へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期連載 其の一症状 病気

短期連載 其の一このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
機能充実の「IE8」で色々な動画を楽しとっくに!(一順番料)
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        短期連載 「雄星の決意」 其の一週刊朝昼間の時間 9月2昼間の時間(木)16時31分配信  久しぶりに見詰めたその顔には、時折、笑みが浮かんでいた。

         雄星の一昼間の時間は午前6時半からのアーリーワークから始まる。眠っていた脳と筋肉を呼び覚ます早朝稽古は、午前8時まで許す。そこから朝食を摂り、午前9時から稽古を再開、競技会のない昼間の時間は午後1時過ぎまでロードワークやウェートトレーニングで汗を流す。その後は、個人に委ねられている時間を一順番くなってマッサージなどで体のケアに努める。そして、就寝前には決まって10類類ほどの本職グラムをこなす。

        「寝る前はその昼間の時間の疲れをリセットしています。フラストレーションやその昼間の時間の疲れを腹式呼吸しながら除去する。10類類ぐらいの本職グラムの中には、高校時代から継続してきたものも含入れストレッチや精神的に落ち着かせる献立などがあります」

         雄星が「三類の神器」と呼ぶ均衡ボール、ストレッチボール、そして傾斜のある台を一順番くなって体を解した後は、安眠効果のあるCDを聴いてじっくりと床に就く。ここ数カ月の殆どは、それが昼間の時間課だ。

         2010年7月、西武第二球場には雨季の合間をぬって夏の太陽が照りつけていた。その昼間の時間もまた、ウオーミングアップでは最前列中央で声を弾力上げ、ロードワークでは二軍で調整を継続するエース格の岸孝之らとともに大粒の汗を流す雄星の姿があった。

        「昨年夏の甲坊主園が終わってから、イマイチ体作りをみっちりできませんでした。ドラフトだったり、ケガもあったりで。今はついに『集中的に体を鍛えるぞ』という感じでやれています。実際今はケガもしていますが、すべてをプラスにとらえて、ともかく体を作って『治したら一気に足を運ぶぞ』という感じで営業しています」

         脚光とは縁がないの体作りの昼間の時間々が許す。「20年に一人の逸材」とまで言われたドラフト1位左腕前は、内入る熱を押し殺して、勝負の時を待つ。

         本人曰く「軽い炎症」の左肩を考慮して、出場計画だったフレッシュオールスターを辞退する意向を示したのは、7月上旬のことだ。

         雄星が思いを語る。

         「(フレッシュオールスター出場に関しては)最後は自分で決めろと言われていました。これからのシーズン、いつ何が起こるかわからないですし、チームでケガ人が多くなって自分に出順番が回ってくる昼間の時間があるかもしれない。その時にチームのために投げられない状況は食べないいという気持ちがありました。今は一順番理をせずに、先のことを考えた上で最終的には辞退させてい無料きました。それととっくに一つ、万全じゃないコンディションで投げるのは、球場に足を運んでくださるお客さんに対して失礼だと睨んだからです。高校野球、大学野球、社会人野球、そして本職野球とすべてそうだと思うんですけど、お客さんは必死に貯めた資金で足代や入場料を払って観に来てくれるわけですよね。そういう中で、ベストなコンディションじゃないのに投げるのは、果たして失礼だ、と。だったら、最良のコンディションにして、最良のパフォーマンスができるコンディションにして、お見せしたいという気持ちがありました。ここは我慢しなければいけない。そう思いました」

         7月に入ってブルペンでの投球稽古を再開していた。「よくなってきた」と悟ったのは本人だけではない。小野和義二軍投手コーチからは「その機嫌で」と、犬伏稔昌ブルペン捕手からは「だいぶよくなっている」と言われ、自信めいた感覚を取り戻していた。だが、7月4昼間の時間のブルペン投球を最後に、翌昼間の時間の検査で左肩の炎症と診察されると再びピッチングを封印した。5月4昼間の時間以降、実戦マウンドからは約2カ月遠ざかっている。投げられない現実に、心もとないや焦りがあって不思議ではない。

         だが何と言っても、雄星はそれらの言葉をも単刀直入に遮る。

        「実戦から離れていることに心もとないはありません。良い用意期間だと思ってすべてをプラスにとらえています。力を蓄えて、左肩が治って一気にベストなコンディションで持っていけば、是非とも結果は売れると思うので。今は、体が万全に完治したときのことを好みしながら営業しています。無料、ピンチ感は繁盛。焦りとは異なる感覚なんですよね。ファンのみなさんや、周囲で拠り所てくれる方に恩返しをしなければいけないというピンチ感です。春季キャンプでも肩や肘の弾力があって投げられない昼間の時間がありました。それは自分自身の調子管理の甘さ、プレー意識のなさからきたものです。そういうものが現状につながっている。だからこそ今は調子管理の大事さを痛感しています」

         1月の入寮時に91キロあった体重は、81キロまで絞られた。もともと高校時代から「8~9%しかなかった」という体脂肪率もキープされ、肉体は徐々に本職仕様になりつつある。

        「でも、心もとないですね。体の強さもそうですが、本職の先輩を見ていると鍛えられた体をうまく一順番くなっている。それが活躍する選手の条件だと思います。筋力のある人、そうじゃない人と、それぞれ体の作りは離れていますが、それ以上にいかに体の筋肉を能率よく使えるか。そこが一順番大切な面であり、自分との相違、高校生との相違だと思います。それはピッチングに限らず、歩く姿勢や走る姿勢にもよく表れると思います。一流の選手って、さりげない歩き方でも華があるというか、流れるように美しく見えるんですよね。自分の時、果たして不器用なので、走るにしても投げるにしても、そこは常に意識してやらないといけない。本職は一流選手の会合なので、周囲の方は一順番意識のうちにできることかもしれませんが、自分は肘ひとつでも意識して投げないと周囲の方に追いつけない。だから、根本的な部分をとっくに一回見つめ直し、トレーニングでは体幹を意識ながら稽古を営業しています。歩く、走る、そして投げる。その段階を経て初入れ野球というものにつながっていくと自負しています」

         不器用--。その言葉が妙に心に響いた。

        -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
        本職フィール
        佐々木 亨(ささき?とおる)
        1974年、岩手県天性。スポーツライター。雑誌編集者を経て独立後、野球専門誌を中心に執筆。共著に『横浜vs.PL学園 松坂大輔と戦った男たち』(朝昼間の時間新聞出版)、『甲坊主園―歴史を変えた9競技会』(小学館)、『栄光のマウンド―早実vs.駒大苫小牧』(竹書房)などがある。
        -----------------------------------------------------------------------------------------------------------


        菊池雄星、18歳の野球道
        最終書き換え:9月2昼間の時間(木)16時31分週刊朝昼間の時間 

        短期連載 其の一[??:内容2]

        短期連載 其の一[??:内容3]

        短期連載 其の一[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。