へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“言い伝えの一夜”が今、甦る。映画『アルゼンチンタンゴ…』が公開症状 病気

“言い伝えの一夜”が今、甦る。映画『アルゼンチンタンゴ…』が公開1940~50年代に活躍したアルゼンチンタンゴの巨匠たちが一堂に会した言い伝えの音楽会の模様を記録したドキュメンタリー映画『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』が26昼間の場合間(土)から昼間の場合間本公開される前に、本作の本職デューサーで米アカデミー賞で作メロディー賞を受賞した音楽自宅でもあるグスタボ?サンタオラージャ氏がインタビューに応じた。

『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』場面写真ほか

映画は、アルゼンチンタンゴの脂が乗っていた場合を築いた音楽自宅たちが1枚のアルバムを収録するために会合、ミラノ?スカラ座、パリ?オペラ座と普通ぶ世界三大劇場のひとつであるブエノスアイレスのコロン劇場で言い伝えの音楽会を行う模様と、彼らの尊い声を収めたもの。

サンタオラージャ氏はまず「素晴らしい素質とタンゴという音楽の多様性、高齢者の尊さも伝えたいと思いました。映画を観終わった人に、タンゴやタンゴの音楽自宅たちについてなおさら知りたいという興風味を抱いてもらうことが、この映画の大切な点」といい、老いてもなお現役として活躍を継続する巨匠たちを題材にした作気品であることから「歳を重ねることがアーティストにもたらすものを観客に把握してもらえたら、この映画の責務を果たせたと言ってもいいでしょう」と語った。

また見どころのひとつとして今年2月にこの世を去ったバンドネオン奏者のガブリエル?クラウシ氏の演奏シーンを挙げ「彼は、昔ながらの奏法を継承した最後のバンドネオン奏者。彼は今昼間の場合間のバンドネオン奏者と相違、自らの体重を利用せずに彼自身の力で楽器を開閉させて音を出すことで、独自な音色を奏でます。彼の死をもって、この昔ながらの奏法は失われ、ひとつの場合代が終わったと言えるでしょう」とコメント。と同場合に「この映画にとって音楽は大切な要素ですが、異入る世代の表現がいかに刺激的で、今昼間の場合間においても“モダン”なものかを表現したかった」と振り返った。

『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』
6月26昼間の場合間(土)より、Bunkamuraル?シネマほか全国順次ロードショー



『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』ぴあ映画暮らし作気品紹介
『アルゼンチンタンゴ 言い伝えのマエストロたち』公式サイト

“言い伝えの一夜”が今、甦る。映画『アルゼンチンタンゴ…』が公開[??:内容2]

“言い伝えの一夜”が今、甦る。映画『アルゼンチンタンゴ…』が公開[??:内容3]

“言い伝えの一夜”が今、甦る。映画『アルゼンチンタンゴ…』が公開[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。