へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎症状 病気

涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎アウトライン

疾患名涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎
るいきのびょうき せんてんせいびるいかんへいそくしょうとしんせいじるいのうえん
発病頻度**
初診に適した科眼科
初期診察-急性期治していますに
適する医療機関
世間来診療所-小中規模病院
安定期-慢性期治していますに
適する医療機関
世間来診療所
入院の不可欠性世間来で可能
薬物治していますの規準原病に対しては、不要なことが多い
手手段の割合重症度や症状により不可欠
治しています期間の規準-予後

(予測される病気の推移や治していますに対する動作)

比較的短期(1~2カ月以内)に治癒できることが多い
診察-経緯観察に
不可欠な検査
その他

涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎概説
 涙器は涙を分泌する涙腺(るいせん)と、涙を鼻に排出する涙道(るいどう)の2つからなっています。涙道は涙点に始まり、涙小管、涙嚢(るいのう)、鼻涙(びるい)管を経て鼻腔(びくう)につながります。涙器の病気になると流涙(りゅうるい:なみだめ)を引き起こし、この原因は涙腺からの分泌過多による場合と涙道の通過障害による導涙性流涙に分けられます。ここでは導涙性流涙の原因となる涙道の病気のうち、先天性鼻涙管閉塞症と新生児涙嚢炎について説明します。 涙道の最も鼻腔よりに位置する鼻涙管は胎齢6~8カ月まではまだ鼻腔につながっていません。報告によって様々ですが、新生児の6~47%に鼻涙管閉塞がみられるといわれています。しかし、そのほとんどが生後自然に開口するので問題になることは少ないのですが、開口しないと流涙が起こり、涙嚢や鼻涙管の中が感染すると新生児涙嚢炎になります。
症状
 症状は生後間もなくからの流涙、眼脂です。下眼瞼(まぶた)から鼻根部にかけての涙嚢に相当する部分が腫れたり、ここを軽く圧迫すると涙点から粘液や膿が逆流します。重症になると、眼球の周囲にまで感染が広がり、眼窩(がんか)蜂窩織炎(ほうかしきえん)という危険な状態になることもあります。
診断
 上記の症状を確認した上で涙道通水試験を行います。これは点眼麻酔で行い、鼻涙管が閉塞していると、洗浄液や粘液、膿が涙点から逆流することで診断できます。※文中にあるオレンジ色の文字にカーソルを合わせてクリックすると、用語の説明が表示されます。

涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎標準治療
 生後間もなく受診された場合は、保存的な治療として涙嚢部のマッサージを1日5~6回行うことを説明します。これを6週間続けると約50%の新生児涙嚢炎は治ります。 これでも治らなかったり、受診時期が1歳に近づいているときは、積極的に鼻涙管を開放する治療を行います。これはブジーという治療用の針金を涙点から慎重に挿入し、涙道に沿って進めることで自然開口が得られなかった鼻涙管開口部を開放する治療です。開放直後に通水試験を行い、鼻腔を通じて咽頭に抜けた洗浄液(清潔な生理食塩水です)を飲み込む嚥下反射や少量の鼻出血を確認します。治療の時期が遅れると一度開放しても再閉鎖することがありますので、シリコンチューブを留置したり、鼻腔にバイパスをつくる治療もあります。※「標準治療」は診療活動をする専門医により行われている一般標準的な治療法の解説です。厚生労働省や学会で作成した「ガイドライン」そのものではありません。
※文中にあるオレンジ色の文字にカーソルを合わせてクリックすると、用語の説明が表示されます。

涙器の病気 先生まれ嗅覚涙管閉塞症と新生児涙嚢炎予後
 12カ月以内であれば90%が治る病気であり、治療の時期が遅くならなければほとんどの症例に良い成績が得られます。バイパスをつくる手術が必要になることは極めてまれです。-治療を受ける時期の注意 治療が遅れると自然治癒が得られにくく、1歳を過ぎてから局所麻酔でブジーの治療を行うことは難しいだけでなく、子どもに精神的外傷を残します。また、学童期まで引きずるといじめの対象になることもあり、子どもに負担をかけることになりますので、症状に気づいたら早めに眼科を受診しましょう。※文中にあるオレンジ色の文字にカーソルを合わせてクリックすると、用語の説明が表示されます。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。