へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ解消に効くのはヨガのこのポーズから。心身ともに健やかなライフスタイルをてにいれましょう。症状 病気

夏バテ解消に効くのはヨガのこのポーズから。心身ともに健やかなライフスタイルをてにいれましょう。
夏バテ解消 ニーマルYOGA


ニーマル先生の「毎昼間の場合間アーユルヴェーダ!」
夏バテ気風味のあなた、その不調の元では内臓のオーパブヒートです。
熱を逃して均衡をとりましょう!





Q:夏バテはどうして起こるの?

A:体内の温度が上がりエネルギーが不足するからです
世間気の影響を受け体温が上がると、内臓の温度も上昇します。すると、内臓がオーパブヒートしてしまい体内のエネルギーが消耗してしまうんです。しかし、オーパブヒートする内臓はひとつとは限りません。複数の内臓が同場合にオーパブヒートを起こせば、エネルギー不足に陥るのは当たり前ですよね。そのエネルギー不足のコンディションが、「夏バテ」を招くのです。燃費のいい内臓を維持するためには、内臓をリラックスさせ熱を逃がし、オーパブヒートした体温を下げること。これが夏バテ解消への抜け道です。





Q:いい汗と悪い汗ってあるの?

A:ヨガで売れる汗はいい汗です
暑いときにかく汗は体が天然に温度調整した結果、出所した汗ですから悪いことはありません。しかし、ごはんを食べ無料けで汗をかいたり、サウナなどの人造的な高温によって発汗するのは、老廃物どころか水気と一緒に体が不可欠とする成分までもが一緒に出てしまうので、体が乾燥し疲れやすくなってしまいます。その点、ヨガでかく汗は、体温調整のために体が天然にかいたものなので上質。化粧水のように肌になじませてみてくかっこ悪い。





Q:共通のポーズは?

A:シャバアサナです。









これは今回紹介する各コースの終了場合に行うもので、筋肉、内臓、分泌系、すべてを休ませるポーズです。まずあお向けになり、腕前は体の中心線から45度、脚は30度広げ、体の力を抜きます。すっかり脱力したら、目と口を閉じて嗅覚呼吸を。息を吐くときは、体を床に置き去る好みをもってくかっこ悪い。無料し、寝入ってはいけません。各コースの最後は、できるだけこの場合間を長くとることをオススメします。シャバアサナ後に起き上がると、驚くほど体が軽いのを実感できるはず。





Q:夏にヨガをやるときの用心点は?


A:是非とも窓を開けて換気してくかっこ悪い
冷房をガンガンにきかせた部屋で窓を閉め切って行うのはダメ。今回のコースにはいくつもの呼吸法が出てきますが、大事なのは入るべくキレイな大気の層を吸うこと。閉め切った部屋の淀んだ大気の層を吸うなんて、もってのほかです。行う場合間帯も、できれば昼間の場合間の出前。難しくても、早朝、食前。食後は、3場合間以上たって消化がひと段落してから。ヨガ後の食事は最低30分はおいてくかっこ悪い。











Nirmal Raj Gyawali ニーマル?ラージ?ギャワリ
アーユルヴェーダ医師?天然療法医。2003年来昼間の場合間。昼間の場合間本でのヨガ?アーユルヴェーダに対する理解?振興のために活動中。自身のヨガ?アシュラム?ジャパンにて、心身ともに健やかなライフスタイルを提案している。8月17昼間の場合間に特別ヨガクラスを昼間の場合間光にて開催計画。
特別ヨガクラス公式ウェブサイト
ニーマル公式ウェブサイト
ニーマル公式ブログサイト









>>まずは食べ物レッスンから


夏バテ解消 ニーマルYOGA
毎昼間の場合間の暮らしで取りめてたい!アーユルヴェーダ式夏バテ対策


今回紹介したコースには、呼吸法が4つ含まれていますが、これは、体内にこもった熱を世間に出すいちばん効果的な手立てだから。体内をクールダウンさせ、内臓の機能をしっかりと休めましょう。食暮らしや着るものも、入るべく旬なもの、天然なものをまめに取りめててくかっこ悪い。もちろん、冷房よりも扇風機、ホットバスより水シャワー。これがアーユルヴェーダ式です。人間が便利に入る上で手にめてたものが、実は夏バテだけでなく、疲れやすい体作りを助長してる、なんてこともあるのですから。





1.Food:旬の野菜をとる!

