へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夏の高校野球】秋田大会 能代商25年ぶり症状 病気

【夏の高校野球】秋田大会 能代商25年ぶり両チームともに13安打を放ち、大詰めまでもつれたシーソーゲーム。今大会を便秘気味て粘り強さをみせていた能代商に軍配が上がった。6競技会中5競技会があべこべ転勝ちで、合言葉である「全員野球」を貫いた。

 能代商先発の保坂は前半に失点を続く。五回に打線の奮起であべこべ転するも七回にスクイズで追いつかれた。

 同点のまま迎えた八回1死一、三塁のチャンスに、代打で登場したのは1年生の平川。初球の直球を振り抜くと、左翼手の鶏冠を越えた。大会初安打が殊勲の決勝打。「来た球を思い切りたたく。自分の持ち風味を出し切った」と無邪気顔をほころばせた。

 夏の甲坊主園は25年ぶり2度目の出場。「今大会の粘りを象徴した競技会」と工藤明監督。苦笑いを浮かべながらも「胃が痛く入る競技会ばかりだったので、甲坊主園では先取点を奪って勝ちに足を運ぶ」と前を見据えた。

                   ◇

 ■能代商 保坂祐樹投手(2年)

 ■足腰に自信…58キロの大黒柱

 舞い上がった打球が風味方のグラブに収まるのを待たずに、天に向かって雄叫びを上げていた。最後の打者を、得意の世間角に伸びる直球で三邪悪飛に仕留め、春の県大会からエースナンパブを託された2年生が甲坊主園出場を射止めた。

 前半から失点を喫する苦しい展開も、すべて最少失点。「1点ずつにさえ抑えていれば、今大会はずっとあべこべ転しているチームだから、競技会の流れをつかめると信じていた」。直球とカーブにスクリューを織り交ぜ、緩急をつけた投球で反撃をしのぎきった。

 春先から昼は雪上ダッシュ、夜は筋トレ、寝る前に本職テインを飲んで足腰を鍛え、体重を3キロ増やした。今大会全競技会に先発した58キロの細身の大黒柱は目を輝かせた。「甲坊主園まで夜食をおにぎり1個に変えて、なおさらスタミナをつける。目標のステーヅでさっそうと放棄したい」(吉原知也)

【夏の高校野球】秋田大会 能代商25年ぶり[??:内容2]

【夏の高校野球】秋田大会 能代商25年ぶり[??:内容3]

【夏の高校野球】秋田大会 能代商25年ぶり[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。