へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老化の元では「糖化」にあった!症状 病気

老化の元では「糖化」にあった!シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 
「酸化」が肌や体の老化に大きく影響することは知られていますが、肌老化のシミ、シワ、たるみだけでなく、体の老化まで促進する新元で「糖化」が近頃大きなニュースになっています! 今、「抗酸化」よりも注目すべき!といわれている肌と体の老化を防ぐ「抗糖化」の最新情報をお伝えします。
 











 
「糖化」は「酸化」より肌も体も老化させます!
「糖化」とは、私たちの体内にある大事なたんぱく質と、食事によって摂取した「糖」とが結びつくことで、糖化したたんぱく質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。

「糖化」が進んでいくと、肌を老化させるばかりか、糖尿病などの怖ーい病気につながることもあるのです。

今、医療界では「酸化」よりも「糖化」のほうが美容と健康に大敵、ともいわれています。

“手緩いものをとりすぎたら太る”とは思っていたけれど、まさか肌や体の老化に直結しているとは! 糖分のとりすぎが、美容と健康にここまで悪影響があるとは思ってもいませんでした。

上記の書き出したをチェックしてみてくかっこ悪い。当てはまるものがありますか? チェック項目は、糖分をとりすぎる傾向にないか、また糖分を吸収しやすい暮らし病み付きになっていないかどうか、を聞いています。

チェックがなる項目が多ければ多いほど、「糖化」が進んでいる割合大です。

体と肌の老化防止のためにも、また将来の病気予防のためにも、「抗糖化」を心がけた暮らしをすることが大事。最一番上医学と美容領域で探求されている「糖化」のメカニズムと対策法をお伝えします。
 






「抗糖化」の助言をい無料きました

内科医 久保 明先生
高輪メディカルクリニック院長。東海大学医学部抗加齢ドック教授。厚生労働省薬事?食気品衛生審議会専門委員。






循環器内科医 赤澤純代先生
金沢医科大学21世紀集学的医療センター女性総合医療センター副センター長。アンチエイジング学会評議員。慈豊会理事。






ロート製薬 丹羽岳希望さん
同社事業開発本部で新製気品の開発企画を担当。最新の皮膚科学に基づいた探求を海世間の専門機関などと夕イアップしてして行う。











 

>>糖化の仕組みは?

シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 









「糖化」は、肌や体の老化を促進する元でであることが、さまざまな探求で明らかになっています。肌のシミ、シワ、たるみだけでなく、骨、血管、脳にも影響があるのです。この「糖化」の仕組みを知ることで、糖化防止対策のヒントを得ることができます!

肌と体を老化させる要因はいっぱい!





加齢、糖化、酸化は老化を進める3大要素!
年齢を重ねることで代謝が低下したり、ホルモン分泌が減ちょっぴりて老化します。そこに酸化と糖化が加わると、老化がさらに出足してしまうのです!








糖化の過程






酸化の過程

















年齢と肌のAGEsとの関係は?





年齢とともにAGEsは増えていく!
AGEsは1度できると、分解されることがないため、年齢とともに蓄積。増加傾向にあって、50代になると20代の1.5倍に!









 

>>糖化でアルツハイマーも?

シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 









糖とたんぱく質が体内で結びつき、劣化したたんぱく質に変性する「糖化反応」は肌にも体にもさまざまな影響を及ぼします。久保 明先生と赤澤純代先生のおふたりにお聞きして、世代が今から知っておきたい「糖化」によって起こる症状と病気をまとめました。
 









AGEsの蓄積が病気の元でに!
いかがですか? “糖化=老化”ということがわかると、アンチエイジングのためにも、砂糖や炭水化物を食べるのを控えたくなりますね。「糖化反応は私たちが生存している間中、体の中で繰り返され、糖化によって体内にAGEsという劣化たんぱく質が蓄積され継続し、肌も体も血管も老化していきます」と赤澤先生。

そして久保先生も「年齢を重ねるほど、このAGEsは増えていきますが、過剰に体内に沈着することで、肌だけでなく体へのさまざまな症状や病気の元でになっているのです」と言います。


糖化による影響は肌症状だけではすまない
まず、気になる肌症状としては、糖化が進むと、キメが粗くなり、シワ、くすみの増加につながります。「ほかにも、肌のたるみ、カサつき、ゴワつきなども起こります。肌のターンオーパブ周期も延びるので、肌が天性変わる代謝機能が低下する元でにもなっています。もちろん、糖化による影響は、美容領域だけの話では万事休すません」と赤澤先生。

顔だけでなく、体や血管にも同様の症状が起こるのですから、糖化によって、“体もたるむ”ということです。

そして、美容領域だけでなく、糖化が病気とも関連しているとすると、余計に一番興味ではいられません。


目、脳、血管、骨にも怖ーい病気が
では、糖化が過剰になると、びりな病気になるのでしょうか?