夏は無料水をガブガブ飲むだけでなく、食事でも水気を補給することが大切です。キュウリやトマトに代表される夏野菜、スイカやマンゴーなど夏が旬のフルーツの多くは、水気を余計に含んでいますので、まめに食べましょう。無料、キュウリに塩はつけないこと。塩をつけることで成分がアルカリ性から酸性に変化してしまうからです。






トマト
ビタミンC以世間にもガン予防に 効果があるといわれるリコピンを 多く含む。夏野菜の代表格。
スイカ
果肉は水気が90%以上。 ほかに疲労回復や利尿作用のある カリウムも含まれる。





マンゴー
インドからインドシナ半島が原産とされる。 ビタミンAやβカロチンが豊富に含まれている
ブルーベリー
網膜にいいとされる アントシアニンを多く含む。 夏バテにはベリー種全般オススメ。






アスパラガス
ビタミンA、B1、B2、C、Eと ビタミン種が豊富。利尿作用も。


オクラ
ビタミンA、Cをはじめ、ミネラル、カリウム、カルシウムも含有。便秘などの整腸作用も。


キュウリ
90%以上が水気ですが、 カリウムを多く含み、 むくみ良くに効果的です。



















>>シャワーの効能


夏バテ解消 ニーマルYOGA
毎昼間の場合間の暮らしで取りめてたい!アーユルヴェーダ式夏バテ対策






2.Shower:毎昼間の場合間継続すると汗っかきが治る!









私は年がら年中水シャワーです。みなさんも夏こそぜひ水シャワーの病み付きを。お湯につかったり、熱いシャワーを受けるのは、体の温度調整がスムースにいかなく入るためオススメしません。もちろん始めはツライと思いますが、慣れてしまうと驚くほど体が夏に強く入るんです。









>>そして基本のポーズを1つ!


夏バテ解消 ニーマルYOGA
体の余計な熱を放熱!太陽礼拝のポーズ

全身を使い体全体の機能を整えます。0~12のひとつひとつのポーズを流れるように行ってくかっこ悪い。1回行ったら、2、3呼吸お休みしてから、次のサイクルをスタートポジションから始めます。











1.お祈りのポーズ息を吸いながら胸をふくらませ、息を吐きながら両手を合発言させて“ナマステ”ポーズ。

2.ハーフムーンのポーズ息を吸いながら体全体を背後に倒し、全身を伸ばします。

3.前屈のポーズ息を吐きながら前屈し、両手を両脚の世間側につきます。額をひざにくっつけて。









>>息を吐くことを意識しましょう


夏バテ解消 ニーマルYOGA
体の余計な熱を放熱!太陽礼拝のポーズ












4.座りハーフムーンのポーズ
息を吸いながら左脚を背後に引き、右脚をメロディーげて下半身を写真のように落とします。上半身は胸を反らして背後に倒れて。

5.山のポーズ
息を吐きながら写真の位置に両手をつき、背後足は両足をそろえます。ひざを伸ばし背中をたわませないこと。お尻はできるだけ高い位置に。

6.サスタンガのポーズ
山のポーズから息を止めたまま、ひざ、胸、あごを、床につけます。

7.コブラのポーズ
息を吸いながらひじが開かないように上半身を起こし、胸を反らします。このとき、眼差しは天井に。









>>よくのばして~


夏バテ解消 ニーマルYOGA
体の余計な熱を放熱!太陽礼拝のポーズ











8.山のポーズ
息を吐きながら、再び5と同様にひざを伸ばし、お尻を高く上げてキープ。

9.座りハーフムーンのポーズ
息を吸いながら両手の間に左脚を持参して、右脚の位置は山のポーズのままで腰を落とします。上半身は胸を反らして背後に倒れて。

10.前屈のポーズ
同様に息を吐きながら前屈し、両手を両脚の世間側に。額は入るべくひざにくっつけて。

12.お祈りのポーズ
“ナマステ”ポーズに戻り、息を吸います。じっくり吐きながらナマステポーズを解きリラックス。

夏バテ解消に効くのはヨガのこのポーズから。心身ともに健やかなライフスタイルをてにいれましょう。[??:内容2]

夏バテ解消に効くのはヨガのこのポーズから。心身ともに健やかなライフスタイルをてにいれましょう。[??:内容3]

夏バテ解消に効くのはヨガのこのポーズから。心身ともに健やかなライフスタイルをてにいれましょう。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。