へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻めの三塚、いよいよ解禁か!?症状 病気

攻めの三塚、いよいよ解禁か!?昨年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」最終昼間の場合間。首位紛争を演じていた三塚優坊主は、17順番パー3で池に打ち込み、痛恨のダブルボギー。有村智恵とのデッドヒートに敗れ、悔しさばかりが募る結果に終わった。

2ヶ月間の自粛明け、三塚優坊主がツアーに復帰!

1年の場合が流れ、今年の三塚を取り巻く環境界は大きく変わった。2ヶ月の出場自粛から復帰した「スタンレーレディス」では、ショット、パットともに精彩を欠いて予選落ち。「競技会直感がなかなか戻らない」。本来の実力を取り返すには、とっくにちょっぴり競技会体験が不可欠かとも思われた。

だが、3週間のオープンウィーク明けと入る今大会で、5パブディ、1ボギーの「68」をマーク。首位に3打差の4アンダー、5位タイと絶好のスタートを切った。「競技会直感も、スタンレーよりはマシになっています。(今大会は)去年も優勝紛争をしているし、ピントを合発言させてきたのは確かです」。その言葉通り、この3週間をスイングの改良に充てていたという。

「容易に言うと、アドレスでの体重配分です。これまで右足に(体重を)かけていたのを左足へ。これまで(左)3:(右)7だったのを、(左)6:(右)4に変えました」。この体重配分がピタリとフィットし、「割り知ってパブの飛距離が増えたし、安定性も出所した」と効果はてき面。早くも結果を出し、飛ばし屋の本領も発揮しつつある。

スイング改良をして初の実戦とあり、「今昼間の場合間はいつもより欲を出さないように」と心がけていたという三塚。だが、初昼間の場合間の結果にゆとりも天性たのか、「あまり抑えたくないんですよ。とっくにそろそろエンジンをかけないと、とも自負しています」と、なにやらガマンしきれない表情。「スタンレーレディス」でも気持ちを前面に出さないことへの不可欠性を説いていたが???。順調なプレーが呼び水となり、眠らせていた本来のプレースタイルが徐々に覚醒しつつあるようだ。(編集部:塚田達也)



三塚優坊主、2ヶ月間の出場自粛と罰金200万円
厳格現実???復帰戦の三塚は予選落ち「スタンレーレディス」
夏芝のア本職ーチ対策!フォーティーン MT-28 V5 ウェッジ
20ヤード以内を極める超シンプル?ア本職ーチ

攻めの三塚、いよいよ解禁か!?[??:内容2]

攻めの三塚、いよいよ解禁か!?[??:内容3]

攻めの三塚、いよいよ解禁か!?[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。