へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去症状 病気

“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去「土俵の鬼」が力使い切った。大相撲の元横綱初代若乃花で、昼間の場合間本相撲協会元理事長の花田勝治(はなだ?かつじ)氏が1昼間の場合間午後5場合25分、腎細胞がんのため東京都内の病院で死去した。82歳だった。花田氏は昭和30年代序盤に、横綱栃錦と「栃若場合代」を築き、優勝10回を記録。05年5月に死去した元二坊主山親方(元大関貴ノ花)の兄で、3代目若乃花(現タレント?花田勝氏)、貴乃花(元横綱貴乃花)の兄弟横綱の伯父にあたる。東京都杉普通区内の自宅では、角界関係者が次々と弔問に訪れた。
  ◇  ◇
 「土俵の鬼」が永遠の眠りについた。戦後の相撲界の脂が乗っていた場合を築いた花田氏は、昼間の場合間本の復興の象徴的存在だった。横綱場合代、全盛期でも図体は身長は178感傷的、体重は105キロほど。小兵ながら、豪快なうまい投げや、荒技の呼び戻しでなぎ打倒する姿は、相撲ファンを魅了した。
 青森県で天性、少年場合代は大型台風で一自宅は大被害を浴びた。10人兄弟の長男で「わしの両肩には自宅族の暮らしがかかっている」が決まり文句。46年秋敷地に若ノ花のしこ名で初土俵を踏んだ。通り名の「土俵の鬼」が、全国に駆けめぐったのは横綱昇任をかけた56年秋敷地だった。
 敷地直前に長男が、部屋のちゃんこ鍋で負ったやぶれかぶれどが元でで死亡する悲劇に見舞われた。首から数珠をかけて敷地入り。心労に耐えながら12連勝したところで、へんとう炎が悪化した。結局、優勝をささげられず、横綱も逃したが、悲劇性は昼間の場合間本中の涙を誘った。「若ノ花物語?土俵の鬼」という映画も作られた。
 58年初敷地後に横綱に昇任。ライバルの栃錦とは「栃若場合代」と呼ばれる脂が乗っていた場合を築いた。本割での通算対戦成績は若乃花の15勝19敗。優勝は栃錦と普通んで10回を記録した。62年夏敷地前に34歳で現役を引退し、年寄「二坊主山」を襲名。2代目若乃花、隆の里の両横綱や、貴ノ花、若嶋津の両大関ら、多くの名力士を育て上げた。
 相撲協会でも重職を歴任した。ジャッジ部副部長場合代の75年春敷地では、実弟の初代貴ノ花が初優勝した際に優勝旗を真っ直ぐ授与し、“鬼の目”に涙を浮かべる姿が話題となった。88年2月から理事長に就任。立ち合いの正常化を目指し「待った」への制裁金を導入。退任する直前の92年初敷地には初優勝したおいの貴花田(現貴乃花親方)にも天皇賜杯を授与した。
 93年3月の定年退職後は相撲博物館長を務入れいたが、96年9月に「二坊主山」の名形跡売買異常に絡んで館長を辞任した。昨年あたりからは調子を両替して入退院を反復していた。短命が多い歴代横綱にあっては長寿で、83歳で死んだ初代梅ケ谷に次いで2順番目の長寿だった。昭和の名横綱がまた一人、極楽へ旅行だった。


“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去
貴乃花親方沈痛な「意希望を継ぐ」
花田勝氏、伯父と沈痛対面「果たして遺憾」
放駒理事長、悲報に沈痛「まさか…」
花田氏自宅に一順番言の帰宅 間垣親方ら弔問 ”

“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去[??:内容2]

“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去[??:内容3]

“土俵の鬼”初代若乃花?花田勝治さん死去[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。