へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。症状 病気

若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。
若い女性に急増中!
睡眠不足症候群を徹底解剖

 
昼間ぼんやり、仕事中に居眠り、電車で爆睡、……キレイに入るどころか、心も体も危篤。







「私は短時間睡眠で大丈連れ合い」と思っているあなた。昼間、眠気に襲われたり、休昼間の時間に“爆睡”したりしていませんか。イライラ?だるさ、鶏冠痛?動悸などがありませんか……? 短時間睡眠+こうした心身の不調が引き続いているのなら、それは「睡眠不足症候群」という病気かもしれません。女性はもともと、どの世代も男性より睡眠時間が短い、つまり「睡眠不足ぎみ」。忙しい世代はなおのこと要説教!「睡眠不足はもはや社会異常」として、厚生労働省が「睡眠指針」を公表する昨今です。侮れない「睡眠不足」を徹底解剖!





睡眠の悩みをもつ人はこんなに多い!











1. ウィークディは睡眠時間が6 時間に満たない人が半数! 休昼間の時間に“爆睡“傾向”アリ
20~40代のビジネスパーソンの睡眠状況を調査したところ、ウィークディの時、半数目と鼻の先の人が6時間に満たない睡眠と判明。一方、休昼間の時間は6 ~10時間眠る人が8割にも上る。


















2. 10人に4人が昼間でも「眠気」に襲われている
8割の人が、睡眠について悩みを抱えている。目立ち上がる訴えは「昼間、眠くてしかたない」。労働時間が長いほど、昼間に眠気に襲撃される人が多いよう。


















3. あと1時間あったら「睡眠」!
「1昼間の時間にあと1時間あったら何をしたいですか?」と働く女性に尋ねたところ、第1位はダントツで「睡眠」。この調査での女性の平均睡眠時間は「6時間」、世界の働く女性の中でもかなり短いほう。








1、2 出典:ANAクラウンプラザホテル 睡眠についてのビジネスパースン約1,000名インターネットアンケート ’08年4月
3 出典:ナガセビューティケァ 働く女性の「ワーク?ライフ?均衡」についての意識調査約600名インターネットアンケート ’08年1月



【美的10月号 P171~】




 

>>睡眠不足は「キレイ」を奪う!


若い女性に急増中!
睡眠不足症候群を徹底解剖

 
「24時間稼働暮らし」で睡眠はびりびり削減
「睡眠不足はもはや大衆病です!」と告白するのは、国立精神?神経センター精神保健探求所年寄り精神保健探求室長?白川修一郎先生。睡眠学探求の第一人者です。「心身の健康を維持する基本は食事?運動?睡眠の3つ。ところが、睡眠がすっぽり抜け落ちている人がほとんど」アメリカ及び昼間の時間本における大規模調査などでも、成人の打って付け睡眠時間は「7時間」であることが明らかになっています。「ところが、学生や社会人を対象に調査をすると、7時間どころか、6時間以下しか眠っていない人が半数を上回る時がほとんどです」

バックにあるのは、いわずと知れた「24時間社会」。テレビやインターネット、24時間営業店も普及し、昼間と同様の暮らしが夜遅くまで限りなく可能な時代。特に女性は仕事や勉強、自宅事、情緒風味など、やらねばならぬこと?やりたいことがいっぱい。「威勢、圧迫されるのが睡眠です。1昼間の時間3~4時間しか眠っていないなど、慢性的な睡眠不足に陥っている人が増えていると感じます」と、スリープクリニック銀座?副院長?渋井佳代先生も指摘します。「眠くてしかたがないし、大切な会議中についカクッとか、電車で寝坊したり、車の運転中に眠気で追突しそうになった、と告訴する女性も多い。現実異常として、支障が出ているわけですね」
 









睡眠不足は気持ちも人生も“ネガティブ”に!
もともと、睡眠は疲れた脳や体を休息させ、その間に不可欠な心身の補修を行い、翌昼間の時間の活動の力を用意する役割があります。「それは、脳や体を効果的に休息させる仕組み。自分にとって不可欠なだけの睡眠が確保できなければ、脳も体も活動レベルは低下、つまりもっているはずの才能も魅力も発揮できなくなります」肌あれ?ニキビ?化粧ノリが悪いなどはもちろん、毎昼間の時間イライラ、うつ傾向にもなりやすく、事故や、周りとごたごたを起こす危険も高くなります。

「要するに、睡眠不足では人生が楽しめなく入るのです」と白川先生。ちなみに、睡眠は5時間以下でも目覚めはスッキリ、昼間も眠くならない人は「ショートスリーパー」、逆に10時間以上眠らないと元気が出ない人は「ロングスリーパー」と呼ばれます。「でも実際はナポレオン普通みのショートスリーパーはほとんどいません。98%の人は7時間前後の睡眠が不可欠だとされています」





【美的10月号 P171~】




 

>>寝不足が招くキケンとは?


若い女性に急増中!
睡眠不足症候群を徹底解剖

 
睡眠不足はこんなにも恐ろしい。









睡眠不足は「肥満」を招くことが、探求で既に明らかに!コロムビア大学による疫学調査では、睡眠4時間以下の人は7~9時間の人に比べ73%肥満率が高く、睡眠5 時間でも50%高かったのです。また、別の調査では5時間睡眠だと食欲高進ホルモンの分泌はアップ、食欲抑制ホルモンは減少することが判明。慢性的な睡眠不足を招く「夜型暮らし」は、朝食抜き+運動不足→夕食ドカ食い→夜食という「食の悪循環」をもたらすことも、肥満要因のひとつだそう。思い当たること、ありませんか!?
 