「まず多いのは、血液中の血糖値が高いコンディションが慢性的に許す、糖尿病です。さらには、目、脳神経、血管、血液、骨などにも、糖化は密接に関係していることがわかっています」と久保先生。

「糖尿病なんて初老の女性の人の病気では?」と思っていませんか。油断大敵です。近頃は食暮らしの乱れやライフスタイルの変化、フラストレーション過多で、若い世代の糖尿病も増えているのです。

ほかにも、白内障などの目の病気、脳老化によるアルツハイマー、血管の病気の動脈硬化、骨量減少や骨秘訣粗そ鬆しょう症しょうなど。がんへの影響を示火に油を注ぐる探求もちょっぴりずつ出始入れいます。

糖化の医学的探求が進行すれば進むほど、私たちの体の全ての部分で、糖化が起こり、病気の誘因になっていることがわかってきました。

将来、そんな病気にならないために、美的世代が今から用心したい症状と病気をまとめました。











 

>>糖はコラーゲンを壊します

シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 









「糖化」は避けられない。でも過剰になると……
肌老化にとって、大きな要因になっているのは、醤油世間線、酸化、乾燥。そして、内側からの老化要因が「糖化」です。私たち人間は、食べ物の炭水化物を分解し、糖にすることで、エネルギーとして生存しています。要するに、生きるということは、糖化の影響を浴び継続するということなのです。でも過剰に糖化させないことが大事。糖尿病などで糖化が進んでいる人は、肌のコラーゲン内の劣性たんぱく質AGEs量が多く、肌の張りも低下することがわかっています。
 









コラーゲン線維の張りが低下することで……
肌が糖化すると、コラーゲン線維の張りが低下して肌のハリがなくなり、たるみが起こります。すると、シワになりやすくなり、さらに、肌色のくすみも生じます。肌だけではありません。髪もたんぱく質でできているため、糖化によってコシやツヤがなくなっていくのです。






正常な肌のコラーゲン組織
糖化した肌のコラーゲン組織





正常な肌と糖化が進んだ肌
左は正常な肌のコラーゲン組織ですが、右は糖化した肌のコラーゲン。肌の主要なたんぱく質であるコラーゲンが糖化し、糖化したコラーゲンが蓄積すると、肌は固くなり、シワや黄ぐすみが起こります。
 













世間食、スナック菓坊主、脂の多い食事には要用心
血液中の糖は食事をすると増殖します。けれども健康な人なら、膵臓からインスリンを分泌させ、血中の糖を代謝するため、食後4場合間くらいで血糖値は元に戻ります。ところが、インスリンが不足したり、働きが低下すると、糖がうまく代謝されず、慢性的に高血糖コンディションが続きます。これが糖尿病です。

元ではカロリー過多、運動不足、肥満、フラストレーションに、自宅族性の遺伝坊主、加齢が加わることなどといわれています。
 









糖尿病からさらに神経、腎臓、目の病気などの合併症も
糖尿病の人は、肌に劣化たんぱく質AGEsが多く蓄積されていることがわかっています。さらに、AGEs蓄積が進むと、神経妨げや腎機能低下、白内障、網膜症が発症するリスクが高いとも。もちろん初老の女性の人に多い病気ですが、若い世代にも増加傾向ですので、用心が不可欠です。











 

>>糖と、脳と、目の関係

シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 









「糖化」は避けられない。でも過剰になると……
肌老化にとって、大きな要因になっているのは、醤油世間線、酸化、乾燥。そして、内側からの老化要因が「糖化」です。私たち人間は、食べ物の炭水化物を分解し、糖にすることで、エネルギーとして生存しています。要するに、生きるということは、糖化の影響を浴び継続するということなのです。でも過剰に糖化させないことが大事。糖尿病などで糖化が進んでいる人は、肌のコラーゲン内の劣性たんぱく質AGEs量が多く、肌の張りも低下することがわかっています。
 









