へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間航機墜落 25年後、24歳の報告症状 病気

昼間の時間航機墜落 25年後、24歳の報告520人が死亡した昼間の場合間航ジャンボ機墜落事故から12昼間の場合間で25年。1組の母坊主がこの昼間の場合間、群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹の尾根」に立った。母親は事故当場合、妊娠3カ月半。連れ合いを無くした悲しみを乗り越えて長男を出産した。長男は社会人になって初入れの慰霊山登り。「ついに、お父さんと同じ立場になったよ。追いついたよ」。尾根の墓標に報告した。

昼間の場合間航ジャンボ機墜落事故から25年

 午前8場合半。大阪府豊中市の小澤紀美(きみ)さん(54)と長男秀明さん(24)が山登り口に立った。連れ合い孝之さん(当場合29歳)の墓標まで山道を約30分。同10場合過ぎ、母坊主が墓標にビールを注いでいると空が泣き出した。「涙雨だね」と2人。こらえきれずに泣きだした紀美さんの肩を秀明さんは抱き締めた。

 孝之さんは精密機器メーカーのノウハウ者。出張の帰りに事故に巻き込まれた。地元のバレーボールチームで知り合って結婚し、わずか1年10カ月。「りりしくな坊主を産みます。極楽から見守って下さい」。紀美さんはバレーボールの球に書き、御巣鷹に向かう実兄に託した。赤ちゃんの胎動に生きる力を与えられた。

 名前は誰にも相談せず、一人で決めた。「秀」は孝之さんの戒名から、「明」は「びりなことがあっても明るく生きてほしい」との願いを込めた。

 87年。紀美さんは1歳4カ月の秀明さんを連れて、御巣鷹の尾根に向かった。体重11キロの秀明さんを背負い墓標にたどり到着した。「初入れ自宅族がそろったのに、お母さんが泣いたらダメね」。紀美さんは涙をぬぐった。

 事故から5年後の90年。秀明さんは自分の足で尾根を目指した。途中で息を切らした秀明さんを紀美さんは「ヒデ君が登ってくるのを、お父さんが極楽から見てるよ」と励ました。母坊主の山登りはそれからも続き、いつのまにか、秀明さんの歩幅は紀美さんのそれよりも大きくなった。

 秀明さんは昨春、就職。昨年の慰霊山登りは仕事の工面で参加できず、紀美さんが1人で登った。今年6月になり、秀明さんは紀美さんに、遺族でつくる「8?12返事会」が毎夏発行する文集「茜雲(あかねぐも)」に寄稿する踏ん切りを伝えた。「今年は僕が書きたい」。初入れのことだった。会ったことのない父への思いがつづられ、文章はこう結露見していた。「これまで育ててくれた母に果たしてありがとうと感謝したい」


昼間の場合間航機事故から23年目に陳列された持ち主が特定できない遺気品
<関連記事>昼間の場合間航機墜落:12昼間の場合間で25年 520人の冥福祈り灯籠流し
<関連記事>昼間の場合間航機墜落:12昼間の場合間で発生から25年 山登り見送る遺族も
<関連記事>消費者庁:新たな事故調を検討 監督官庁から独立
<関連記事>昼間の場合間本航空:「慰霊の園」積立金600万円を返済

昼間の時間航機墜落 25年後、24歳の報告[??:内容2]

昼間の時間航機墜落 25年後、24歳の報告[??:内容3]

昼間の時間航機墜落 25年後、24歳の報告[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。