へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹マイナス3cm! くびれを作る呼吸法症状 病気

お腹マイナス3cm! くびれを作る呼吸法肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 
毎昼間の場合間の呼吸を変換することで胸下から腹部までの骨組みを引き締め、フラットで細いウエストにチェンジ。さらに歪んだ骨盤を矯正することで新鮮な酸素を全身に送れるようになり、痩せやすい体に早変わりする!















「いくら運動をしてもお腹が痩せない」という人は、まず呼吸を変更しないとダメ! フラストレーションフルな毎昼間の場合間のなかで、呼吸はびりびり浅くなっていきます。息をしっかりと吐ききらないままだと、肋骨が隔たりっぱなしのコンディションに。すると胸下からお腹までの幅が広くなり、脂肪を溜め込みやすくなってしまうんです。その結果、腹部が緩んだ寸胴ウエストに」

私たちが24場合間行っている呼吸。この当然の行為を見訂正するだけでウエストが細くなるなら、やらない手はない!

「常に意識をして息を長めに吐くようにしましょう。吐くときは、お腹を極限までぺちゃんこにするのがポイント! 十分に息を吐くことで、息を深く吸うことも可能になります。このように呼吸を変換するだけで、お腹がフラットなコンディションに。正しい呼吸を行えば、みずみずしい酸素が全身に行き渡って脂肪代謝が上がり、体がみるみる痩せやすくなっていきますよ」
 






>>クリックで詳細ページへ
>>クリックで詳細ページへ




>>クリックで詳細ページへ
 








石井 泉さん
個人別のア本職ーチで体の悩みを最短で決着すると評判のピラティスサロンオーナー。
>>公式サイトへ






 
矢野あやこさん
所属ボディセラピスト。プライベートサロン運営。効果テキメンな施手段に定評がある。






イラスト?毛利みき




 

>>もともと体内にある“矯正下着”的役割の筋肉を鍛えよう

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









「深い呼吸を行うと、腹横筋というインナーマッスルが使われ、肋骨をしっかり開いたり締めたりできるようになります」

腹横筋とは、腹筋群の中でも一順番奥にある筋肉のこと。肋骨の開閉に作用するだけではなく、お腹が出ないように引っ込入れ、ガードルのように圧をかけてホールドしてくれる役割もある。つまりここを鍛えると、ウエスト全体が締め上げられたようになり、なんと、お腹が平均2~4.5cmは細くなるのだそう!

「息を吐ききり、肋骨を締めることを病み付きづければ、驚くほどウエストが薄く平らになっていきますよ。腹筋運動で見詰めた目の筋肉を調整するのは、腹横筋を鍛えた後。そうでないと、太い胴体の上に、ぶ厚い筋肉を乗せることとなり、ウエストが余計に太くなってあべこべ効果! だから、ハードなエクササイズをする前には、是非とも呼吸を変えて腹横筋を鍛えましょう。そうすることで大幅なウエスト痩せが可能になります」
 













肋骨は、肺や肝臓など胸の周囲にある内臓を取り囲んで守っている骨。両側に12本ずつ計24本の骨でできている。腹横筋を使用することで開閉し、しっかりと締め上げることでくびれのある美しいウエストが甦る!






腹横筋は、肋骨下部から恥骨までの腹部全体を筒型に包むコルセット状の筋肉。お腹全体を引き締める役割があるウエスト痩せの立俳優! 腹直筋や腹斜筋などの腹筋群の深部にある。





 

>>体内の酸素次第でぽっこりお腹にさよならできます

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









「深い呼吸を行うと、腹横筋というインナーマッスルが使われ、肋骨をしっかり開いたり締めたりできるようになります」

腹横筋とは、腹筋群の中でも一順番奥にある筋肉のこと。肋骨の開閉に作用するだけではなく、お腹が出ないように引っ込入れ、ガードルのように圧をかけてホールドしてくれる役割もある。つまりここを鍛えると、ウエスト全体が締め上げられたようになり、なんと、お腹が平均2~4.5cmは細くなるのだそう!

「息を吐ききり、肋骨を締めることを病み付きづければ、驚くほどウエストが薄く平らになっていきますよ。腹筋運動で見詰めた目の筋肉を調整するのは、腹横筋を鍛えた後。そうでないと、太い胴体の上に、ぶ厚い筋肉を乗せることとなり、ウエストが余計に太くなってあべこべ効果! だから、ハードなエクササイズをする前には、是非とも呼吸を変えて腹横筋を鍛えましょう。そうすることで大幅なウエスト痩せが可能になります」
 













肋骨は、肺や肝臓など胸の周囲にある内臓を取り囲んで守っている骨。両側に12本ずつ計24本の骨でできている。腹横筋を使用することで開閉し、しっかりと締め上げることでくびれのある美しいウエストが甦る!






腹横筋は、肋骨下部から恥骨までの腹部全体を筒型に包むコルセット状の筋肉。お腹全体を引き締める役割があるウエスト痩せの立俳優! 腹直筋や腹斜筋などの腹筋群の深部にある。





 

>>体内の酸素次第でぽっこりお腹にさよならできます

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









「深い呼吸を行うと、腹横筋というインナーマッスルが使われ、肋骨をしっかり開いたり締めたりできるようになります」

腹横筋とは、腹筋群の中でも一順番奥にある筋肉のこと。肋骨の開閉に作用するだけではなく、お腹が出ないように引っ込入れ、ガードルのように圧をかけてホールドしてくれる役割もある。つまりここを鍛えると、ウエスト全体が締め上げられたようになり、なんと、お腹が平均2~4.5cmは細くなるのだそう!

