へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今すぐ、知りたい、初物たい! ランニングQ&A症状 病気

今すぐ、知りたい、初物たい! ランニングQ&A今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 
十数年前、フルマラソンへの参加ははるかにシリアスな挑戦だった。余力体力に自信もないし、畏れ多くてとっても一番理。そこで時間がぱったり止まっているアナタ。初物始めたはいいけれど、苦しさばかりでくじけそうなアナタ。走れどもタイムは鶏冠打ち、そろそろ飽きそうになってるアナタ。ここで、心のモヤモヤや素朴な疑わしいに向き合ってみませんか?

走る前に学ぶ! 知恵が染みこめばカラダは動向始める。
無料シンプルに走るだけなのに、人によって相違があるのはなぜなのか? 走ると一体カラダに何が起こるのか? 幸運なことに、ヒトは考え知ることによって持ち前の身体才能以上の成果を出すことができる生き物。初物出す前に、まずは座学。知っておいて損はない基礎知恵のあれこれ、きっとり押さえておきましょう。
 









>>詳細ページへ



>>詳細ページへ



>>詳細ページへ



>>詳細ページへ


 

>>そもそも「歩く」と「走る」の相違って何?
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 









2本の脚を左右替わるがわる出し、カラダを前へと進める。だらだら歩こうと、ビュンビュン走ろうと、この反応には変わりがない。

ところが、ものごとは異入る視点で捉えてみると、まるで違って見える。力学的に言うと、歩くと走るのとでは決定的な相違があるのだ。

歩行という反応は、片足を地面に着地させ、体重を拠り所ているときにやや重心が上がり、重心が下がったときにその軸足が地面から離れる。軸足を中心とした振り坊主のような運動だ。

これに対して走るという反応は、軸足が地面に接しているとき、カラダと地面との距離が最も短くなり重心もぐっと墜落する。軸足が地面から離れるときには、その反動によって重心が上がる。1歩ごとにバネが縮んで伸びるような動向。

スプリントのように、接地する瞬間の力が大きければ大きいほど、膝がメロディーがらないように脚の筋肉を猛烈に稼働させて、硬いバネを作る不可欠がある。長距離を走るときは、接地の瞬間、それほど踏ん張らなくてもバネの動向を能率的に利用して進行すれば事足りる。

では、次にエネルギー能率の点から、歩くと走るの相違を見てみよう。まず、時速5kmのお散策感覚で歩いてみる。とっても快適、心拍数もそれほど上がらず、疲れもほとんど感じない。ところが時速6~7kmに速度アップすると、たちまち発揮されるエネルギーが跳ね上がる。競歩レベルともなれば、走るより大きなエネルギーが不可欠になってくるほどだ。歩く速度を極端に遅くしても同様に、たちまち不可欠と入るエネルギーは大きく入る。歩くという反応は、快適に感じられる速度のレンジが実に狭いのだ。
 









下のグラフは、重心の上下動を表す位置エネルギーと運動エネルギーの総量。歩くときはフラットコンディション。走るときは着地時に重心が落ち、速度も遅く入る。





SaibeneとMinetti, Eur. J. Appl. Physiol. 2003




ランでは接地時に重心が下がり、バネのような反動が生じる。






歩くという反応は、軸足を支点にした振り坊主の動向。





 

>>「走る」ってこういうことだったんだ!
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 









2本の脚を左右替わるがわる出し、カラダを前へと進める。だらだら歩こうと、ビュンビュン走ろうと、この反応には変わりがない。

ところが、ものごとは異入る視点で捉えてみると、まるで違って見える。力学的に言うと、歩くと走るのとでは決定的な相違があるのだ。

歩行という反応は、片足を地面に着地させ、体重を拠り所ているときにやや重心が上がり、重心が下がったときにその軸足が地面から離れる。軸足を中心とした振り坊主のような運動だ。

これに対して走るという反応は、軸足が地面に接しているとき、カラダと地面との距離が最も短くなり重心もぐっと墜落する。軸足が地面から離れるときには、その反動によって重心が上がる。1歩ごとにバネが縮んで伸びるような動向。

