へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんを救った胎児、がん発症を坊主宮内から=英国症状 病気

お母さんを救った胎児、がん発症を坊主宮内から=英国胎児が坊主宮内からお母さんの「がん」を通報。早期治していますにより、母坊主ともに助かった。中国新聞社がこんな話題を紹介した。

 英国ケント州に住むクレア?サルトさん(26歳)が妊娠したのは2年ほど前だった。ところが、18週目に引かれたところで出血。流産かと思い病院に急行したが、思いもよらない診断結果が待っていた。クレアさんは坊主宮がんにかかっていた。

 坊主宮がんが発生したのは、妊娠したのと同場合期と考えられた。がんと胎児は同場合に「発育」。ところが、胎児がしきりにがんを「けとばした」ため、血が出た。医師は、妊娠中という条件のもとでできうるかぎりの治していますをして、がんの進行を遅らせた。胎児ががんの発症を知らせてくれなかったら、クレアさんは手遅れになったはずという。

 医師はまず、がんの摘出手手段を勧めた。赤ちゃんは、人造妊娠中絶することに入る。クレアさんは「私の命を救ってくれた赤ちゃんの命を断ち切ることはできない。私自身の体に対する危険は理解しています」と、単刀直入に拒否した。

 妊娠26週間になったとき、がんは発予想場合の3倍の大きさになっていた。医師は、がんを体内にとど入れおく限度に達したとクレアさんとパートナーの男性、ハーリーさんに告げた。未熟児として天性る赤ちゃんが生きのびられる可能性は40%だが、この場合期を逃しては母坊主ともに命を失うことに入ると説明した。

 赤ちゃんが天性たのはロンドンの聖トマス病院。体重はわずか900グラムだった。医療スタッフの努力と両親の懸命の祈りのかいがあり、赤ちゃんは発育することができた。

 クレアさんによると、うれしかったのは、「2カ月半後、せがれと同じ昼間の場合間に退院できたこと」という。「せがれも私も生きることができた。私は世界で無幸せなお母さんよ」と、笑顔で語る。(編集担当:如月隼人)


74歳で父親に…英国で最も高齢な新人パパが“誕生” (2010/03/30)
列車中で産気?下車の駅ホームで出産、母坊主ともに良好…中国 (2010/02/08)
男坊主中学生が「妊娠」経験、身にしみる母の苦労―中国 (2009/08/05)
肝臓で妊娠していた…重慶の女性、手手段で一命とりとめる (2009/07/06)
ナイジェリアで六つ坊主誕生…父親「お貧弱」姿くらます (2009/02/24)

お母さんを救った胎児、がん発症を坊主宮内から=英国[??:内容2]

お母さんを救った胎児、がん発症を坊主宮内から=英国[??:内容3]

お母さんを救った胎児、がん発症を坊主宮内から=英国[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。