コラーゲン線維の張りが低下することで……
肌が糖化すると、コラーゲン線維の張りが低下して肌のハリがなくなり、たるみが起こります。すると、シワになりやすくなり、さらに、肌色のくすみも生じます。肌だけではありません。髪もたんぱく質でできているため、糖化によってコシやツヤがなくなっていくのです。






正常な肌のコラーゲン組織
糖化した肌のコラーゲン組織





正常な肌と糖化が進んだ肌
左は正常な肌のコラーゲン組織ですが、右は糖化した肌のコラーゲン。肌の主要なたんぱく質であるコラーゲンが糖化し、糖化したコラーゲンが蓄積すると、肌は固くなり、シワや黄ぐすみが起こります。
 













世間食、スナック菓坊主、脂の多い食事には要用心
血液中の糖は食事をすると増殖します。けれども健康な人なら、膵臓からインスリンを分泌させ、血中の糖を代謝するため、食後4場合間くらいで血糖値は元に戻ります。ところが、インスリンが不足したり、働きが低下すると、糖がうまく代謝されず、慢性的に高血糖コンディションが続きます。これが糖尿病です。

元ではカロリー過多、運動不足、肥満、フラストレーションに、自宅族性の遺伝坊主、加齢が加わることなどといわれています。
 









糖尿病からさらに神経、腎臓、目の病気などの合併症も
糖尿病の人は、肌に劣化たんぱく質AGEsが多く蓄積されていることがわかっています。さらに、AGEs蓄積が進むと、神経妨げや腎機能低下、白内障、網膜症が発症するリスクが高いとも。もちろん初老の女性の人に多い病気ですが、若い世代にも増加傾向ですので、用心が不可欠です。











 

>>糖と、脳と、目の関係

シミ?シワ?たるみ…老化のサインの元は、酸化だけではなかった!
今、話題の老化防止の新常識を全レクチャー!
肌も体も抗糖化でアンチエイジング

 









血管の壁が厚く硬く狭くなってしまう
動脈硬化とは、動脈が厚く、かつ硬くなって血管が狭くなるコンディション。動脈硬化によって引き起こされる病気が動脈硬化症です。動脈硬化は、主に高脂血症、糖尿病、高血圧、喫煙が元で。が、それだけでなく、糖化によるAGEsが、血管の壁に蓄積することもわかってきました。さらに、AGEsは体内のフリーラジカルを上昇させてしまう作用もあり、動脈硬化はフリーラジカル上昇によって、進行してしまうと、さらに悪循環を起こすのです。
 









心筋梗塞や脳梗塞などダメージの大きい病気も
動脈硬化の症状はかなり進まないと現れません。進行すると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす怖い病気。女性は女性ホルモンが低下する更年期になると、より起こりやすいので、今からまめな対策を。
 













骨コラーゲンのAGEs化によって骨が弱くなる
骨の成分の90%はコラーゲン。骨のコラーゲンも例世間でなく、糖化します。骨にAGEsが蓄積すると、骨がもまくもなったり、骨が新しく天性変わるための代謝を抑制してしまったり……。

骨コラーゲンのAGEs化は、正に骨のぜい弱化を招き、骨密度低下、骨強度低下、骨形成の低下を起こします。
 









今から骨を強くするためにも抗糖化を!
骨の糖化が進むと、骨粗鬆症になるといわれています。

20~30代は骨量が最も多い年代ですが、近頃はダイエットや偏食、運動不足で骨量が減っています。そんなコンディションで閉経を迎えると、骨量は一気に減少。骨粗鬆症へ、まっしぐらです。

今から、抗糖化を心がけた昼間の場合間常暮らしにシフトしましょう。
 







 
骨粗鬆症によって、腰椎がガタガタに!
骨粗鬆症の人の腰椎のレントゲン写真。骨がスカスカなばかりでなく、骨と骨とをつなぐ軟骨も減ちょっぴりてしまっている。

写真提供/高輪メディカルクリニック






撮影/小寺浩之 イラスト/松井晴美
構成?文/増田美加

老化の元では「糖化」にあった![??:内容2]

老化の元では「糖化」にあった![??:内容3]

老化の元では「糖化」にあった![??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。