スプリントのように、接地する瞬間の力が大きければ大きいほど、膝がメロディーがらないように脚の筋肉を猛烈に稼働させて、硬いバネを作る不可欠がある。長距離を走るときは、接地の瞬間、それほど踏ん張らなくてもバネの動向を能率的に利用して進行すれば事足りる。

では、次にエネルギー能率の点から、歩くと走るの相違を見てみよう。まず、時速5kmのお散策感覚で歩いてみる。とっても快適、心拍数もそれほど上がらず、疲れもほとんど感じない。ところが時速6~7kmに速度アップすると、たちまち発揮されるエネルギーが跳ね上がる。競歩レベルともなれば、走るより大きなエネルギーが不可欠になってくるほどだ。歩く速度を極端に遅くしても同様に、たちまち不可欠と入るエネルギーは大きく入る。歩くという反応は、快適に感じられる速度のレンジが実に狭いのだ。
 









下のグラフは、重心の上下動を表す位置エネルギーと運動エネルギーの総量。歩くときはフラットコンディション。走るときは着地時に重心が落ち、速度も遅く入る。





SaibeneとMinetti, Eur. J. Appl. Physiol. 2003




ランでは接地時に重心が下がり、バネのような反動が生じる。






歩くという反応は、軸足を支点にした振り坊主の動向。





 

>>「走る」ってこういうことだったんだ!
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 









たとえば、あなたが明昼間の時間から初物だしたとしよう。昼間の時間頃、何の運動もしていないとすれば、初めは正直、ちょい辛いかもしれない。

5分か10分走っ無料けで、息はゼーゼー脚はパンパン、カラダはたちまちフラストレーションに曝されてしまう。だが、ここで挫けてしまうか否かが運命の分かれ目。定期的に初物継続していくことによって、カラダには確実に変化が訪れるからだ。

ゼーゼーしていた呼吸は、ちょっぴりずつ楽に入る。毛細血管が発達し、カラダの隅々にまで栄養と酸素が送り込めるように入る。同時に心臓のポンプ機能も強化され、いっペんに摂取する酸素、排出する二酸化炭素の量が増えていくのだ。

パンパンに硬かった脚の筋肉は、柔らかくほぐれたコンディションのまま初物切ることができる。初っ端はジョグ程度のレベルでも、カラダにとっては高強度の運動で、いわば一番酸素運動レベル。つまり速筋が主に使われることで乳酸が血液中に溜まって、筋肉が硬くなってしまう。運動強度が高すぎると、体内で乳酸の分解処理才能が追いつかなく入るのだ。

が、やがて初物継続しているうち、ジョグ程度なら嗅覚歌交じり。こうなったらしめたもの。血中濃度が一定量以内の乳酸はエネルギー生成サイクルに取り込まれて再利用され、二酸化炭素と水に分解されて体世間に排出される。つまり、同じ速度、同じ距離を走っても、格段に疲れにくいカラダになれるというわけ。

その他、筋肉や骨、脳やホルモンなど、初物継続することで得られる恩恵は数多い。となれば、あとはできるだけ労力の乏しい手立てで、着実にランにカラダを慣らしていくのみ。




 

>>ランニングを継続することで、カラダの内側に起こるドラマチツクな変化とは?
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 









たとえば、あなたが明昼間の時間から初物だしたとしよう。昼間の時間頃、何の運動もしていないとすれば、初めは正直、ちょい辛いかもしれない。

5分か10分走っ無料けで、息はゼーゼー脚はパンパン、カラダはたちまちフラストレーションに曝されてしまう。だが、ここで挫けてしまうか否かが運命の分かれ目。定期的に初物継続していくことによって、カラダには確実に変化が訪れるからだ。

ゼーゼーしていた呼吸は、ちょっぴりずつ楽に入る。毛細血管が発達し、カラダの隅々にまで栄養と酸素が送り込めるように入る。同時に心臓のポンプ機能も強化され、いっペんに摂取する酸素、排出する二酸化炭素の量が増えていくのだ。

