へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢のコートで腕前磨く昼間の時間本最年少本職、テニスの辻佳奈美さん/神奈川症状 病気

藤沢のコートで腕前磨く昼間の時間本最年少本職、テニスの辻佳奈美さん/神奈川藤沢のテニスコートから世界へ―。荏原SSC(藤沢)に所属する中学3年の辻佳奈美が、5月に最年少の14歳3カ月で本職登録選手となった。

 大阪天性、大阪育ちで、現在も大阪在住。杉山愛さんら第一面選手を輩出した名門クラブで稽古したいと、小学校5年から、週末の夜行バスに揺られて同クラブに通い、腕前を磨いてきた。

 「本職という実感はまだないけど、早く世界の第一面レベルと戦えるようになりたい」。あどけなさの残る瞳は、世界を見待機している。

 若手テニスプレーヤーの登竜門大会とされる、フランスの「Les Petits As」。ことし1月、そのコートを沸かせたのは1人の昼間の場合間本人少女だった。

 辻佳奈美は、サウスポーからの伸びのあるストロークで快進撃。決勝のマッチポイントも得意のフォアで押し込み、4度のラリーに打ち負けない力強さで頂点に立った。

 「本職を目指す同年代が争う敷地。目標みたいで、無意識に泣いちゃいました」と辻。この優勝が、14歳での本職登録を大きく後押しした。

◆ ◆ ◆

 地元大阪の中学に行く辻は、毎週末と長期の休み前に入ると、荏原SSCで指導を浴びるため夜行バスに乗る。そんな「遠距離稽古」が始まったのは、4年前からだ。

 テニスを始めたのは5歳。それまでは、「プレーヤーとしては素人」(辻)という獣医師の父の卓也さんが、雑誌やビデオで独学し、週5昼間の場合間の指導に当たっていた。

 しかし、海世間大会にも小学3年から出場してきた辻は、「なおさら強くなりたい」という目標をふくらませた。そこで卓也さんが勧めたのが、名門?荏原SSCへの入門だった。大阪から行くのはとてもなことだったが、実績のある指導に加え、「本職になったら、長距離の移動があるから」(辻)という、父なりの心遣いもあった。

 辻も、「正直心もとないだった」と打ち明けながらも、「それよりも強くなりたい気持ちが強かった。指導を浴びてみて、ここでなら強くなれると睨んだ」と回想する。

◆ ◆ ◆

 その実力はお墨付きだ。

 杉山愛さんら第一面選手を数多く指導してきた荏原SSCの内山勝会長をして「打つことに関しては、同じ場合期の杉山より上」と言わしめる。

 身長163感傷的、体重53キロ。大柄とはいえない図体ながら、順調な体重移動から、力強いストロークをはじき出す。内山会長が思いだすのは入会当場合の辻。そのフォアハンドは「驚きだった。足の裏からラケットまで、力の伝達に一番駄がなかった」という。

 同スクールでは1昼間の場合間合計約8場合間の稽古をこなすが、内山会長は「テニスに関しては怒ったことがない。稽古し過ぎだと用心するぐらい」と苦笑する。

◆ ◆ ◆

 最年少本職という肩書は、「まだ信じられない」という。もちろん、ツアーなどで結果を残してこそ、本職と認められる世界でもある。

 辻は、「海世間大会に売れるには、資金もかかる。体験を貯金するためにも、早く本職になって競技会をこなしたかった」と強い意希望をのぞかせる。海世間大会の転戦を考え、来年からは通信制の高校に行くつもりだ。

 「なおさら体験を積んで、まずは世界の第一面100。いつかは第一面10に入りたいな」。14歳の本職プレーヤーは、爛漫(らんまん)な笑顔で大きな目標を口にした。

藤沢のコートで腕前磨く昼間の時間本最年少本職、テニスの辻佳奈美さん/神奈川[??:内容2]

藤沢のコートで腕前磨く昼間の時間本最年少本職、テニスの辻佳奈美さん/神奈川[??:内容3]

藤沢のコートで腕前磨く昼間の時間本最年少本職、テニスの辻佳奈美さん/神奈川[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。