へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症対策2010! この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。症状 病気

花粉症対策2010! この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 
花粉の侵攻はとっくに間近。座して花粉を待っていても、奴らは手加減をしない。なぜ花粉症に入る人とならない人がいるのか、今年の飛散の量は? びりな薬があるのか、など、冬のうちに花粉対策を身につけ、今年こそ快適な春を迎えようではないか!
 





>>詳細をページを見る



>>詳細をページを見る



>>詳細をページを見る



>>詳細をページを見る


 

>>まず、花粉症に入る人、ならない人の相違は?
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 









花粉症は遺伝的体質が発症の分かれ目と入る。遠藤耳嗅覚咽喉科?アレルギークリニック院長の遠藤朝彦氏によると、「スギ、ヒノキ、ブタクサ、埃なパンチべての異物を含めれば、アレルギーを引き起こす割合を有する人は、全体のおおよそ80%」という。しかし、その8割全員が花粉症を発症するわけではない。そこから、異物に対してすでに抗体を持っている人と、現段階では抗体を持っていない人に分かれる。抗体を有するタイミングは、暮らし環境界や年齢により人それぞれ。花粉の飛散期に天性た人は、抗体を持ちやすいという説もある。

また、抗体保有者でも症状が出ない人もいるし、いつの間にか抗体がなくなってしまう人もいる。発症への過程はさまざまだが、最終的に、抗体保有者が、フラストレーションや大気の層汚染など増悪因坊主にさらされると、発症者と入る。発症を避ける予防法は嗅覚の粘膜の保護。嗅覚の繊毛の働きが墜落すると、大量の花粉が嗅覚の中で溶けやすく入るのだ。なにより元で物質を体内にめてないことが、発症者にならない断然条件である。

花粉症に入る人、ならない人





花粉症は遺伝、暮らし環境界、年齢などの月経的因坊主が相互に作用して発症する。親族にアレルギー保有者がいれば、その坊主孫が抗体を持っている割合は高い。


 

>>薬は対症療法って本当?
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 









服用すれば花粉症が完治する薬は、遺憾ながら開発されていない。投薬はあくまでアレルギー動作を抑制する対症療法だが、花粉症に悩む人間には頼みの綱だ。

市販薬に多く配合されている抗ヒスタミン薬は、大きく分けて2類類に分類できる。クシャミや嗅覚水などの症状に即効性を有するが眠気を提起する、第1世代抗ヒスタミン薬。そして、同じ効果を有するが、眠くなりにくい第2世代抗ヒスタミン薬だ。仕事中ならば第2世代を服用し、花粉症がひどくて眠れない時は第1世代を服用するなど使い分けることも考えられるが、素人がやみくもに薬を服用するのは考えもの。医師や薬剤師と相談し、自分の暮らしサイクルや、症状を話して打って付けな薬を選ぼう。薬の選択は、治しています全体の中の一部。それを認識しておくことが肝要だ。
 








 

>>今年の飛散量、ズバリ多い? 乏しい?
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 









花粉の飛散見当は、環境界省、昼間の時間真剣象協会、東京都などの自治体など各機関で公表されているが、おおむね過去平均を下回る見当が立てられている。昨年10月、いち早く見当を立てた昼間の時間真剣象協会のスギ?ヒノキ科花粉総飛散数は、関東以北では平均の30~70%、東海から九州にかけては平均の70~100%と公表。

一方、環境界省の見当では、東北北部などの一部地域を除く東昼間の時間本は昨シーズンの20~40%、中国、四国、九州の一部などを除く西昼間の時間本は、昨シーズンの30~60%程度に入ると見当。花粉の量は、前年7、8月の天候によって左右されるため、昼間の時間照時間の短かった昨年夏は、花粉の育成には適していなかったもようだ。

毎年、文字通り花粉に泣かされている人々にとっては、今年の見当は胸を撫で下ろす結果だが、花粉の“量”と“大きさ”は別に考えた方がよいかもしれない。

というのも、花粉は冬眠している期間が寒ければ冷えるほど大きく育つという説もあるのだ。花粉が大きければ、それだけアレルゲンと入るタンパク量も増えるため、攻撃力は増してくる。昨年春、気象庁は暖冬見当を公表していたが、昨年の瀬の見当世間の寒気を諦めることはできない。スクスクと花粉がふくらんでいる姿は、想像したくないけど……、油断禁物!

