験では、週に2回行ったときが、無能率よく筋力が増したという結果が出所した。

ところが、これは常にベストの状況でできた時の話。昼間の時間常のなかでトレーニングを継続していくと、たとえば気分が乗らなくて、どっちつかずになってしまうこともある。そう入ると週に1回しかトレーニングをできないことに入る。まぁ、週イチでもちょっぴりずつではあるが筋力は上がっていくのだが、能率を考えると週に3回がベスト。1昼間の時間やったら1昼間の時間、あるいは2昼間の時間休んで次のトレーニングを行っていく。こうすればしっかりと超回復も望めるから、能率よくカラダを作れるのだ。

トレーニング頻度と筋肉増加量











トレーニングの実験では2週に1回、週に1回、週に2回、そして週3回で比較した。2週に1回ではほとんど筋肉は増加せず、無膨張したのは週2回だった。昼間の時間常のなかで行うならば週3回がベスト。

※Pollock et al,:1990?1993?1998のデータをもとに作成


 

>>理想のカラダに合った鍛え方ってあるの?
 




筋トレでカラダは変わる!
その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。

 









自分のカラダをデカくしたいのか、シャープにしたいのか。それによって鍛える敷地が変わる。たとえばカラダに厚みを出したいのなら、背中の筋肉をしっかりと鍛える。背中は僧帽筋、広背筋など大きな筋肉があり、能率よく大きくできる。あべこべに厚くしたくないなら、胸や腹などの前面の筋肉をせっせとトレーニングして、背中の回数を減らせばよい。

また、筋肉の質によって、筋肉が大きくなりやすい人とそうでない人がいる。筋肉にはざっくり分けて遅筋と速筋がある。遅筋は血管が多く、持久系で力を発揮する。あべこべに速筋にはそれらが少なく、瞬時に大きな力を出すことが可能だ。そして、遅筋は大きくなりにくく、速筋は大きくなりやすい。自分がどちらの筋肉タイプかを知るためには、高校時代を思い返せばよい。長距離が得意だったら遅筋が、短距離ならば速筋の量が多いと見てよい。遅筋が多い人はトレーニング強度をやや強くして行うほうがよいし、速筋が多い人は強度をやや抑えてやれば筋肉は大きくなりすぎることはない。

アナタは遅筋が多いのか、速筋が多いのか?














細マッチョなら前面。






ガッチリス夕イルなら背面。







カラダに厚みをつけたくないなら、カラダの前面にある大胸筋、腹筋を集中して鍛え、背面にある筋肉のトレーニング回数は少なめに。
 
カラダを大きく、厚く見せたいのなら背中の大きな筋肉、僧帽筋や広背筋をしっかりと鍛える。これらの筋肉が大きく入ると、シルエット通りのガッチリス夕イルに入る。
 





取材?文/鈴木一朗 撮影/山城健朗 スタイ書き出した/松野宗和
ヘア&メイク/須賀元坊主 イラストレーション&CG/眞木孝輔
取材協力/清水 忍

筋トレでカラダは変わる! その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。[??:内容2]

筋トレでカラダは変わる! その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。[??:内容3]

筋トレでカラダは変わる! その事情を知って理想のス夕イルを手にめてよう。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。