眠り足りない昼間の時間、眠くて仕事や勉強に集中できなかったり、手落ちを連発したりしませんか? それもそのはず、適正睡眠7時間に2時間足りないときのあなたの「眠気」や「作業才能」は、血中アルコール濃度0.05%、つまり「ほろ酔い」と同じコンディションなのです! 滅相もない失敗をしないよう、ご説教!
 









睡眠時間が極端に短い女性は「便秘」に入る率が高いこともわかっています。実は便は夜中に作られ、「出したい」という腸の反射も朝、最も強く起こります。就寝が遅い人や不規則な暮らしの人は、このリズムも乱れがち。景品に朝食を抜くので、腸の蠕ぜん動どう反射も促せません。昼間は胃腸の反射力が鈍く、なかなか出ない……これが便秘の悪循環です。
 









「眠り足りない」「眠れない」といった睡眠の質の悪化は職業暮らしにも大影響。かったるいし余力もダウン、朝起きられないから遅刻や欠勤も増えるのです。気分も調子も低空飛行だし、集中力?説教力が低下しているので仕事の効率は劣悪、手落ちを繰り返却することも。イライラして怒りっぽくなり、対人関係も悪化します。恋人とけんかしたり、肌のおがさめてはもちろん清掃しているや料理もロクにできなく入るなど、プライベートへの影響も莫大!
 









睡眠不足や睡眠の質の悪化は免疫力を下げるので、風邪悪をひきやすく入るだけでなく花粉症やアトピー性皮膚炎の発症危険を増大させます。心臓?血液にも悪影響があり、高血圧のほか、心臓発作や脳梗塞などの誘因に。糖尿病に入る率も高く入るし、睡眠が「6時間未満?8時間以上」の人は、7時間睡眠の人に比べてうつ傾向も高くなります。居眠り運転や作業中の眠気で、大きな事故を起こす人も、少なくありません。
 





【美的10月号 P171~】




 

>>次は3つのケーススタディで睡眠良く策を提案します


若い女性に急増中!
睡眠不足症候群を徹底解剖

 
睡眠不足脱出への道!
通勤&仕事、ライフスタイル…3つのケーススタディから調べる睡眠良く策1昼間の時間は24時間、仕事や暮らし、さまざまなことに追われていると、おのずと睡眠にしわ寄せが行き、心身ともにフラストレーションいっぱいに。まずは睡眠を確保する暮らしに切り替えて!

暮らし病み付きのほかフラストレーションも大影響
そもそも、睡眠ごたごたに陥る元ではなんなのでしょう?「ぺッドル一厶環境界などが眠りを妨げることもありますが、最も見逃せない元では暮らし病み付きとフラストレーション。特にフラストレーションは、すべての睡眠妨げに関係します」不規則勤務や毎昼間の時間の残業は、それ自体がフラストレーション。加えて女性は自宅事の労力も多く、自宅族より早起きして遅く寝て……という時がほとんど。「眠れない、熟睡感がないなど、眠りの質の異変はフラストレーションサインと受け止めたほうがいいですね」そして、受診するなら「睡眠の専門医」です。

というのも、睡眠の病気は類類が多くて元でも複雑、専門医でないと解明しにくいケースが多いから。クリニックなら「睡眠」「スリープ」といった名称が、ひとつの規準。「専門医は、まず詳細な問診や不可欠な検査を行い、睡眠を妨げている元でを病人さんとともに探します。そして、良くへ向けた暮らしの工連れ合いを助言します。これだけで治っていく方も余計にいます」人造的な光を体に当てて生体リズムを良くするなど、専門医ならではの治しています法もあります。「また、睡眠妨げは睡眠薬も大切な柱。睡眠薬は怖いと思う人もいますが、専門医のもとで適切に使えば、副作用も依存性もほとんどありません。悩みがウソのように軽く入ることもあります」
 










Point1
今昼間の時間からまず「30分」、早く寝る
いつも床につくのが午前1時なら、今昼間の時間から「30分」早く、0時30分に寝ましょう。寝る前のネットもNG。まず1週間トライして、それが「病み付き」になったら、また「とっくに30分早く」にトライ!
 






Point2
昼間はタイマーをかけて15分だけ仮眠
昼間の早い時間や昼休み、15分だけ仮眠します。横に入るのは爆睡を誘うので、イスで眠るのがコツです。目覚まし時計ではなくタイマーを使用するとグッド。
 







Point3
朝、早めにしっかり光を受ける
昼間に眠く入る時は、まず朝しっかり明るい光を受け、朝食を食べて活動態勢に入りましょう。バスや自転車を徒歩に替え、明るい光の中を歩くと、体内時計も整いやすくなります。
 






Point4
寝る前の軽い運動やお風呂で「体温」を調節
ぬるめのお湯で体が温まると、その後、皮膚からの熱放出が促されます。深部体温が下がり深い眠りに入りやすく入る効果があるのです。夕暮れあるいはお風呂後の軽い運動も入眠を誘います。
 







Point5
パソコンやメールなど入眠を妨げる病み付きは改める
就寝前のメールチェックやネットサーフィン、ゲームは脳を興奮させます。ディスプレイの明るさも視覚を刺激し、メラトニンの分泌を抑えてしまいます。眠りを妨げる病み付きはス第一面!
 






Point6
休昼間の時間も朝寝坊は1~2時間にとどめる
休昼間の時間、いつもより2時間以上遅く起きると、体内時計のズレを調節するのが難しくなります。休昼間の時間もウィークディと同じ時刻に起き、朝食をとり、体を動かして。よい眠りが訪れて疲れも取れます。
 






【美的10月号 P171~】

若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。[??:内容2]

若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。[??:内容3]

若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。