都内9観測地点の飛散花粉数の経年変化





東京都福祉保健局の調べによると、東京都の過去10年平均飛散花粉数は、1平行cm当たり5296個。今年の予測は、環境界省の調べでは1600個とのこと。例年を下回るとはいえ、中程度以上の病人にとっては楽な数値ではない。


 

>>オススメの花粉症対策グッズ?カタログは?
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 









服用して花粉症が完治する薬は遺憾ながら開発されていないが、アレルギー動作を抑制することは可能だ。医師や薬剤師に相談して自分の暮らしサイクルや症状にあった薬を選ぼう。
 













アレルギーの肌ごたごたも良く。
嗅覚と皮膚のアレルギー症状双方に効くOT
C薬。アレルギー症状の元でと入るヒスタミンやロイコトリエンなどの作用を抑えるアゼラスチン塩酸塩配合。花粉症による嗅覚づまり、嗅覚水、クシャミの他、じんましん、湿疹、かぶれによるかゆみ等の皮膚ごたごたにも効果が。症状の軽い早めの時期からの服用がベター。医師、薬剤師と相談を。

《ハイガード》第1類医薬気品。12錠 698円、24錠1,260円。問:エーザイ TEL:0120?161454。






アレルギー性嗅覚炎の症状抑制。
花粉等によるアレルギー性嗅覚炎の嗅覚づまり、嗅覚水に効くスプレータイプの点嗅覚薬。血管収縮作用、充血抑制作用を有する塩酸テトラヒドロゾリンが、嗅覚粘膜の充血や腫れを抑え、嗅覚通りを良く。清涼化剤メントールの香りで、スッキリ感も得ることができる。一定量の薬液を圧縮大気の層により押し出す容器で、嗅覚水があべこべ流せず衛生的。

《ベンザ嗅覚炎スプレー》14ml 1,029円。問:武田薬気品工業 TEL:0120?567087。





 

>>目や嗅覚を洗う薬もあります!
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 













抗ヒスタミン剤配合の洗眼薬。
花粉にまみれて帰国ら、花粉症専用の《アイボン》を。抗炎症作用を有するイプシロン―アミノカ本職ン酸と、抗ヒスタミン作用を有するクロルフェニラミンマレイン酸塩が配合されているので、洗浄だけでなく、アレルギー症状も緩和してくれる。さらに角膜保護作用のコンドロイチン硫酸エステルナトリウムにより、花粉で荒れた瞳も優しくケアされる。

《アイボンAL》500ml 1,260円。問:小林製薬 TEL:06?6203?3625。






ヨガで使われる嗅覚洗浄ポット。
ヨガの世界では、プラーナを通りやすくするための“浄化”として使われるネティポット。使い方は、ぬるま湯に天然塩ひと肴を溶かし、ポットに導入する。片方の嗅覚にポットを差し込み、頬を傾けポット内の水溶液を裏表の嗅覚腔へ流す。裏表側の嗅覚も同様に流し込む。軽量なため、旅行行時などの携帯用としても便利だ。

《ぞうさんネティ》850円。問:TOKYOYOGA青山 TEL:03?6379?1210。





 

>>花粉の侵入を防ぐのも大事です!
 




花粉症対策2010!
この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。

 













イオンの力で花粉を防ぐ。
マスクを着用できない。そんなときは米国特許取得、昼間の時間本特許出願中のこちら。少量のジェルを嗅覚の世間側に塗るだけで、イオンの力でプラスの静電界が発生し、花粉が嗅覚腔内に侵入するのを防いでくれる。指でさっと塗るだけなので、簡単に使用できるのとっくにれしい。1回の使用量はジェル1滴で、1チューブ約150回使用可能だ。

《クリスタルヴェール》3g 1,480円。問:エーザイ TEL:0120?161454。
 
 






超強力吸引&除菌で花粉壊滅。
ウイルスやアレルギー物質などを包み込み、約99%抑制するパナソニック単独のナノイー除菌シリーズ。上位機のこちらは、衣類の繊維の奥に潜む花粉もガンガン除去。花粉などを感知すると、新開発“メガキャッチャー”が働き、下方角から強力に吸引。本体上部からもナノイーを放出し、部屋を徹底浄化! 

《加湿大気の層清浄機 うるおいエアーリッチ F-VXE65》オープン値段。問:パナソニック TEL:0120?878365。
 
 







取材?文/柿原恒介 撮影/千葉 諭 イラストレーション/師岡とおる
監修/遠藤朝彦
取材協力/東京都福祉保健局

花粉症対策2010! この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。[??:内容2]

花粉症対策2010! この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。[??:内容3]

花粉症対策2010! この春は、正しく知って、入るべく楽に過ごしたい。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。