「息を吐ききり、肋骨を締めることを病み付きづければ、驚くほどウエストが薄く平らになっていきますよ。腹筋運動で見詰めた目の筋肉を調整するのは、腹横筋を鍛えた後。そうでないと、太い胴体の上に、ぶ厚い筋肉を乗せることとなり、ウエストが余計に太くなってあべこべ効果! だから、ハードなエクササイズをする前には、是非とも呼吸を変えて腹横筋を鍛えましょう。そうすることで大幅なウエスト痩せが可能になります」
 













肋骨は、肺や肝臓など胸の周囲にある内臓を取り囲んで守っている骨。両側に12本ずつ計24本の骨でできている。腹横筋を使用することで開閉し、しっかりと締め上げることでくびれのある美しいウエストが甦る!






腹横筋は、肋骨下部から恥骨までの腹部全体を筒型に包むコルセット状の筋肉。お腹全体を引き締める役割があるウエスト痩せの立俳優! 腹直筋や腹斜筋などの腹筋群の深部にある。





 

>>体内の酸素次第でぽっこりお腹にさよならできます

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









呼吸法をマスターしたら、おへそを背中側へ引き寄せ、膣に力を入れて呼吸しよう。骨盤が安定するとぽっこりお腹も矯正でき、ウエスト痩せにさらに効果が。
 









1 鶏冠?首?背筋を伸ばしてまっすぐに両足で立ち上がる。お腹はできる限り平らに維持する。顎と肩が上がらないように用心。足の間は取っ手こぶし1個分あける。
 













2 恥骨を前に出し、下半身を引き締める。
下腹部を凹ませておへそを背骨に近づけ、お尻の筋肉を引き締める。恥骨を前に出して、お尻の穴を緊迫させて締める。太ももの前の筋肉に頼らないように。






3 太ももを巻き込みお尻のエクボを作る!
太ももを世間側から背後へ巻き込むように力を入れて締める。細いデニムを下腹部に力を入れてはくときの好み。(2)よりも、なおさらお尻に力がなる。

back style お尻をキュッと極限まで締める!
背後から見ると、臀部に力が入りしっかりとくぼみができるくらい、ギュッと力を入れて。
 






この姿勢で10秒吸って10秒強吐く×1set
慣れてきたらできるだけ多くトライ!




 

>>バレリーナ気分でつま先立ちエクサにトライ

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









Step2の姿勢をキープし、脚の筋肉を正しく使用する“プリエエクササイズ”でさらに負荷を上げよう。背筋を伸ばしたまま、深い呼吸を維持するのが鍵。
 













1&9 Step2の体勢で10秒かけて息を吐く。
まっすぐ立って、背筋を伸ばして下腹部を緊迫させる。息は口から「ハー」と吐ききる。
 






2&8 10秒で息を吸いながらつま先立ちになる。
背筋をメロディーげたり、前に傾いたり、肩を丸めたりしないように用心。息は、嗅覚から吸うこと。
 














3&7 つま先立ちで膝をメロディーげ、10秒かけて息を吐く。
膝が足の向きと同じ方角になるよう用心。グラついたら、下腹部の力が抜けている物証。
 






4&6 かかとを床に戻し10秒で息を吸う。
肩が緊迫して上がらないように意識して。背骨がまっすぐのままか再び姿勢をチェック!
 











5 初っ端の体勢に戻り、10秒かけて息を吐く。
顎が上がっていないか再度確認。その後(6)→(7)→(8)→(9)と呼吸とともに反復して終了。

1~9を×1set
慣れてきたらできるだけ多くトライ!










 

>>なおさらくびれがほしい人は、バスタイムも有効に!

肋骨引き締め呼吸
呼吸でコアの筋肉を鍛えて1か月でマイナス3cm!

 









ダイエットをしても落ちていくのはバストばかり、というのはよく聞く話だが……。

「胸の脂肪が落ちやすいのは、しなやかため。しなやか肉から墜落するのがダイエットの常識です。つまり硬くて落としにくいお腹の脂肪も、揉みほぐせば落ちやすくなります。そこで、体脂肪を温入れくれるバスタイムでボディシャンプーを一順番くなってケアして。無料し浴槽で行うのは、筋肉疲労を起こすのでNG。洗い場で行ってくかっこ悪い。浴槽で体を温入れから、洗い場でマッサージ。最低2セット反復して。お風呂後は、腹巻きでお腹を冷やさないのも大切。また、吸収力が増すのでお菓坊主は厳禁です」
 













1 消化を救うための1分間マッサージ。
みぞおちからおへそまで上から下へと、両手のひら全体で圧をかける。イタキモチいいくらいの力で、タップするように行う。
 






2 お腹のくびれを作るそけい部リンパ流し。
親指を腰骨に置き、左右のくびれを両手で挟む。親指を前にスライドし、恥骨まで強めに圧をかける。最低1分間行う。
 














3 取っ手こぶしで脂肪を柔らかくする。
みぞおちから下、そして世間側に向かって両手取っ手こぶしをスライド。強さは、かなり痛いくらい。最低2~3分、行う。
 






4 さらに2~3分脂肪を揉みしだく!
手は取っ手こぶしのまま、みぞおちから恥骨の上まで、上から下へ圧をかける。かなり痛いくらいの強さでトリートメントする。
 











5 脂肪燃焼しやすいよう血管などに押し込む。
手のひらを重ね、みぞおちから場合計回りに円を描くように約2分間、圧をかける。脂肪を血管やリンパ管に流し込むように。

POINT
腹巻きでお腹をあった入れみましょう!






お腹マイナス3cm! くびれを作る呼吸法[??:内容2]

お腹マイナス3cm! くびれを作る呼吸法[??:内容3]

お腹マイナス3cm! くびれを作る呼吸法[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。