へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマの森林で両生類30類が絶滅症状 病気

パナマの森林で両生類30類が絶滅このページの先鶏冠ですこのページの本文へ

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
Yahoo!ニュースログイン
IDでなおさら便利に[ 新規取得 ]Yahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社
        ここから本文です

        パナマの森林で両生類30類が絶滅ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 7月21昼間の場合間(水)19場合59分配信 “甚大な”疫病の流行によって、パナマの両生類30類の地域個体群が絶滅したという新しい探求が公表された。そのうち5類は、まだ新類として公式に認定されていないという。

         絶滅の元でとなったのは、1980年代後半から中南米やオーストラリアでも両生類の激減を引き起こしている致死性のツボカビである。ツボカビは両生類の皮膚に感染し、感染すると皮膚がはがれ、こん睡コンディションに陥り、体重が減ちょっぴり、最終的には死に至る。

         差し迫るツボカビの侵入に備え、1998年から2004年にかけてエルコペの森林地域に生息するカエルとサンショウウオの複数の類から遺伝坊主情報の採集が行われた。

         探求チームを率いたコロンビアの首都ボゴタにあるロスアンデス大学の進化生物学者アンドリュー?クロフォード氏によると、ツボカビの感染がエルコペ全域に拡大したのは2004年で、森にはカエルの死体が散乱していたという。ツボカビについてはまだ不明な点が多く、感染の進行があまりに速いため、探求者はその破壊の推移をほとんど追形跡できないでいる。

         しかし今回エルコペの探求チームは、遺伝坊主データベースを活用してツボカビの流行前と後のデータを比較し、ツボカビへの感染により絶滅した類を正確に特定することに成功した。その中にはわずかではあるが、まだ類として認定されていない未確認類もあった。

        「新しい類が発見されると同場合に絶滅した類も特定されている。この2つの相答えられない動向はある場合点でどこかで重なるはずだ」とクロフォード氏は語る。

         ツボカビがエルコペを襲う前、クロフォード氏の探求チームは4平方キロの森林地帯に生息する63類のカエルとサンショウウオからDNA見本を採取していた。そして、既に類として特定されている両生類を集めた大規模な遺伝坊主データベースにその情報を加えた。

         探求チームは、類が確認されていない標本を既存の遺伝系統と照合する手立てで、ツボカビの感染が爆発的に拡大する前の森で採取した標本の中から未確認類を11類発見した。

         感染拡大後に行われた2006~08年の調査で、63類のうち25類が森から消えたことが判明した。そのうち5類は、先に見つかった未確認の11類の一部だった。

         今回の探求によれば、個体数が前回の調査から85~99%減ちょっぴりていた類が9類あったという。これらの類が地球上から絶滅したわけではないが、クロフォード氏によれば、打撃を浴びていない地域に生息する同類の両生類がエルコペに移り住むという「期待はあまり持てない」という。これまでにコスタリカなどで実施された実験によれば、ツボカビの波が襲った後にカエルの個体数が回復することはない。

         クロフォード氏によると、カエルが森にいないと生態系全体に影響が及ぶ割合があるという。まず、オタマジャクシが河川環境界に欠かせない存在なのだ。オタマジャクシは川床に生えるコケや藻を食べることで、食物連鎖の上位にいる動物が不可欠とするタンパク質などの栄養素を取り入れているからである。

         クロフォード氏の指摘によれば、ツボカビの感染が拡大した元では不明だが、人や物資の相互の結びつきを強めたグローバリゼーションが鍵を握っている割合がある。

         一般的に、爆発的感染拡大は、新しい病原体が生態系全体を破壊させることもあるという“警告”のようなものである。ツボカビの感染力はたいそう強力であるため、たとえば遺伝坊主的にはネズミとクジラほども離れた遠縁のカエルの類間でも感染して絶滅させることができるとクロフォード氏は語る。

        「このような病原体が哺乳類を襲わないでもらいたいものだ。しかしこれは、将来の姿を示すほんの一例かもしれない」とクロフォード氏は語った。

         今回の探求は、2010年7月20昼間の場合間発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌に掲載された。

        Christine Dell Amore for National Geographic News


        両生類の絶滅、温暖化が主因ではない?
        サンショウウオの急減は温暖化が元でか
        超希少類:グリーンアイドフロッグ
        熱帯雨林の新類:グラスフロッグ
        南米の新類:サンショウウオ
        最終書き換え:7月21昼間の場合間(水)19場合59分ナショナルジオグラフィック 公式昼間の場合間本語サイト 

        パナマの森林で両生類30類が絶滅[??:内容2]

        パナマの森林で両生類30類が絶滅[??:内容3]

        パナマの森林で両生類30類が絶滅[??:内容4]


        スポンサーサイト

        テーマ : 医療・病気・治療
        ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。