へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラジオNIKKEI賞】グローリーV狙う症状 病気

【ラジオNIKKEI賞】グローリーV狙う「ラジオNIKKEI賞?G3」(7月4昼間の時間、福島)
 デビューからわずか2カ月半で、トゥザグローリーはダービーへ出走。7着に敗れたが、“史上最良のメンパブ”とも言われるハイレベルな3歳牡馬のなか、質の高いパフォーマンスを発揮した。これこそが超良血のなせる業だろう。みちのく福島で狙うは、宿願の重賞初V。眼差しの先は、しっかりと秋をにらむ。
  ◇  ◇
 特別な眼差しが注がれるのは、超良血馬であるがゆえの宿命。父は04年の変則2冠馬キングカメハメハ、母は01年のエリザベス女王杯の覇者トゥザヴィクトリー。偉い両親のもとに天性たトゥザグローリーはそのプレッシャーを感じながら、目の前の壁をクリアして、春はダービー出走にこぎつけた。
 初陣は3月の阪神。皐月賞の出走権紛争が熱を帯びるころのデビューだった。それからわずか2カ月半で、18鶏冠のみに与えられるサラブレッドの頂上決戦に駒を進めた。結果は7着だが、まめなレース運びで存在感を示した。「3戦のキャリアで頑張ってくれました。ダービーが夢だったので忙しかったが、うまく権利をとることができたし、青葉賞(2着)で着差(4馬身)のあったペルーサ(同タイムの6着)に嗅覚差まで追いついた。立派になっている」と市川厩務員は手応えを感じ奪っている。
 秋に向けた戦いが始まる。「ようやくキ甲が抜け始めたばかり。まだボチャッとしていて、弾力のある筋肉ではない。調教でも集中力を欠くところは残っている」と競走馬としては心身ともに未落成な部分を残す。その一方で「ここにきて背が伸びてきた。今は520キロほどで馬体重は安定しているが、これからはまだ増えてくると思う」と着々と進化し継続する。
 さら入る試練を乗り越える。阪神、東京と広い馬場での戦いから、今回は小回りの福島がステーヅ。「跳びが大きく、きれいなので、そこをどうこなしてくれるか。これも体験だし、乗り方はあると思うよ」。器用さを兼ね備えるだけに、コース克服には前向きだ。割合は一番限大。重賞初Vで、栄光への道を突き進む。


? アーバニティ誇らしい態度
? グローリー絶対の主役

【ラジオNIKKEI賞】グローリーV狙う[??:内容2]

【ラジオNIKKEI賞】グローリーV狙う[??:内容3]

【ラジオNIKKEI賞】グローリーV狙う[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文

Author:診療 情報,医療秘書,医療辞書,医学図書館,医学論文
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。