へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間本におけるスローな伝統医療「お灸」が今、見直されています。症状 病気

昼間の時間本におけるスローな伝統医療「お灸」が今、見直されています。
手軽なのにとっても気持ちいい!
昼間の場合間本のスローな伝統医療が見直されています




1年でいちばん冷えが重大化しやすいのが、実は夏。冷えによって調子不良を起こしている人も多いかも?そんな中、見直されているのがお灸。冷えなどの慢性症状を慰めてくれる強い風味方なのです!








夏の冷えを癒す“お灸”の知識に注目!


薄着や、冷房、室内世間の温度差、冷たいもののとりすぎなどによって、夏は冷えが進みやすい季節。夏冷えは、疲れやだるさ、肌ごたごたなどさまざまな不調にもつながるというから要用心。

「東洋医学では、体に気?血?水の3つが流れていると考えます。“気”は生命のエネルギー。“血”は、血液とほぼ同じで、全身の栄養と入るもの。“水”は体を巡る体液の総称。この3つの均衡が正常なら一場合的に冷えても大丈連れ合い。でも3つのどこかにごたごたがあると慢性的な冷え症になり、さまざまな不調が売れるのです。この良くによいのがお灸。お灸にはさまざまな効果がありますが、特に冷え良くが得意領域。私の鍼灸院でも、症状に合発言させて鍼とお灸を使い分けますが、冷えがひどい人にはお灸を多用します。継続すると冷え体質が良くされていくことが多いんですよ」












 夏冷えが進む主な元で





●冷房 ●室内世間の温度差 ●冷たいものをとるチャンスが増える ●水気をとるチャンスが増える












>>夏バテを癒すお灸とは?


手軽なのにとっても気持ちいい!
昼間の場合間本のスローな伝統医療が見直されています




お灸には血行促進&免疫力UPの馬力が!

ひどくなってしまった冷えの良くに、取り込んでみたいものがお灸。
近頃の探求ではお灸の効果のメカニズムも解明されつつある。





00お灸とは





“もぐさ”を燃やしてツボを刺激する温熱療法
お灸は、よもぎの葉の裏についている白い毛=絨毛を集入れ乾燥させ精製した“もぐさ”をツボに置いて火をつけ、体を温入れ行う療法。
「お灸は約3000年前に中国で発祥し、昼間の場合間本には約1200年前に伝来したとされます。昼間の場合間本のほうがお灸の手立てや類類は多く、寒湿な気候風土と手先の器用さが、お灸文化を発展させたといえます」





00お灸の類類





もぐさを肌にのせる真っ直ぐ灸と程よい温熱の間接灸が
お灸は、大きく分けると、真っ直ぐ灸と間接灸に分かれる。「お灸は基本的にツボにすえて行います。肌にじかにすえる手立てを真っ直ぐ灸といい、肌の上でお灸を焼き切る透熱灸や、熱感を痛感したらお灸を除去する知熱灸などがあります。間接灸には、しょうがなどの上にもぐさをのせて温める隔物灸、台座がついた台座灸、棒状のもぐさで温める棒灸などの類類があります」






真っ直ぐ灸
真っ直ぐ灸には透熱灸や知熱灸などがある。透熱灸は、米粒大のもぐさを肌にのせ、線香で火をつけて焼き切るので、肌に形跡が残る。熟練した技が不可欠なので素人には五月蝿い。知熱灸は、もぐさを肌にのせて火をつけ、熱感を痛感したら除去する。肌に形跡を残しにくい。
間接灸
しょうがやにんにくの薄切りの上にもぐさをのせて温める隔物灸や、台座のある台座灸、筒状でもぐさの下にスぺースがある筒状灸、棒状のもぐさを肌に近づけて温める棒灸などがある。肌に形跡を残しにくく適 度に温かいので初心者にも◎。











>>そんな、お灸の効果とは…


手軽なのにとっても気持ちいい!
昼間の場合間本のスローな伝統医療が見直されています






00お灸の効果








天然治癒力を高入れ、不調を元でから良く!
では、お灸が効く仕組みとは?
「もぐさには、チネオールやカフェタンニンなどといった成分が含まれています。肌の上でもぐさに火をつけると、熱刺激によってその成分が肌に浸透。すると皮膚のたんぱく質の変性が促され、それを治そうと、体内でインターフェロンやサイトカインといった化学物質が放出されます。これによって白血球が増えて免疫力が活性化します。また、血管が拡張して血流も増加。ノルアドレナリンや、アドレナリンなども放出され、自律神経やホルモンが調整されます。脳内で、代謝を提起するカルニチンという物質が増え、代謝もアップ。カフェタンニンの浸透によって炎症も抑えられます。このように多くの作用のあるお灸を、症状に合ったツボにすえることで、天然治癒力が高まり、冷えなど慢性的な不調が良くするのです」

つまり、もぐさの成分と温熱刺激、ツボのトリプル作用で不調を根本元でから良くできる療法なのだ。






お灸は、上記のような仕組みで効果を発揮。無料、これは3000年も前から伝わるお灸の効果を、近頃になって科学的に調べたもの。実際の効果は複雑難解で、上で紹介した以世間の効果もあるとも考えられている。







お灸について教えてくださった方
柳本真弓さん/やなもと まゆみ
目白鍼灸院院長。同希望社大学文学部卒。スペイン コンプルテンセ大学留学。東京衛生学園卒。鍼灸?按摩マッサージ国自宅資格取得。鍼灸師。医療リンパドレナージセラピスト。






SALON
お灸を試すなら、まず本職にゆだねるのも手。お灸は鍼灸院で浴びることができ、柳本さんの鍼灸院でも症状に合発言させて鍼?灸を使い分け。目白鍼灸院 TEL:03-5996-8302 
鍼灸治しています 約50分¥7,000






昼間の時間本におけるスローな伝統医療「お灸」が今、見直されています。[??:内容2]

昼間の時間本におけるスローな伝統医療「お灸」が今、見直されています。[??:内容3]

昼間の時間本におけるスローな伝統医療「お灸」が今、見直されています。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。