パンパンに硬かった脚の筋肉は、柔らかくほぐれたコンディションのまま初物切ることができる。初っ端はジョグ程度のレベルでも、カラダにとっては高強度の運動で、いわば一番酸素運動レベル。つまり速筋が主に使われることで乳酸が血液中に溜まって、筋肉が硬くなってしまう。運動強度が高すぎると、体内で乳酸の分解処理才能が追いつかなく入るのだ。

が、やがて初物継続しているうち、ジョグ程度なら嗅覚歌交じり。こうなったらしめたもの。血中濃度が一定量以内の乳酸はエネルギー生成サイクルに取り込まれて再利用され、二酸化炭素と水に分解されて体世間に排出される。つまり、同じ速度、同じ距離を走っても、格段に疲れにくいカラダになれるというわけ。

その他、筋肉や骨、脳やホルモンなど、初物継続することで得られる恩恵は数多い。となれば、あとはできるだけ労力の乏しい手立てで、着実にランにカラダを慣らしていくのみ。




 

>>ランニングを継続することで、カラダの内側に起こるドラマチツクな変化とは?
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 









何はともあれ理屈抜きで初物始めよう。気持ちよければそれで十分。その気持ち、よ~く分かるが、何と言っても忘れちゃならないのがフォームの大切さ。

よく陥りがちなのが、疲れてきたときに一番意識に腰が墜落するというクセ。分かっちゃいるけどしようがない。だって疲れてるんだもん。

実はこれが悪循環のもと。腰が墜落するということは、骨盤が後傾しているということ。つまり、骨盤に乗っている腰椎がその分背後にズレて、正しいフォームに比べ、股関節と腰椎の間に距離が天性る。

すると、骨盤にブレが生じ、それを補おうとする余計な筋活動が不可欠になってくるのだ。女性がハイヒールを履いたとき、骨盤のフラつきを付け足すため、ふくらはぎや腿の筋肉が疲れてしまうのと同じ理屈。

骨盤を立て背すじはまっすぐ。これが疲れ知らずの初物方の基本。





左は股関節と腰椎の距離が目と鼻の先、骨盤がブレないフォーム。腰が落ちて背中がメロディーがった右の姿勢では、筋肉に余計な労力がかかりやすい。


 

>>走る前の水気補給はなぜ不可欠?
 




今すぐ、知りたい、初物たい!
ランニングQ&A

 












走って汗をかくのは、まっとうな月経現象。それが皮膚レベルで発汗しているのなら異常はない。無料し、体温が40度以上に入ると、細胞の内側や世間側にある水気が失われ始める。これが、かなりヤバい。

体内のナトリウムが失われるのでやたらに喉が渇いてくる。喉が渇いたという時点で、すでに脱水コンディションに陥っているのだ。

こうして血液の粘度が増し、カラダに行き渡らなく入ると、目まいや嘔吐感などさまざまな症状が表れる。長時間ランの時は、走る前、走っている最中、走った後に是非ともこ積極的に水気補給を。

運動の前後に体重を測り、カラダから失われた水気量の確認を忘れずに行おう。
 
















1kg分の水気が失われると、喉の渇きというリスク交差点が。この時点ですぐに水気補給を。
 
 
2kg分の水気が失われると、鶏冠痛、目まい、嘔吐感などの症状が。そのまま継続すると命に関わる事態にも。
 
 





取材?文/石飛伽能 撮影/千葉 諭
スタイ書き出した/小沢美由紀 ヘア&メイク/村田真弓
イラストレーション/安ケ平正哉、タジマヤスタカ
監修/川上泰雄、小林 海
牧野 仁
撮影協力/昼間の時間本エアロビクスセンター

今すぐ、知りたい、初物たい! ランニングQ&A[??:内容2]

今すぐ、知りたい、初物たい! ランニングQ&A[??:内容3]

今すぐ、知りたい、初物たい! ランニングQ&A[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。