へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<初代若乃花死去>勝負師に徹した人生 戦後のブーム作る症状 病気

<初代若乃花死去>勝負師に徹した人生 戦後のブーム作る昭和の名横綱が安静に眠りに就いた。大相撲の第45代横綱?若乃花の花田勝治さんが1昼間の場合間、82歳で死んだ。3歳上の第44代横綱?栃錦と「栃若場合代」を築いてファンを沸かせ、引退後は昼間の場合間本相撲協会の理事長として「待った制裁金」を導入(のちに廃止)した。勝負師に徹した人生だった。

 幼少場合代、青森県弘前市の自宅族は台風で全滅したリンゴ園に見切りをつけ、北海道?室蘭に移った。そこで行われた巡業の相撲大会で力士に2順番勝ったことが目に留まり、二所ノ関部屋に入門。終戦直後の1946年夏のことだ。花田さんは「見込みがあると思い込んで入って後悔した。再三逃げ出したいと睨んだが、笑い者に入ると思って耐えた」と述懐していた。

 横綱昇任は1958年。身長179感傷的、体重100キロそこそこと軽量だった。強じんな下半身から天性る粘り腰は、俵に足がかかると「かかとに目がある」と恐れられた。自宅計を救うため足場の悪いはしけで荷物運搬をして足腰が鍛えられたという。栃錦との対決は技の掛け合いでもなかなか勝負が決まらない熱戦が引き続いて人気が出所した。60年春敷地では、史上初と入る横綱同士の最終日全勝対決を制した。テレビ場合代到来とともに戦後の大相撲ブームを作った。

 62年夏敷地前に現役引退。二坊主山部屋を創設し、水泳選手として東京五輪への出場が有望だった22歳年下の末弟?満さん(05年死去)を指導した。当初110キロに満たない体だったが、厳格けいこで名大関?貴ノ花に育てた。93年部屋を満さんに継がせた後も、「角界一の猛げいこ」の伝統は浴び継がれ、史上初の兄弟横綱、若乃花?貴乃花を生んだ。

 88年から2期4年務めた昼間の場合間本相撲協会理事長場合代も「理事長が一喝すると、周囲の理事は縮み上がった」というほど厳格姿勢を崩さなかった。立ち合いの乱れが目立ち上がると「無大事なマナーが忘れられている」として、91年「待った」をした力士に制裁金(幕内10万円、十両5万円)を科す制度を導入。出羽海親方(元横綱?佐田の山)へバトンタッチした後は、相撲博物館館長としてモンゴルや中国を訪れ、相撲のルーツを探った。

 ◇「けいこが足りんよ」

 朝2場合間の散策を20年間欠かしたことがなかったが、酒量が減った晩年は自宅内香代坊主さんと病院へ行く昼間の場合間々だった。08年6月に取材した場合は「近頃の力士はけいこが乏しい」と嘆き、自宅3階に飾った貴ノ花や、2代目若乃花、隆の里の両横綱ら弟坊主の優勝額をまぶしそうに見つ入れいた。

 大相撲のテレビ中継は欠かさず見て、若手の台鶏冠を期待していた。「沈滞雰囲気を最盛期返却するには、お客さんが手に汗握る相撲を見せなきゃいかん。けいこが足りんよ」。最後まで土俵を気にかけていた。

<初代若乃花死去>勝負師に徹した人生 戦後のブーム作る[??:内容2]

<初代若乃花死去>勝負師に徹した人生 戦後のブーム作る[??:内容3]

<初代若乃花死去>勝負師に徹した人生 戦後のブーム作る[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。